プロサウナーになりました

おフログ:プロサウナーを目指します
(c) tanaka katsuki web kaerucafe inc. All rights reserved.

2016年にプロサウナーを目指していますとなりました。

プロサウナーというのは「サウナに週2~7回程度通って、サウナの普及活動に殉じている人間」です。
サウナに入ることで生計を立てている人ではありません。

これまでも温泉やサウナに良く行っていましたが、1~2週間に1度いくかどうかぐらいでした。
しかし最近では、週に最低でも1回、できれば2~3回はサウナに行くようにしています。

ボクがサウナに入ることで得られた一番大きい効果は「肩こりや筋肉痛の緩和」ですね。
パソコンを使うことが多いので、肩こりの緩和は本当に助かります。

また「肌の調子が良くなり、特に顔の肌がキレイになった」気がします。
マイナス5歳肌~。

ということで、最近は男性からも女性からも年齢を当てられたことがありません。
だいたい31~35歳ぐらいって言われます…。
実際はアラフォーですがwww

それと「睡眠の質が向上」しました。
かなりガッツリとサウナに入った日は、酷いときにはバタンキューと寝てしまいます。

まあ、入りすぎると翌日までグッタリしちゃいますけど。(ヽ´ω`)

しかし、サウナは基本的にダイエットにはなりませんね。
その証拠に、サウナに来ているオヤジはほとんどが太っている…という事実。

理由としては、サウナをあがった後のサウナ飯が美味しくて食べ過ぎちゃうという…。

これまではサウナに行っても、サウナ室でカラダを温めることが主体で、水風呂やその後の休憩を疎かにしていました。
しかし、この本を読んだところ考え方が変わりました。

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1)

“高温室で汗をかくことを「サウナ」と思っている人がいるが、それはただのサウナ室
なんのために水風呂があるのか気づいて欲しい
この椅子やベンチはなんのためにあるのか
この休憩スペースこそサウナの中心、ここが本番なのだ
ここでサウナーは宇宙へ旅立つのだ
休憩スペースが超大事なのー”

とのこと。
サウナでカラダを熱くすることよりも、水風呂と休憩のほうがメインディッシュという感じですね。

いままでは18~20℃ぐらいの水風呂でも苦手で、10秒ほどですぐに上がってしまっていましたが、今では15℃の水風呂でも3分くらいタップリと、カラダがジンジンとしびれるぐらいまで入浴しています。

水風呂に3分ぐらい入っていると「食欲・睡眠欲・排泄欲(性欲)」のような欲求が無くなっているに気づきます。
物欲や金銭欲、権力・名誉欲なども無くなります。
意識をそういう欲望に向けても、心が反応しません。(笑)

これは悟りの境地かもしれませんねwww

ボクの最近の標準的な入り方は、サウナ3セット。

温シャワー → ボディタオルで洗体&洗髪 → 温かい浴槽3分 → 水風呂30秒 → タオルで水分を拭う →
サウナ12分 → 温シャワー30秒 → 水風呂3分 → 小休憩12分 → タオルで水分を拭う →
サウナ12分 → 温シャワー30秒 → 水風呂3分 → 小休憩12分 → タオルで水分を拭う →
サウナ12分 → 温シャワー30秒 → 水風呂3分 → ボディタオルで洗体&洗髪 → タオルで水分を拭う → 大休憩
としてます。

詳細は「サウナに入るときのタイムスケジュールモデル」を参照ください。

こうすると、ジーンとしたカラダの痺れと共にディープリラックス状態がやってきます。
血液が体中を駆け巡り、脳に酸素が行き渡る。
やがて多幸感…サウナトランス…というのが訪れるのです。

おフログ:プロサウナーを目指します
おフログ:プロサウナーを目指します
おフログ:プロサウナーを目指します
(c) tanaka katsuki web kaerucafe inc. All rights reserved.

が、ボクはまだその領域には達していないですねぇ…。
色々サウナの入り方を研究して、ぜひ「ととのったー」と実感してみたいです。

文庫本のサ道もKindle版で読みましたが、なかなか面白かったです。

あと「サウナの教科書 大人のたしなみシリーズ(学研ムック)」、「小学館ムック saunner (サウナー)」も非常に参考になりますね。

これらの雑誌や参考サイトのデータを元に、日本全国版の厳選サウナの地図を作りました。

大きい地図はこちらから

ボクが行った主なサウナ施設は以下です。


北海道
・ニコーリフレ

東京
天空のアジト マルシンスパ ★★★★4.2
サウナセンター大泉 ★★★☆☆ 4.1
タイムズスパ・レスタ ★★★★4.0
小石川温泉 Spa LaQua ★★★★4.0
カプセルホテル&サウナ北欧 ★★★☆☆ 3.9
オアシスサウナ アスティル ★★★☆☆ 3.9
カプセル&サウナ ロスコ ★★★☆☆ 3.8
東京染井温泉 SAKURA ★★★☆☆ 3.8
前野原温泉「さやの湯処」 ★★★☆☆ 3.8
豊島園 庭の湯 ★★★☆☆ 3.7
・武蔵小山温泉 清水湯 ★★★☆☆ 3.6
南青山 清水湯 ★★★☆☆ 3.5
巣鴨 宮下湯 ★★★☆☆ 3.5
・蛇骨湯 ★★★☆☆ 3.4
・東京お台場 大江戸温泉物語 ★★★☆☆ 3.2

埼玉県
天然戸田温泉 彩香の湯 ★★★★4.3
杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ) ★★★★4.3
・さいたま清河寺温泉 ★★★★3.9

千葉県
・満天の湯 ★★★☆☆ 3.8
大江戸温泉物語 浦安万華郷 ★★★☆☆ 3.5

神奈川県
スカイスパYOKOHAMA ★★★★4.0
ヨコヤマ・ユーランド鶴見 ★★★☆☆ 3.9
・スパ リブール ヨコハマ ★★★☆☆ 3.8
・ユネッサン ★★★☆☆ 3.5

山梨
河口湖 ふじやま温泉 ★★★☆☆ 3.0

富山
金太郎温泉 カルナの館 ★★★★4.5
・天然温泉 海王 ★★★★4.2
天然温泉 湯来楽(ゆらら) 砺波店 ★★★★4.0
天然温泉 船橋・立山 湯めごこち ★★★☆☆ 3.7
ホテル風の森 立山 ★★★☆☆ 3.5
満天の湯 富山店 ★★★☆☆ 3.4
富山天然温泉ファボーレの湯 ★★★☆☆ 3.0

岐阜
平湯温泉 平湯の湯 ★★★★4.5

大阪
スパ&サウナ 大東洋 ★★★☆☆ 3.9

福岡
サウナ&カプセルホテル ウェルビー福岡店 ★★★★4.3


サウナに入る時間はとても楽しいですが「サウナから汗を流さずに、水風呂へドボン」は本当にやめて欲しいです。
俗に言う「汗流しカットマン」「直行野郎」って人たちですね。
サウナから出たらまずは汗を流すのはマナーというかルールです。

潜るのもあまり良い印象はありませんが、洗髪後にシャワーやかけ湯でちゃんとお湯や水をかけていれば迷惑にならない範囲で多少潜るのは良いかと思います。
ただし「潜水はご遠慮ください」と書いてある施設では潜水NGですね。

あとはサウナの中でタオルを絞ったり、汗を撒き散らしたりするのもダメですね。

というわけで、たまに時間があったら、サウナに入って心身ともにビシっと整えたいですね。
週一度ぐらいのサウナは、心身の健康のため、美容のためにオススメですよ!(^^)

おフログ ~ 富山 ホテル風の森立山(旧:グランドサンピア立山)

おフログ ~ 富山 ホテル風の森立山(旧:グランドサンピア立山)

立山山麓スキー場近くにある「ホテル風の森立山(旧:グランドサンピア立山)」は、富山市内(市街地)からちょっと距離のある穴場的な温泉。
中心市街地からだとクルマで40分程度。
富山地方鉄道立山線終点「立山駅」下車、車で7分。
電話をすれば駅まで送迎もしてくれるみたい。

建物はホテルっぽくけど、真新しい感じではない。
とはいえ、古くて汚いっていうわけでは無いので誤解なきよう。

温泉は源泉(浴槽に流れているのは源泉)+循環式で、富山市内などでは珍しいアルカリ性単純硫黄泉。
ちゃんとした源泉かけ流しとはいえないなぁ。

お湯が気持ちヌルヌルする感じ。

休日の夕方に行ったけど、人は少なめ。
少なくとも子供はいなかった。

お湯は全体的にぬるめで、38度~41度ぐらい。
特に露天風呂はぬるめなのだが、泉質も滑らかで、山間部の温泉の静寂さも伴って、実にマッタリした時間が楽しめる。

お風呂自体は、温泉旅館というよりはSPAのような白で統一されたおしゃれな感じ。
箱蒸し風呂もあって、数は少ないものの様々な浴槽が楽しめる。

サウナも入れて700円とわりとリーズナル。
少しおとなしめに、ゆったりとしたいときにオススメの温泉です。


ホテル風の森立山(旧:グランドサンピア立山)
点数:★★★☆☆ 3.5
泉質:4、サービス:3、雰囲気:4、エンタテインメント:3、衛生面:4、CP:4
営業時間:10:30~17:00(16:00 受付終了)
定休日:年中無休
入浴料:700円(大人)、500円(子供)
割引:次回割引クーポン券など
TEL:076-481-1126
住所: 富山県富山市原3-6
最寄り駅:富山地方鉄道立山線終点「立山駅」下車、車で7分。
タオル:フェイルタオル200円、バスタオル500円
温泉=◯
源泉かけ流し=×
露天風呂=◯
サウナ=◯
スチームサウナ=△(箱蒸し風呂)
ジェットバス=◯
寝湯=◯
備え付けボディソープ=◯
備え付けシャンプー=◯
岩盤浴=×
アカスリ=×
マッサージ=×
休憩所=×
リラックスルーム(仮眠シート)=×
お食事処=◯

日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

※2017年5月21日更新 イオンシネマ京都桂川の情報を修正しました。
※2017年3月26日更新 IMAXシアターの「TOHOシネマズららぽーと横浜」「TOHOシネマズ なんば」を12.1chサラウンドに修正しました。
※2017年3月16日更新 DOLBY ATMOS一覧に「名古屋 ミッドランドスクエアシネマ」を追加しました。
※2016年12月11日更新 IMAX一覧に「ららぽーと横浜」と「TOHOシネマズなんば」を追加しました。

最高の映画は、最高のシアターで観たいもの。
最高の映画体験ができるシアターのひとつに「IMAX」(アイマックス)という高画質・高音質を追求したシステムがあります。

また「DOLBY」(ドルビー)というキーワードも、映画好きなら誰もが一度は聞いたことがありますよね?

ここではIMAX(アイマックス)とDOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)について調べてみました。
また日本全国にある対応シアターについても紹介してみようと思います。
※専門的にではなく、なるべく誰にでもわかりやすい表現と記載にしています。

続きを読む 日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

ミラーレスカメラをゲットしました。 Part 2

ミラーレスカメラをゲットしました。 Part 2

今年の1月に「ミラーレスカメラをゲットしました。」というBlogを書いたとおり、Panasonic LUMIX DMC-GX1(以下、GX1)というミラーレス一眼カメラを使い始めました。

旅行に、普段使いにと、ちょっとずつ使い始め、少しずつ一眼カメラに慣れてきました。

で、今回あらたに「Panasonic LUMIX DMC-GX7」(以下、GX7)というミラーレス一眼カメラを買いました。
というか、プレゼントで貰いました。(^^)

GX7もそう新しいカメラではありませんが、かなりレベルの高いミラーレス一眼カメラであります。
以前から購入意向があったので、もらって嬉しかったです。

カメラの腕には全く自信が無いので、そんな最新式の一眼カメラで無くてもOKで、多少古くて型落ちでもあまり気になりません。

GX7がGX1からバージョンアップした部分は
・本体内手ぶれ補正
・ISO 12800→25600
・EVF(ElectronicViewFinder/電子ビューファインダー)が内蔵に
・EVFが約144万ドット→約276万ドットに
・液晶モニターが約46万ドット→約104万ドットに
・感圧方式タッチパネルが静電容量方式タッチパネルに(スマートフォンのような操作感)
・液晶モニターがチルト式に
・マニュアルモードにピーキング機能がついた
・1080/60pに対応
・本体にWi-Fi機能が内蔵化(ファイル転送はもちろん、リモート撮影/コントロールなどができるようになった)
・ボディがアルミニウム→マグネシウムに

このように色々バージョンアップしていて、ちょっとだけサイズは大きく、少し重くなりましたが、内容は大きく変わりました。
4K動画や4Kフォトは撮れませんが、それ以外だと今のところ特に不満は見つかっていません。

撮影サンプルは以下のとおり。
ミラーレスカメラをゲットしました。 Part 2

ミラーレスカメラをゲットしました。 Part 2
Copyright ©2017Impress Corporation. All rights reserved.
DMC-GX7 / LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. / 4,592×3,448 / ISO200 / F5.6 / 40秒 / 20mm(40mm相当)

で、カメラをバージョンアップしたのですが、レンズはこれまでのGX1で使っていた14-42mmズームレンズ(35mm換算 28-84mm) H-FS1442Aを付けてみました。

うーん、悪くは無いんですが…ちょっと…ね。

ということで、せっかくなのでレンズを1本買うことにしました。

候補は

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA


Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060

14-140mm(35mm換算 28-280mm)

12-60mm(35mm換算 24-120mm)
になるので、広角を取るか、望遠を取るかって感じの選択肢ですが、今回は望遠のほうが汎用性があると思い、14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KAを選択しました。

12-60mmも気になるのですが、広角系は単焦点の明るいレンズとかを買ったほうがいいかもしれません。
もしくは、同じ12-60mmでもLeicaの明るいレンズが良いな…。高いけど。

とりあえず、いまは14-140mmの光学10倍ズームを常用レンズにして、しばらくはこれ1本をつけっぱなしで使おうと思います。

ちょっとカメラ本体よりもレンズが大きく感じますが、カメラはレンズが命ってことで、レンズがある程度主張しているのは良いことだと思います。
わりとカッコいい。

あと買ったものは

HAKUBA カメラ ラップ M 桜紺という小さな風呂敷のようなカメララップ。
伸縮性のあるゴムがついていて、レンズがついたカメラをまるごとラップしてカバンに入れたり、首からかけたりできます。
可愛いし、結構便利。

あとは保護用レンズフィルター。

Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 58mm レンズ保護用 725801

まだまだ使いこなせていませんが、まずは慣れるためにも頻繁に持ち歩いてバシバシ撮影したいと思います。
1080/60pの動画も撮れるので、ちょっと動画編集もしてみたいですね。

新機種での4K動画、4K/6Kフォトなども気にはなりますが、まずはGX7でカメラの基礎と基本を学習したいと思います。

まあ、とにかく楽しんで写真を撮ることですね。

ちなみに、撮影した写真は、GX7からWi-FiでiPad Pro 12.9に取り込んで、そこからGooglePhotoAmazonプライムフォトに転送しています。

GooglePhotoはボクは1TB分の容量が使えるので劣化無しでクラウドにアップしていますが、普通の人だとJPEGを多少劣化させるか、もしくはお金を払ってオリジナルファイルをアップロードするかのいずれかです。
まあ、GooglePhotoの場合は、多少劣化はしますが、無制限の無料版を使った方が良いように思います。

Amazonプライムフォトはプライム会員であれば、JPEGのオリジナルファイル、RAWデータも容量無制限、期限無制限で、劣化無くアップできます。

まあ、難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際の操作は、GX7で撮った写真をiPadにWi-Fiで転送するだけ。

GoogleとAmazonへのバックアップは自動なので面倒なことはありません。
SDカードに入っているデータはPCにも入れますので、クラウドを含めて5箇所ぐらいにバックアップを取っている感じです。

このようにカメラを楽しむというよりは、写真を撮ることを楽しめるようにいろいろ勉強していきたいと思います。
そういえば、1月に一脚も買ったのですが、まだ一度も使っていません。

とりあえず、レンズ沼にハマらないように気をつけたいと思います。

サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

これまでサウナに入る場合、スーパー銭湯や日帰り温泉などによく行っていました。
いわゆる「スパ銭」は入場時間制限はなく、営業時間内であれば時間無制限に温泉やサウナ、飲食店などの利用が可能なお店がほとんどです。

プロサウナーになってサウナに頻繁に行くようになってからは、サウナ専門施設に行くことが多くなりました。
ところがサウナ専門施設はだいたいは利用時間が決まっています。

例えば、
サウナセンター大泉(東京/鶯谷) 平日限定入浴3時間 1,200円 (~1時まで)
北欧(東京/上野) クイックサウナ 3時間 1,000円 (10~23時チェックイン)
オアシスサウナ アスティル(東京/新橋) ハッピーアワー 5時間コース 1,598円 (17~21時チェックイン)
オアシスサウナ アスティル(東京/新橋) リフレッシュ2時間コース 2,138円
・サウナリゾートオリエンタル(東京/赤坂) 3時間 2,000円
マルシンスパ(東京/笹塚) 3時間 2,000円
大東洋(大阪/梅田) 1時間コース 1,100円
サウナ&カプセルホテル ウェルビー福岡店(福岡/博多) 2時間サウナ 1,670円
・ニコーリフレ(北海道/札幌) 3時間 850円
などですね。

だらだらとサウナや温泉を利用するのであれば、その時間内に適当に過ごせば良いですが、限られた時間の中で最大限サウナを楽しむためには、ある程度タイムスケジュールを考えておいた方がいいですね。

もっとも体調に合わせてサウナに入ればいいので「時間が絶対」というわけではありませんが、時間を把握しておくことで、ある程度の目安とペースがつかめてくるようになります。

ボクがサウナ利用時の目安としているタイムスケジュールを作ってみました。

180分(3時間)コース
サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

180分(3時間)コースではかなりユックリと過ごせます。

まずは浴室に入ったら、洗体、洗髪をして体や頭の汚れを落とします。
これはエチケット意味合いもありますが、最初に体を洗っておくことで、毛穴の汚れが取れて発汗が良くなります。

そして、洗体/洗髪が終わったら、普通の湯船で3分程度体を温めます。
事前にお湯で温めることで発汗を促進させます。
次は、水通しといって、20~30秒程度、水風呂に入って体を引き締めます。

それが終わったら、体を良く拭いてサウナ室に入ります。
必ず体をちゃんと拭いて水分をぬぐうことが大切です。
これにはサウナ室を水浸しにしないマナー的な側面もありますが、皮膚に水分がついていると気化熱で体の熱が奪われ、体が温まりにくいのです。

ボクはサウナにはだいたい12分入ります。
サウナ室内には12分計が付いていることが多いですが、できれば腕時計をつけると便利です。
サウナー向けの腕時計 チープカシオ F-108WHC-1AJF 〜 Amazonで買ったイイモノ

腕時計などをしていると時間が気になるという方もいらっしゃいますが、時計をしていないと、入ってから何分経過したかを記憶に頼ることになるので面倒です。
それならば、ちゃんと腕時計のストップウォッチで時間を計測したほうが、時間に対するストレスが無くなります。

サウナから出たら、温かいシャワーを頭から浴びて、汗を洗い流します。
水で汗を流す方もいらっしゃいますが、シャワーで洗い流したほうが、綺麗に汗が落ちると思います。

汗を流さない、汗流しカットをするヤツは…タバコのポイ捨てと同等ぐらいにダメです。
水風呂に汗を流してから入るのは、マナーというよりはルールですよ。ヽ(`Д´)ノプンプン

水風呂は、ちゃんと頭の汗などを流しているのであれば潜ってもいい施設もあります。
この辺は施設のレギュレーションに従いましょう。

水風呂には肩まで、できれば、顎ぐらいまでちゃんと入ります。

水風呂に入る時間は、サウナ5に対して、水風呂1ぐらいの時間配分が良いとされています。
なので、サウナに12分入ると、水風呂は2分24秒ぐらいでしょうか。
まあ、ボクは3~5分ぐらい入っていますが。

水風呂からあがったら、休憩です。
この配分はサウナ5:水風呂1:休憩5が理想なので、12分休みます。

深呼吸して、ゆっくりと休んで、水分補給も忘れずにします。
ここまでが1セット。
180分あれば、これが5セットはできます。

4セットにして休憩を長めに取ることもありますし、3セットにして館内で食事をすることもあります。

120分(2時間)コース
サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

120分(2時間)コースは基本は180分コースと同じですが、回数は3セットがベターですね。
4セットはギリギリで厳しいです。
3セット+軽い食事もできると思います。

90分(1時間半)コース
サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

90分(1時間半)コースでは、できれば2セットでやめておいたほうがいいです。
3セットもできなくは無いですが、かなり退出時間がギリギリになって慌ただしくなります。
こちらだと館内の食事などは無理でしょうね。

こちらに上記の表のExcelを置いておきますので、各自でダウンロードしてピッタリな時間配分を考えてみてください。
サウナに入るときのタイムスケジュールモデル

これらのサウナのセッションが終わったら、再度、洗体と洗髪をして体の汚れを落とします。
2度目の洗体と洗髪することで、肌や皮膚の汚れが綺麗に落ちると思います。

これを週に1~3回と定期的にサウナに行くようになると、かなり肌が綺麗になって、風邪を引きにくくなるのが実感できると思います。
まあ、ダイエット効果はあまり感じられませんが…ね。

あー、またサウナ行きたくなってきた。
サウナの習慣は心身の健康と美容のためにもオススメです。(^^)

24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

24時間営業のジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

東京を始めとした首都圏や大都市を中心に増えてきた24時間営業のフィットネスジム。

ちょっと前から気になっていましたが、体重増えてきて絶賛記録更新中なので、意を決して入会することにしました。

社会人になってから本格的にジムに行くのは初めてです。
24時間営業のジムは一般的なジムと比較して以下のような特徴があります。

  • 24時間365日 年中無休営業
  • マシンジム特化型
  • 低価格
  • 高セキュリティ
  • 駅近の好立地
  • 土足OK
  • 他の店舗も利用可能
  •  
    メリット

  • 24時間365日 年中無休営業
    普通のジムと違って、いつでも使えます。
    夜遅くてもいつでも運動ができますね。

  • マシンジム特化型
    トレーニングをするのに必要最低限なマシンと有酸素運動、ウエイトトレーニングができます。
    プールやスタジオなどはありません。

  • 低価格
    地域差などはありますが、だいたい月額6,000~7,000円ほどです。
    これを高いと思うかもしれませんが、普通のジムは9,000~14,000円ぐらいするので、相対的には安いです。
    オプションなどもありません。
    (月額7,000円を節約するには…スマートフォンを格安SIMに変えよう!笑)

  • 高セキュリティ
    女性が深夜に使う場合は、セキュリティが気になるかもしれませんね。
    24時間ジムでは、専用のキーを使わないと入店できず、カメラでの監視もバッチリ。
    万一のときには警備会社への通報すぐにできます。
    まあ、その辺の道端や公園より全然安全ですね。

  • 駅近の好立地
    だいたいの24時間営業ジムは、駅に隣接した好立地にあります。

  • 土足OK
    だいたいの24時間ジムは土足OKなので、ランニングしてきてそのままマシントレーニングをして、そのまま帰ってもOKです。
    わざわざ室内用の運動靴に履き替えたりしなくてもいいのは楽ですね。

  • 他の店舗も利用可能
    普通のジムだと原則的にいつも行っている店舗を使わないといけませんが、24時間営業ジムだと、好きな場所にあるジムに行けます。
    なので、旅行や出張先に同じジムを見つければ、そこを利用できます。
    特にエニタイムフィットネスは日本だけではなく、アメリカが本場ですので、海外でも使えますね。

    エニタイムフィットネス マップ

    デメリット

  • 深夜早朝などには店員がいない
    従業員がいないので、なにか聞きたいことがあったり、トラブルが発生した場合はちょっと困ります。
    まあ、怪我などのトラブルのときは、遠慮なく警備会社などを呼んだほうがいいですね。

  • セキュリティー
    高セキュリティとは言うものの、マナー違反の人やトラブルが発生した場合はちょっと困りますね。
    いまのところボクが行っているジムはヤバそうな人や悪い雰囲気はありません。
    皆さんマシンの使い方も丁寧です。

  • お風呂やサウナが無くシャワーしかない
    浴室はシャワーだけです。ボディソープもなにもありません。
    ましてや浴槽やサウナもありません。
    (個人的にはサウナは専門の素敵なサウナにいろいろ入りに行くので、ジムのしょぼいサウナに入らなくてもいいです。笑)

    まあ、月額のロッカーを借りて小さなシャワーセットを入れておけば便利に使うことができますね。
    あと、どこの店舗でも、どこのシャワーでも使えるので、夏場の営業周りをしていたときに、サクっと汗を流しにいくっていうのもいいかも。

    24時間ジムで代表的なのは

  • エニタイムフィットネス
  • ジョイフィット ジム24
  • FASTGYM24
  • メガロス24
    ぐらいです。

    で、ボクは最もポピュラーで店舗数も多いエニタイムフィットネスにしました。

    で、ボクが行っている店舗の設備は…
    ウエイトトレーニングマシン×9台
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    ランニングマシン×8
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    クロストレーナー×2
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    エクササイズ・バイク×2
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    エアロバイク×2
    フリーウエイトスペース
    フリースペース 6畳くらい
    シャワールーム×2
    更衣室×2
    月額ロッカー
    トイレ×2
    自販機×1
    テーブル×2
    椅子×4

    必要最低限の設備ですが、綺麗で清潔感もあってフットネスをするには十分な施設です。

    社会人になってから始めてのジム…と言いましたが、高校生の頃はかなりトレーニングをしていました。
    月曜、水曜、金曜の週3でやってましたね。

    …そして四半世紀程度の時間が流れましたが、週3のトレーニングを復活させました!

    まずは10分の有酸素運動、例えばランニング、もしくはエアロバイクなどを使います。
    それから軽くストレッチ

    そして、

  • シーテッド・レッグカール
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • レッグ・エクステンション
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • プルダウン
  • ショルダー・プレス
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • シーテッド・レッグプレス
  • ロー/ディア・デルトイド
  • アブドミナル
    をそれぞれ10回×2セット
    あとは腹筋と背筋、アブホイール(腹筋ローラー)
    気が向いたら、ベンチプレス…

    それからまた20分の有酸素運動とストレッチですね。
    これを週3回、月水金やります。

    ほとんど高校生のときのメニューとほどんど変わりませんが、いまのところ続いています。
    もっとも負荷は全然低くなってますけどね。

    そうそう、エニタイムフィットネスのランニングマシンやエアロバイクにはモニターがついていて、テレビやインターネット、Youtubeなども見ることができます。
    なかなかハイテクな感じですね。
    Bluetoothで接続もできます。

    ということで、いまは体重を公開するのも阻まれるぐらいですが、できれば夏ぐらいまでには昔のようにパックリと割れた腹筋を復活させたいですね!
    24時間ジムはオススメです。(^^)

  • コーラの砂糖の量、トクホと機能性表示食品の違いなどを調べてみた

    最近トクホなどの健康志向のお茶やソフトドリンクが各社から発売されていますが、2017年3月にはコカ・コーラからもトクホに対応した「コカ・コーラ プラス」が発売されましたね。

    「コカ・コーラ プラス」は、日本市場に向けた新製品で、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする関与成分(特定の保健の目的に資する栄養成分)の難消化性デキストリン(食物繊維)を配合した特定保健用食品だそうです。

    「コカ・コーラ プラス」を食事と一緒に飲むことで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、飲食後の血中中性脂肪の上昇を約7%ほど抑制するそうです。

    現代の日本の飲料の売上では、ペットボトルのお茶などの売上も多いそうで、世界のコカ・コーラ販売数から比較すると日本のコカ・コーラの販売比率が低いそうです。
    コーラは、砂糖が多いとか、カロリーが高いとか、歯が解けるとか、いろいろ言われていますし、こういうトクホのコーラのような健康志向コーラも発売されるのもやむなしなご時世なんでしょうね。

    普通のコーラとダイエット系コーラ、そしてトクホ系コーラの比較をすると以下のようになります。

    プロダクト コカ・コーラ
    コカ・コーラZERO
    コカ・コーラ ゼロカフェイン
    コカ・コーラ プラス
    エネルギー 45Kcal 0Kcal 0Kcal 0Kcal
    砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 11.3g 0g 0g 0g
    タンパク質 0g 0g 0g 0g
    脂質 0g 0g 0g 0g
    炭水化物 11.3g 0g 0g 5.2g
    糖質       0g
    食物繊維       5.2g
    糖類   0g 0g 0g
    食塩相当量 0g 0.01g 0.01g 0.08g
    難消化性デキストリン       5g
    カフェイン     0mg 45mg
    エネルギー 500ml 225Kcal 0Kcal 0Kcal 0Kcal
    砂糖 500ml 56.5g 0g 0g 0g

    コカ・コーラからだけでなく、ペプシからもトクホのコーラが出ていますね。

    プロダクト ペプシコーラ
    ペプシストロング5.0GV
    ペプシ リフレッシュショット
    ペプシスペシャル
    エネルギー 48Kcal 46Kcal 57Kcal 0Kcal
    砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 11.9g 11.5g 13.9g 0g
    タンパク質 0g 0g 0g 0g
    脂質 0g 0g 0g 0g
    炭水化物 11.9g 11.5g 13.9g 0g
    ナトリウム 0mg 3mg 3mg 13-46mg
    糖質       0g
    食物繊維       5.4g
    糖類     0g 0g
    食塩相当量 0g 0g 0.01g 0.08g
    難消化性デキストリン       5g
    カフェイン 10mg 19mg 19mg 25mg
    カリウム 1mg 10mg 10mg 20mg
    リン 20mg 20mg 20mg 90mg
    エネルギー 500ml 240Kcal 230Kcal 285Kcal 0Kcal
    砂糖 500ml 59.5g 57.5g 69.5g 0g

    こうやって表にしてみると、各製品でちょっとずつチューニングされているのがわかります。
    そして、やっぱり、普通のコーラのカロリーや砂糖の量が多いのもちょっと気になります。

    ところで、2017年3月には、日本コカ・コーラから機能性表示食品「カナダ ドライ ジンジャーエール プラス」も発売されています。
    これの面白いところが、トクホでは無く「機能性表示食品」というところ。

    保健機能食品の特徴比較

    保健機能食品の分類 表示の対象食品 国の審査 届出/承認 その他特徴
    特定保健用食品(トクホ) 健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、表示が許可された食品
    効果や安全性の審査が必須

    消費者庁長官が許可
    トクホだけが表示できるマークがある
    栄養機能食品 ビタミン、ミネラルなど指定の栄養成分を基準量含む食品 × × 国が定めた表現で表示
    機能性表示食品 生鮮食品を含む全ての食品(一部対象除外あり) ×
    企業が科学的根拠を提出する届出制
    企業の責任で機能性を表示

    トクホと機能性表示食品の違いはこんな感じですが…トクホのコカ・コーラと機能性表示食品のジンジャエールを比べるとこんな感じ。

    プロダクト コカ・コーラ プラス
    カナダドライ ジンジャーエール プラス
    ペプシスペシャル
    エネルギー 0Kcal 0Kcal 0Kcal
    砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 0g 0g 0g
    タンパク質 0g 0g 0g
    脂質 0g 0g 0g
    炭水化物 5.2g 5g 0g
    ナトリウム     13-46mg
    糖質 0g 0g 0g
    食物繊維 5.2g 5g 5.4g
    糖類 0g 0g 0g
    食塩相当量 0.08g 0.05g 0.08g
    難消化性デキストリン 5g 5g 5g
    カフェイン 45mg   25mg
    カリウム     20mg
    リン     90mg
    エネルギー 500ml 0Kcal 0Kcal 0Kcal
    砂糖 500ml 0g 0g 0g

    と、こうしてみると、成分表だけでみるとコカ・コーラ プラスとカナダドライ ジンジャーエール プラスの差がほとんど無いような気がします。
    やっぱり申請などの「制度」の違いだけなような気がしますね。

    日本医師会のサイトには「この3つの保健機能食品は「食品」に分類されるものであり、予防や治療を目的とした有効成分の効果と安全性が国に認められている「医薬品」や、育毛剤や入浴剤などの「医薬部外品」とは異なります。
    機能性表示食品は、疾病の診断、治療、予防を目的にしたものではないことを留意してください。」と書いてあります。

    日本コカ・コーラの「トクホ・機能性表示食品 飲料ガイド」も参考になりますね。

    まあ、これらのトクホ、機能性表示食品に入っている「難消化性デキストリン」っていうのは、小麦が原料らしく、Amazonなどでは粉末でパックに入って売っています。

    ボクもこの「難消化性デキストリン」を紅茶などに入れて飲んでみましたが、無味無臭で飲みにくくはありませんでした。
    まあ、ちょっとお茶などに入れる習慣をつくるのが面倒ですが、値段もそう高くないので、自作トクホ飲料として、食物繊維を日常的に取るようにしたほうがダイエットのためにもいいかもしれませんね。

    まとめると、
    ・コカ・コーラを飲むなら、まあトクホなどのほうが多少体にいいかもしれない
    ・とはいえ、トクホコーラや0カロリー製品に使われている人工甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)は体に悪いという話もある
    ・「難消化性デキストリン」の機能が欲しいなら、粉で買ったほうがいいような気がする
    ということから、コーラを飲みたかったら、普通のコーラを少しだけ飲んで、あとはお茶に「難消化性デキストリン」の粉を溶かして飲む、こうしたほうが、コスト的にも健康的にもいいような気がしましたね。

    ちょっとまとまりの無い文章になりましたが、まあトクホや機能性表示食品だからってあんまり期待しちゃいけず、健康を維持するためには、適切な食事と適度な運動、睡眠、休養が大事ですねっというところです。

    それにしても、赤いコカ・コーラとピザとかって、相性抜群で旨いんだよなー。(´・ω・`)

    電波の出力(空中線電力)を調べてみたよ

    最近、電波のことを色々調べてみてるんだけど、電波の出力(空中線電力)が一覧になっているものってないので作ってみた。

    続きを読む 電波の出力(空中線電力)を調べてみたよ

    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと ~ Amazonで買ったイイモノ

    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    うがい薬と言えば「イソジン®」。
    「イソジン®」は殺菌消毒成分であるポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とする消毒薬で、
    細菌やウイルスまでを消毒するとのことで、月から戻ってきた宇宙船に付着している可能性のある未知の最近の消毒にまで使われているそうです。

    1961年から2016年までは株式会社明治が「イソジン®」ブランドのうがい薬を発売してきました。
    しかし「イソジン®製剤」の製造販売権をムンディファーマ株式会社へ移管したことで、株式会社明治は「イソジン®」ブランドの使用を終了しました。

    そして株式会社明治は「イソジン®」と同じ成分の薬を、2016年4月1日より「明治うがい薬」およびシリーズ各製品(合計12品)として販売開始しました。

    旧イソジン®には色々の種類の製品がありましたが、その中でもボクが気に入っていたのが「イソジン®泡ハンドウォッシュ」でした。
    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    これは「カラダのにおい、体臭をほぼ100%消す方法」にも書いてあるように、有効成分ポビドンヨードが手指、皮膚についたウイルスや細菌、真菌などを殺菌・消毒するもので、手術の際の傷の消毒、手術時の医者の手洗いなどにも使われているほど本格的なものです。

    我が家ではこれをお風呂場に常備して、手を洗うのはもちろん、汗の匂いなどが気になる箇所を洗うときにも使っていました。

    …が、一昨年ぐらいに「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が販売中止になり、どこに行っても購入できないようになりました。
    明治にも問い合わせたりしましたが、諸般の事情で製造中止になり、再度売り出す計画は無いと聞きました。

    「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が買えなくなったので、Amazonなどでイソジン®とほぼ同様の成分を持つ、業務用の「ポビドンヨードスクラブ液7.5%」などを買っていました。
    「イソジン®泡ハンドウォッシュ」のほうが(当時はちょっと)安くてドラッグストアなどでも購入できたので、ちょっと不便になりました。

    明治が「イソジン®」ブランドの取り扱いを辞めるニュースを見たとき、あまり感心というか「へー、そうなんだ」ぐらいの印象しかありませんでした。

    しかし、インターネット新しい「イソジン®」及び「明治うがい薬」の製品ラインナップをみたときに驚きました。
    なんと「諸般の事情で生産中止」となっていた「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が復活しており、また明治からは「明治ハンドウォッシュ」という製品も出てきました。

    もう二度と会えないと思っていた「ハンドウォッシュ」が復活したのです!
    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    今後は明治とムンディファーマが販売を委託するシオノギヘルスケア(一般用医薬品)と塩野義製薬(医療用医薬品)で、切磋琢磨してうがい薬を作っていって、より良い製品を作っていって欲しいですね、と思っていたら、
    「明治は2月9日、製薬会社2社が4月に発売を予定しているうがい薬のパッケージが自社のものと酷似しているとして、不正競争防止法に基づき、デザインの使用の差し止めを求める仮処分を裁判所に申し立てた。」
    というニュースがあったようです。

    ムンディファーマとシオノギが旧イソジン®で使っていたカバのイラストに告示したキャラクターを作って来たとか。
    2015年には明治もカバの画像で商標を取っているみたいですね。

    どちらかに味方するなら、明治のほうかなー?
    「イソジン®の名前は売ったが、カバは売っていない、バカが」って言いたいところなんでしょうね。

    なんかシオノギにも言い分があるのかもしれませんが、何かあんまりスマートなやり方では無いように思います。

    どちらにせよ、ポピドンヨードを使ったハンドウォッシュはとてもいいので、ぜひ一度使ってみてください。
    リピあり(^^)

    東京ハイパワーのリニアアンプHLP-72IDxを手に入れました

    東京ハイパワーのリニアアンプHLP-72IDxを手に入れました

    先日富山に行った時に、東京ハイパワーのHLP-72IDxというリニアアンプを貰ってきました。

    これはアマチュア無線の部品で、無線のハンディ機(トランシーバー型のもの)って最大出力が5Wなんですが、この機械を使うと20W(18W)まで出力を増幅できるそうです。

    このHLP-72IDxという型番でググっても全然情報が出てこないんですが…。
    しかも、リニアアンプの情報自体全然Webに無いんですが…。

    東京ハイパワーって会社は、アマチュア無線のパーツ屋さんだったようですが、2013年に倒産しています。
    アマチュア無線自体も需要が減っているの言うまでも無いですが、その中でもこういうリニアアンプって需要があまり無いようです。

    本当は使っていないモービル機(車載用みたいなもの)を貰ってくるつもりだったんですが、諸事情でとりあえずこのアンプを東京に持ってくることになりました。

    ただ…ですね、これをうちにあるハンディ機STANDARDのVX-7にケーブルで接続すれば、物理的には問題ないようですが、ここからがアマチュア無線の面倒なところでして、どうも無線機の構成が変わるようなので、TSS保証というような電波法令に従った手続きをしなければならないとか…。

    うーん、これは面倒くさい。

    とりあえず、接続するケーブルだけでも買ってきましょうかね?
    最近無線機を触る時間が少なくなっているので(まだ始めて半年経っていないですが)、少しずつでもいいので飽きずにボチボチやっていきたいなぁと思います。
    先日も都心部で大きな地震があったので、無線機の重要性を(自分の中で)再認識したつもりですし。

    まあ、いつまでもハンディ機(トランシーバ型)ではなく、小さくてもいいからモービル機(車載用みたいなもの)か、コンパクトなオールモードのFT-991A(FT-991AM)などあってもいいかなぁと思ったりも。

    FT-991A(FT-991AM)を買うなら、せめてアマチュア無線3級を取って50Wで電波を出せるようにしなきゃですね。
    せっかくこんなに良いリグ(無線機)を手に入れるなら、4アマ用のFT-991AS(20W)だと勿体無いですからね。

    まあ、少しずつやっていきましょうか。

    デジタル系からグルメ、時事ネタまで、独断と偏見でお送りする勝手な実験サイト ひろふんじゃないよ ひろふぁんだよ