「スポーツ・美容・健康・ダイエット」カテゴリーアーカイブ

2018年夏、熱中症になりました(汗)

2018年夏はまだ終わっていませんが、例年にも増してかなり暑い日が続いています。
東京都内も暑いですが、出張で行った大阪も鹿児島も気温は35℃を超えていて、本気で熱中症になりました。

7月20日ぐらいから体に異変を感じるようになり、例えば建物や地下鉄から地上に出たときにクラっと立ちくらみがするようになったり、挙句の果てには右手の違和感やしびれと舌が絡まるような感じになってしまいました。

立ちくらみは熱中症の症状のひとつですが、右手がうまく動かないことや滑舌が悪くなるのは熱中症の症状には直結しないようにも思います。
熱中症になると確かに手先のしびれなどはあるみたいですが、右手だけ症状が出るってのもちょっと変です。

しびれの思い当たる原因としては、少し風邪気味で咳が出ていたので、普段飲まない咳止めを3食毎にちゃんと飲んだこと。

内科の医者に見てもらいましたが、咳止めは呼吸神経系を少し麻痺させる効果があるので、その影響が腕や舌に出てる可能性があるとのこと。
飲んでいた咳止めの服用は止めて、漢方の咳止めに変更しました。

それでも腕の違和感とうまく話せない症状が治らないので、別の医者に行って血液検査や頭部CTなども撮りました。
CTの結果には問題がなく、また血液検査でもそこまで熱中症の影響は見られないとのこと。

結局、あまりこれと言った原因もわからず、処方された薬はふらつきを軽減させる飲み薬のみ。

症状の改善は見られなかったので、藁をもつかむ思いで、以前からたまに行っていた鍼灸院にも行ってみました。
体のバランスが崩れているとのことで、骨盤矯正など丹念にやってもらったところ、腕も痛みも舌の違和感も少し軽減されました。

複数の医師や鍼灸師の先生からもサウナは禁止ということで、しばらくはサウナには行かないようにしています。

あとの対策としては、最近は炭酸飲料は控えているものの、緑茶など利尿作用が高いものを多く摂取していた傾向があるので、ポカリスエットを多めに飲んで、たまにOS-1、あとお茶であれば麦茶をよく飲むようにしました。

お盆も終わった8月19日現在は、体の違和感は80%ぐらいは回復してきました。
しかし、以前に比べると疲れやすくなっていて、まだまだ夏バテが抜け切れていない感じです。

少し涼しくなって、灼熱の暑さも緩和されてきたので、少し安心しました。
早寝早起きを心がけ、体調に気を使うようにして健康にすごそうと思います。

と、体が弱ったオッサンネタになってしまいましたが、近況としては以上です。
またサウナを楽しんで、ブログもいっぱい書いて、仕事も楽しくこなせるようにしたいですね。

P.S.最近は合成甘味料、アスパルテームやスクラロース、ステビアなどが入っている飲料は飲まないようにしています。
なので、ポカリはOKですが、アクエリアスはあまり飲みません。
ポカリもローカロリーなイオンウォーター(水色のボトル)は、買わないようにしています。
普通のポカリはカロリーはちょっと高いんですけどね…。

SUWADAのネイルニッパー(爪切り) ~ Amazonで買ったいいもの

知っている人は知っている、新潟県三条市にあるSUWADA(諏訪田製作所)
ここでは究極の爪切りを作っていて、指名買いする熱烈ファンも多いとか。

以前からうちにもニッパー型の爪切りがありましたが、ちょっと刃こぼれしてしまったので、値段は張りますがSUWADAのネイルニッパー(爪切り)を新調しました。

SUWADA スワダ 爪切り ネイルニッパー クラシックL *収納メタルケース付 全長120mm/刃先15mm

普通の爪切りでは爪を切ると「パチン、パチン」といった感じの音がしますが、このSUWADAのネイルニッパーはかなりの切れ味で「サクリ、サクリ」という感じで、爪を刃物で切り落とすって感じです。

かなり鋭利に切れるので、爪を切ったあとにヤスリで磨く必要も無いみたいです。

たかが爪切りに5,000円、7,000円は高い!っていう感じもしますが、メンテすればずっと使える道具なので、一家にひとつあってもいいかもしれませんね。

このSUWADAはいつCI(Corporate Identity)を変えたのかわかりませんが、以前からあるクリ剥きハサミとかのデザインは、ダサくて、田舎のメーカーっていう感じが残っています。

いまの爪切りは、シンプルでクール、モノトーンの本物の道具って感じのイメージがします。
やはりハイセンスで高級なブランドイメージがないと、高いものは売れにくいですよね…。

とうわけで、SUWADAのネイルニッパーはおすすめです!

サバゲー用の電動ガンを調達しました

サバゲー用の電動ガンを調達しました

最近、周りの若い世代でサバイバルゲームが流行っているとのことで、電動ガンを1丁調達しました。

エアガンは小学生の頃から持っていて、特に東京マルイ製の銃はコッキング式のエアーガンやガスガン、電動ガンなど、結構な数の銃を持っていました。
…が、だいぶ前に使わなくなってほとんど手放してしまいました。

ざっと覚えているだけで、
・MGC ベレッタ M93R
・MGC S&W M645
・マルゼン ワルサーPPK/S
・マルゼン ステアーAUG SMGバージョン フルオートガスガン
・コクサイ S&W M19
・マルシン工業 COLT 25AUTO
・マルシン工業 モーゼルM712
ウエスタンアームズ ベレッタM92F
東京マルイ デザート・イーグル
東京マルイ GLOCK 17 3rd Gen
東京マルイ GLOCK 26
東京マルイ P-90 TR
東京マルイ COLT M733 Command
東京マルイ ステアーAUG
東京マルイ MP7A1
ぐらいありましたかね。
もっとある気がしますが…。

いま手元に残っているのは、東京マルイのGLOCK26という手のひらサイズの小さなガスガンのみ。
サバゲー用の電動ガンを調達しました

昔アメリカで実銃も撃ったこともありますねぇ。GUNは危ないですけど…

調達したのは、以前も持っていた東京マルイ製のCOLT M733 Command
対象年齢18歳以上のエアガンで、8.4Vのニッケル水素充電池で動きます。

映画ブラックホークダウンで有名になった銃で、世界的に有名なコルトM16シリーズの中でもかなり小さなモデルです。
ドットサイト、レーザーサイト、サイレンサー(フルオートトレーサー)などのカスタマイズをしたいなとも思いますが、まずはプレーンにスリングのみぐらい付けようかなと思います。
が、あんまりゴチャゴチャするのは好きじゃないんですよね。

まあ、サバゲーはスポーツなので、運動不足には丁度良いかもですね。
若者たちと戦って、年季の違いをみせてやりたいと思います。

ま、ちょっと何回かフィールドに出て頑張ってみますかね。
どこまで続くかは不明ですが…。(笑)

水が美味しくなる浄水器 三菱レイヨン クリンスイMD201~Amazonで買ったイイモノ

ボクは東京都内のマンションに住んでいますが、以前から水道水のマズさには閉口していました。
炊飯や調理にはペットボトルのミネラルウォーターを使っているので、水道水が料理の味に左右することはありませんが、特に水のマズさが気になるのが歯を磨く時。

歯磨きで口をゆすぐとき、東京のマンションでは水道水特有の「カルキ臭」「サビ臭(鉄臭さ)」「カビ臭」がかなり気になります。
今年の正月に実家のある富山に帰省したのですが、富山の水道水ではそういった不快な匂いを感じることはありません。

富山では、歯を磨いていたら「あ、水が臭いどころか、美味しい!」と感じます。

富山の水道水が美味しい理由としては、
・源流が北アルプスの雪解け水で、真夏でも冷たい
・立山山麓のブナ等の自然林が緑のダムになっているので、清浄かつ豊潤な水が蓄えられている
・急峻な地形を流れる水は、充分な酸素と、ほどよいミネラルを含んでいる
ということですが、この水道水はペットボトルにつめて売られていたり、また、モンドセレクション最高金賞も受賞しているそうです。
出典:富山市Webサイト

ま、モンドセレクションは「金さえ出せば賞がとれる」と言われているので、最高金賞だからといって崇拝する必要はまったくないと思うのですが。

というわけで、東京での生活の水をどうするか…と思っていたら、Amazonで三菱レイヨンの浄水器クリンスイがわりとお手頃で良さそうだなと気づきました。

一口にクリンスイといってもいろいろ種類はありますが、13物質+2物質というわりと高性能なフィルターを搭載していて、それでいてお手頃プライスな「蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD201」をチョイスしました。

Amazonでのレビューも4.3点ぐらいと高評価で、本体+カートリッジの価格は3,500円程度。
これは思っていたよりも安い!

「家庭用品品質表示法」に定められた13物質と「浄水器協会」に定められた2物質をしっかり除去。
遊離残留塩素、濁り(雑菌・固形鉛など)、総トリハロメタン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、溶解性鉛、農薬(CAT)、カビ臭(2-MIB)、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン 、1,1,1-トリクロロエタン
鉄(微粒子状)、アルミニウム(中性)

これより安いモデルになると、除去物質が7+2になります。
コストは安くしたいと思いますが、除去物質は多い方が良いですね。

百聞は一見にしかずということで、さっそく台所の蛇口にクリンスイを取り付けて水を飲んでみましたが、これは普通においしい水になりました。
気になっていた、さまざまな臭みは全く感じなくなりました。

炊飯をしても、お茶などをいれても、ペットボトルのミネラルウォーターと遜色ないというか、違いがわからないぐらいです。

カートリッジは3ヶ月に1度交換しますが、これはAmazonの定期お得便で届けてもらうと、交換時期を忘れることなく、かつ安く購入ができます。

3ヶ月で1,969円と、1ヶ月650円程度でおいしい水が手に入ります。
ちなみにウォーターサーバーは、設置場所と電気代、諸手続きが気なるので一度も使おうとは思ったことがありません。

クリンスイ本体には交換時期がひと目でわかる液晶がついています。
まあ、3ヶ月でカートリッジ交換しちゃいますけど、液晶があるとどれくらいの水を処理したかわかるので便利です。

これまで2LのペットボトルのミネラルウォーターをAmazonやドラッグストアで購入していましたが、水を運ぶのが面倒で置くのが邪魔な反面、災害用の備蓄水としても使えるのがメリットでした。

災害が発生したら水道水が使えなくなる可能性が高いですよね。
そのため、常用の水は水道水をクリンスイで濾過した水を使うので良いとして、それとは別に備蓄用のペットボトル水をいくつか用意しておく必要があるのが面倒ですね。

最近の水道水はスペックが高いらしく、いくつかの匂いの問題はあったりするものの、下手なミネラルウォーターよりは味も品質も良いという話も聞きます。

それにしてもクリンスイは取り付けも簡単で、イニシャル&ランニング費用も安く、そして味も含めた性能も良くて、もっと早めに買っておけば良かったかなと思います。

これはAmazonの定期お得便と相性の良い、とても便利な商品ですね。
カートリッジを数回変えたら、本体ごと交換しちゃう人もいるそうです。
ほとんどノーメンテですが、1年〜1年半ぐらいで本体も替えたらもっと衛生的ですもんね。

もう重くて大きいペットボトルのミネラルウォーターを買う必要は(防災備蓄用以外では)なくなりました。
高性能な浄水器は、赤ちゃんや小さい子供が居る家庭、料理の味にこだわる方にもおすすめですね。

次は、クリンスイのシャワーヘッドが気になってきました。
肌がきれいになるかな…。(笑)

肩こりに効くシリコンカッピング ~ Amazonで買ったイイモノ

肩こりに効くシリコンカッピング ~ Amazonで買ったイイモノ

今年の秋、ジムで無理な負荷をかけてトレーニングをしたところ、背中から腰にかけて痛めてしまいました。

最初は背中や腰だけが痛かったのですが、次第に全身が痛くなってきてお尻や太ももやふくらはぎなども痛くてろくに歩くことも困難に…。
ズボンの後ろのポケットにサイフやスマホを入れて座っているだけでも痛くなり、本当に困りました…。

そういうわけで、数週間接骨院やマッサージに通っていましたが、一向に良くなる気配がありませんでした。

しばらくして都内のあるスポーツ選手の治療に強い鍼灸マッサージに通って骨盤矯正などしたところ、かなり痛みが緩和されて治ってきました。
カラダって全部つながっていて、一部が悪くなるとそこをかばうようにして、他に部位にも影響がでるそうですね。

そこで治療方法のひとつとして実施されたのがカッピング。

カッピングは吸い玉とも呼ばれているもので、エステでやられているのを雑誌などで見たことがありました。
調べてみると、リオデジャネイロオリンピックで21個目の金メダルを取ったアメリカの競泳のマイケル・フェルプス選手やハンマー投の室伏広治選手、マドンナなどのセレブも使っているそうです。

中国や中東などの東洋医学で、ツボや痛みのある箇所の皮膚にガラスなどの容器使って真空に近い状態にして吸引します。
真空にするために、火や機械などを使います。

マッサージなどは揉む、撫でる、押すなどと、外部からカラダに圧力をかける行為がほとんどですが、押すとは逆に吸う、引っ張る施術というのはなかなかありません。

カッピングをすると毛細血管が拡張して、内出血状態になります。
肌に丸い痕が残りますが、痕の色が濃いほど状態が悪くうっ血しているとか。

まあ、痕はだいたい3日~1週間ぐらいで消えて元に戻ります。

こういうカッピングって鍼灸院やエステなど専門店でしかできないのかなって思い込んでいましたが、どうやらシリコンでできたものが普通に売っているそうで、Amazonでみたらありましたよ。
買ってみて実際に試してみました。

ボクの場合は肩こりと、キーボードやマウスを使う腕橈骨筋などが痛いのですが、これが思ったよりも効果がありそうです。
張りが無くなって慢性的な痛みが和らいだ感じです。

シリコンでできたものですが、ちゃんとくっつけると我慢できないぐらい非常に痛く、しっかり痕が付きます。
火も電気も使わないので、どこでも誰にでも使えてノーメンテナンス。
仕事をしながらでも使うことができます。

カッピングは西洋医学的には効果が立証されておらず、プラシーボ効果ではないかとも言われていますが、個人的には痛きもち良くてなかなか好きです。

お灸もわりと好きなのですが、お灸は「火を使う」「匂いが出る」「コストが高い」とあまり手軽ではありません…。

その点、シリコンカッピングはすごく手軽ですし、手のひらサイズなので職場や旅行などにも気軽に持っていけます。

あと、女性だとサウナの中で使っている人もいるとか…。
サウナでカッピングは一度やってみたいですね。

ずっと使えるのでコスパも抜群です。
肩こりなどある人にはオススメです。(^^)

GoogleMapのマイマップ

Googleマップが好きです。
地図でいろいろ調べると面白いです。

世の中にこんな便利なマップが無いかな~、と探してみても無いマップは自分で作るようにしています。

マップは思ったよりも作るのが簡単。
もし住所や施設のリストがエクセルであれば、CSV形式で保存してインポートするだけ!

まあ、リストが無いマップについてはこつこつと調べて作っています…。

全国版 サウナマップ
全国版 厳選サウナマップ
全国版 源泉かけ流し温泉マップ
草津温泉 湯の花 販売店 マップ
ITS 提携スポーツクラブマップ
日本全国 IMAX & DOLBY ATMOS 対応シアターマップ
秋葉原 デジタル系マップ
秋葉原でArduinoを売っている店マップ
四日市名物「とんてき」マップ
羽根ライン










1日ファスティング(断食)をやってみました。

1日ファスティング(断食)をやってみました。

健康志向の友人と食事をしたときに「ファスティング、いいよ。1回やってみなよ」と薦められました。
ファスティング…?つまり、断食ですね。

この方、かなりの健康オタクで、食べ物の知識もかなり深いです。
もちろん、ボクよりも…ですね。。

それで、ファスティング(断食)について聞いた話を要約すると…

・1日だけのファスティングでも効果がある
・酵素ドリンクを飲む
・酵素ドリンクは「エリカ健康道場の優光泉」がオススメ
・宿便などが出てカラダの中がクリーニングされる
・一度ファスティングをすると、2~3kgぐらい落ちる
・一度体重を落としたら、なかなかリバウンドはしない
・月に一度ぐらい定期的にファスティングをして、メンテナンスするといい
・定期的にやれば5kgぐらいすぐに落ちる

ということで、一度ぐらいやってみますか!ってことで「エリカ健康道場」のサイトを研究します。

「ほー、なかなか良さそうだね、一度試してみるか!」
と、1番ベーシックな断食用酵素「優光泉酵素(スタンダード味) ハーフボトル550ml」っていうのを買ってみます。

購入はメーカーサイトではなくAmazonで買いました。
こっちのほうが早く届きそうだから。

550mlで4,536円。(送料込)
1リットルあたり8,247円となります。

1杯あたり20mlを使うので、27.5杯分使えますね。
つまり、1杯あたり165円です。

ボクが試したメニューは、1日断食(レベル2)。

酵素ドリンクにはかなり丁寧に書かれた断食ガイドがついてます。

本当は朝食だけを抜くレベル1の「プチ断食」から始めたほうが良いのでしょうが、そもそもいつも朝食を抜くことも少なくないので、いまさらプチ断食をしたところで…という気になります。

また断食を始めるには3~7日ぐらいの準備期間を設けたほうがより効果が高いそうです。
ボクの場合は前日もステーキをガシガシ食べてましたけど…笑

1日断食の場合は

1日目
朝「優光泉酵素」だけ
昼「優光泉酵素」だけ
夜「優光泉酵素」だけ
丸一日、酵素ドリンクだけを飲んで過ごします。

2日目
朝「優光泉酵素」だけ
昼「回復食」
夜「通常の食事」
という構成になります。

「優光泉酵素」を飲む場合は、酵素20mlを水で4~6倍に薄めて飲みます。
ボクの場合は酵素20mlに対し、ミネラルウォーターを80ml入れて、1回100mlを飲みました。

これを1日9回以上飲みます。

濃縮された野菜酵母ジュースで、生きた酵母菌が入っています。
肝心の味ですが…、これが想像以上に美味しい。

多少の酵母独特の匂いは無いとはいいませんが、もう誤差レベルで、ハチミツのような甘味があって、ジュースのようにとても飲みやすいです。

普段から飲んでも良いぐらいで、普通に健康ドリンクとして売っていてもときどき買いたくなるような美味しさ。
健康食だからマズイのを我慢して飲む、という感じではありません。

しかも、安心返品保証なので、不味かったりしたら、飲んだ後でも返品が可能です。
遠慮なく試せますね。

1杯165円で、1食あたり500円以下。
9杯飲んだとしても1日あたり1,485円。

1日1,485円もかかるのか…と思うと値段が高い気もしますが、1日の食費分のコストが抑えられるのでむしろコスト安になりますよね。

ちなみに、ファスティング中は酵母ジュースだけではなく、塩分補給のために「梅干し」を食べたり「味噌汁」を飲むことを推奨されています。
塩分が不足すると頭痛がしたりするそうです。

ボクがやった1日断食は、
1日目は100ml(20ml+80ml)の酵母ジュースを9杯のんで、あとはインスタントの味噌汁と昼、夕方、夜と3回飲みました。
その他に飲んだものは普通の冷たい緑茶ですね。

1日目は空腹感はありましたが、「優光泉酵素」を飲んだ後に満腹感は無いものの、満足感はあるのでなんとか耐えられました。

カラダの変化は特に感じられませんでしたが、昼から夕方にかけて眠気がキツかったです。

そして夜になるとさすがにお腹が空きましたね。
我慢しましたが。

2日目の朝に空腹感はありませんでした。
朝、外出する前に3杯の「優光泉酵素」を飲んでから出かけました。

そしたらですね…午前中はトイレが近いっていうか、凄くお腹が痛くなって、下剤を飲んだときのようになり、宿便?というものなのか、正確な医学用語はわかりませんが、下品な話、黒と茶色が混じったようなカスっぽい便がプリプリと出ました。

前日何も食べてないのに、ウンチがでるもんなんですね。
どこかに溜まってたのかな?

昼食はコンビニに売っている味の素のレトルトの白かゆ、冷奴、カップ味噌汁、梅干しです。
量はさほどでも無いと思っていたのですが、かなりの満腹感がありました。

なんか体に変化が出たのか、いつも飲んでいるペットボトルの烏龍茶が濃くてキツくて飲めなくなりました。
烏龍茶は水で2倍ぐらいに薄めて飲むようにしました。

午後からはわりと調子が戻ってきて、それよりも体がどんどん軽くなり、頭が冴えてくるような気がしました。

夜ご飯は、化学調味料不使用のお蕎麦屋さんで冷やしのかけ蕎麦を食べました。
これも一杯でお腹が膨れました。

家に帰って体重を測ってみると、ファスティング前から2.5kg近く体重が減っていました。
翌日に再度測ってみると、ファスティング前に較べて2kg減ってました。

他の人からは顔がスッキリしたと言われますし、お腹周りが若干軽くなった気がします。
そして、胃が小さくなったようで、いままでの腹八分目ぐらいの量で十分になりました。
もしかしたら、食べる量をもっと減らしたほうがいいのかもしれません。

ということで、友人は毎月1回、第1週目をファスティングウィークと定め、
1日目 3食完全ファスティング(酵素ドリンクやみそ汁、梅干し湯など)
2日目 朝昼のみファスティング(同)、夜は軽めの食事
3~5日目 朝 軽いスープやみそ汁、昼 野菜中心の食事、夜 普通に食事、飲酒
6~7日目 は普通に食べて飲む!

それ以外の日は、特に外食などはガッツリ食べる。
食べるときは食べる!
ただし、バカ食いした翌日はファスティング2日目と同じような内容にし、とにかくメリハリをつけるようにしているそうです。

なかなか効果がありそうなので、ボクもファスティングを定期的にやっていこうかなと思います。
またレポしますが、わりとオススメできそうです!(^^)

愛用の洗顔料 資生堂 naturgo(ナチュルゴ) 男の泥洗顔(黒)が生産中止になりました

愛用の洗顔料 資生堂 naturgo(ナチュルゴ) 男の泥洗顔(黒)が生産中止になりました

いままで「肌が綺麗でお若いですね」と言われてきたのも、コイツのお陰だったかもしれない…。

この「資生堂 naturgo(ナチュルゴ) 男の泥洗顔(黒)」を10年近く愛用してきましたが、残念ながら2017年3月をもって生産終了となってしまったようです。

どうりで最近ドラッグストアであまり見ることが無くて、おかしいなと思っていたのですが…。
やっぱり売れていなかったのかな?
でも、価格.comの洗顔フォーム・パウダー 人気売れ筋ランキングで951位中、堂々の1位だったんですけどね…。

鼻やおでこの脂っぽさもよく落ちて、それでいてツッパリ感もない優れものでした。
2017年6月19日現在まだAmazon.co.jpで売っていますが、すでにプレミア価格で900円もする…。

まあ、成分表示を見る限り、そんなメチャいいものでも無いと思うのですが、わりとサッパリとして好きだったんですよね。

「ナチュルゴ メンズクレイ 洗顔フォーム 黒 130g」は、毛穴の汚れをガッチリ吸着して落とす、男性向けの洗顔フォームです。
天然クレイ洗浄成分配合で、毛穴の汚れをがっちり吸着して落とします。肌をすっきりひきしめ、メントール配合で、クールな爽快感が持続します。130g入り。

水、ステアリン酸カリウム、ポリエチレングリコール、ミリスチン酸カリウム、グリセリン、ラウリン酸カリウム、ポリエチレン、ステアリン酸、DPg、ステアリン酸グリセリル(SE)、ミリスチン酸、ラウリン酸、ミツロウ、メントール、エデト酸塩、クエン酸ナトリウム、タルク、香料、酸化チタン、酸化鉄

まだ自宅に2本ストックはありますが、これからは、KOSE コーセー メンズ ソフティモ フェイシャルウォッシュ (炭) 130gでも使いましょうかね。
とりあえず試しに1個買ってみますか。

ということで、鈴木蘭々出演のCMでもみて追悼しましょう。
いままでどうもありがとうございました。

24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

24時間営業のジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

東京を始めとした首都圏や大都市を中心に増えてきた24時間営業のフィットネスジム。

ちょっと前から気になっていましたが、体重増えてきて絶賛記録更新中なので、意を決して入会することにしました。

社会人になってから本格的にジムに行くのは初めてです。
24時間営業のジムは一般的なジムと比較して以下のような特徴があります。

  • 24時間365日 年中無休営業
  • マシンジム特化型
  • 低価格
  • 高セキュリティ
  • 駅近の好立地
  • 土足OK
  • 他の店舗も利用可能
  •  
    メリット

  • 24時間365日 年中無休営業
    普通のジムと違って、いつでも使えます。
    夜遅くてもいつでも運動ができますね。

  • マシンジム特化型
    トレーニングをするのに必要最低限なマシンと有酸素運動、ウエイトトレーニングができます。
    プールやスタジオなどはありません。

  • 低価格
    地域差などはありますが、だいたい月額6,000~7,000円ほどです。
    これを高いと思うかもしれませんが、普通のジムは9,000~14,000円ぐらいするので、相対的には安いです。
    オプションなどもありません。
    (月額7,000円を節約するには…スマートフォンを格安SIMに変えよう!笑)

  • 高セキュリティ
    女性が深夜に使う場合は、セキュリティが気になるかもしれませんね。
    24時間ジムでは、専用のキーを使わないと入店できず、カメラでの監視もバッチリ。
    万一のときには警備会社への通報すぐにできます。
    まあ、その辺の道端や公園より全然安全ですね。

  • 駅近の好立地
    だいたいの24時間営業ジムは、駅に隣接した好立地にあります。

  • 土足OK
    だいたいの24時間ジムは土足OKなので、ランニングしてきてそのままマシントレーニングをして、そのまま帰ってもOKです。
    わざわざ室内用の運動靴に履き替えたりしなくてもいいのは楽ですね。

  • 他の店舗も利用可能
    普通のジムだと原則的にいつも行っている店舗を使わないといけませんが、24時間営業ジムだと、好きな場所にあるジムに行けます。
    なので、旅行や出張先に同じジムを見つければ、そこを利用できます。
    特にエニタイムフィットネスは日本だけではなく、アメリカが本場ですので、海外でも使えますね。

    エニタイムフィットネス マップ

    デメリット

  • 深夜早朝などには店員がいない
    従業員がいないので、なにか聞きたいことがあったり、トラブルが発生した場合はちょっと困ります。
    まあ、怪我などのトラブルのときは、遠慮なく警備会社などを呼んだほうがいいですね。

  • セキュリティー
    高セキュリティとは言うものの、マナー違反の人やトラブルが発生した場合はちょっと困りますね。
    いまのところボクが行っているジムはヤバそうな人や悪い雰囲気はありません。
    皆さんマシンの使い方も丁寧です。

  • お風呂やサウナが無くシャワーしかない
    浴室はシャワーだけです。ボディソープもなにもありません。
    ましてや浴槽やサウナもありません。
    (個人的にはサウナは専門の素敵なサウナにいろいろ入りに行くので、ジムのしょぼいサウナに入らなくてもいいです。笑)

    まあ、月額のロッカーを借りて小さなシャワーセットを入れておけば便利に使うことができますね。
    あと、どこの店舗でも、どこのシャワーでも使えるので、夏場の営業周りをしていたときに、サクっと汗を流しにいくっていうのもいいかも。

    24時間ジムで代表的なのは

  • エニタイムフィットネス
  • ジョイフィット ジム24
  • FASTGYM24
  • メガロス24
    ぐらいです。

    で、ボクは最もポピュラーで店舗数も多いエニタイムフィットネスにしました。

    で、ボクが行っている店舗の設備は…
    ウエイトトレーニングマシン×9台
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    ランニングマシン×8
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    クロストレーナー×2
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    エクササイズ・バイク×2
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました
    エアロバイク×2
    フリーウエイトスペース
    フリースペース 6畳くらい
    シャワールーム×2
    更衣室×2
    月額ロッカー
    トイレ×2
    自販機×1
    テーブル×2
    椅子×4

    必要最低限の設備ですが、綺麗で清潔感もあってフットネスをするには十分な施設です。

    社会人になってから始めてのジム…と言いましたが、高校生の頃はかなりトレーニングをしていました。
    月曜、水曜、金曜の週3でやってましたね。

    …そして四半世紀程度の時間が流れましたが、週3のトレーニングを復活させました!

    まずは10分の有酸素運動、例えばランニング、もしくはエアロバイクなどを使います。
    それから軽くストレッチ

    そして、

  • シーテッド・レッグカール
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • レッグ・エクステンション
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • プルダウン
  • ショルダー・プレス
    24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

  • シーテッド・レッグプレス
  • ロー/ディア・デルトイド
  • アブドミナル
    をそれぞれ10回×2セット
    あとは腹筋と背筋、アブホイール(腹筋ローラー)
    気が向いたら、ベンチプレス…

    それからまた20分の有酸素運動とストレッチですね。
    これを週3回、月水金やります。

    ほとんど高校生のときのメニューとほどんど変わりませんが、いまのところ続いています。
    もっとも負荷は全然低くなってますけどね。

    そうそう、エニタイムフィットネスのランニングマシンやエアロバイクにはモニターがついていて、テレビやインターネット、Youtubeなども見ることができます。
    なかなかハイテクな感じですね。
    Bluetoothで接続もできます。

    ということで、いまは体重を公開するのも阻まれるぐらいですが、できれば夏ぐらいまでには昔のようにパックリと割れた腹筋を復活させたいですね!
    24時間ジムはオススメです。(^^)

  • 「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと ~ Amazonで買ったイイモノ

    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    うがい薬と言えば「イソジン®」。
    「イソジン®」は殺菌消毒成分であるポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とする消毒薬で、
    細菌やウイルスまでを消毒するとのことで、月から戻ってきた宇宙船に付着している可能性のある未知の最近の消毒にまで使われているそうです。

    1961年から2016年までは株式会社明治が「イソジン®」ブランドのうがい薬を発売してきました。
    しかし「イソジン®製剤」の製造販売権をムンディファーマ株式会社へ移管したことで、株式会社明治は「イソジン®」ブランドの使用を終了しました。

    そして株式会社明治は「イソジン®」と同じ成分の薬を、2016年4月1日より「明治うがい薬」およびシリーズ各製品(合計12品)として販売開始しました。

    旧イソジン®には色々の種類の製品がありましたが、その中でもボクが気に入っていたのが「イソジン®泡ハンドウォッシュ」でした。
    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    これは「カラダのにおい、体臭をほぼ100%消す方法」にも書いてあるように、有効成分ポビドンヨードが手指、皮膚についたウイルスや細菌、真菌などを殺菌・消毒するもので、手術の際の傷の消毒、手術時の医者の手洗いなどにも使われているほど本格的なものです。

    我が家ではこれをお風呂場に常備して、手を洗うのはもちろん、汗の匂いなどが気になる箇所を洗うときにも使っていました。

    …が、一昨年ぐらいに「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が販売中止になり、どこに行っても購入できないようになりました。
    明治にも問い合わせたりしましたが、諸般の事情で製造中止になり、再度売り出す計画は無いと聞きました。

    「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が買えなくなったので、Amazonなどでイソジン®とほぼ同様の成分を持つ、業務用の「ポビドンヨードスクラブ液7.5%」などを買っていました。
    「イソジン®泡ハンドウォッシュ」のほうが(当時はちょっと)安くてドラッグストアなどでも購入できたので、ちょっと不便になりました。

    明治が「イソジン®」ブランドの取り扱いを辞めるニュースを見たとき、あまり感心というか「へー、そうなんだ」ぐらいの印象しかありませんでした。

    しかし、インターネット新しい「イソジン®」及び「明治うがい薬」の製品ラインナップをみたときに驚きました。
    なんと「諸般の事情で生産中止」となっていた「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が復活しており、また明治からは「明治ハンドウォッシュ」という製品も出てきました。

    もう二度と会えないと思っていた「ハンドウォッシュ」が復活したのです!
    「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

    今後は明治とムンディファーマが販売を委託するシオノギヘルスケア(一般用医薬品)と塩野義製薬(医療用医薬品)で、切磋琢磨してうがい薬を作っていって、より良い製品を作っていって欲しいですね、と思っていたら、
    「明治は2月9日、製薬会社2社が4月に発売を予定しているうがい薬のパッケージが自社のものと酷似しているとして、不正競争防止法に基づき、デザインの使用の差し止めを求める仮処分を裁判所に申し立てた。」
    というニュースがあったようです。

    ムンディファーマとシオノギが旧イソジン®で使っていたカバのイラストに告示したキャラクターを作って来たとか。
    2015年には明治もカバの画像で商標を取っているみたいですね。

    どちらかに味方するなら、明治のほうかなー?
    「イソジン®の名前は売ったが、カバは売っていない、バカが」って言いたいところなんでしょうね。

    なんかシオノギにも言い分があるのかもしれませんが、何かあんまりスマートなやり方では無いように思います。

    どちらにせよ、ポピドンヨードを使ったハンドウォッシュはとてもいいので、ぜひ一度使ってみてください。
    リピあり(^^)