マキタのコードレス掃除機を買いました ~ Amazonで買ったイイモノ

マキタというメーカーのコードレス掃除機を買いました。

CL108 カプセル式 10.8Vバッテリ充電器・サイクロンアタッチメント付 CL108FDSHWというAmazonのランキングで上位に来ているモデルです。

マキタっていうメーカーは一般的に家電メーカーとしては有名ではないかもしれませんが、電動工具メーカーとしては最大手。

日本を代表する電動工具メーカーで、世界シェアでも4位と有名なブランドです。

ビル清掃や駅での清掃などでマキタの業務用掃除機が使われているのをよく目にします。

マキタの掃除機には色々種類がありますが、大きくはバッテリーに違いがあります。

18V / 14.4V / 10.8V / 7.2Vと種類があって、バッテリーの電圧が高くなるほどパワーも上がります。
ただしその反面、重くなり値段も高くなるデメリットがあります。

なので、高い吸引力が必要であれば、18V / 14.4Vのモデルを、手軽さや値段を有線するのであれば10.8V / 7.2Vをチョイスすると良いと思います。

あとの違いは、紙パック方式かカプセル方式の違いですね。

紙パックのほうは、使い捨てのパックを取り付けて利用するので、ゴミ捨てが楽です。
その反面、ランニングコストがかかります。

カプセルのほうは、手軽にゴミを捨てられますが、ゴミを捨てる際にホコリが舞いやすく、また、定期的にフィルターの水洗いも必要です。

ランニングコストがかかる、ゴミ集じん容量小の紙パック方式にするか、
ランニングコスト扶養、ゴミ集じん容量大、メンテが必要なカプセルにするか、
…これは好みの問題ですね。

自分は、後者のカプセルタイプにしました。

ただ、オプションのサイクロンアタッチメントをつけました。

これは簡単に言うと、紙パック/カプセルの手前にサイクロン式のゴミを集めるユニットを装着して、紙パック/カプセルにあまりゴミを運ばないようにする部品です。

特に吸引力は落ちないようです。
ほとんどのゴミは紙パック/カプセルに行く前にサイクロンの下の方に溜まり、ゴミ捨て頻度は約1/6になるそうです。

サイクロンアタッチメントの色はブルーでわりとキレイめですが、ゴミが丸見えになるので、それが嫌な人は使えないかなと思います。

ちなみに、サイクロンアタッチメントは本体とパイプの間に挟む形で装着しますが、そのため標準のパイプを使うと、掃除機の長さが凄く伸びてしまいます。

なのでサイクロンアタッチメントを使う場合は、ストレートパイプ320という短めのパイプに交換必須ですね。

こういったオプションもAmazon別売りされていて、さらに270円と安いのも便利で助かります。

最後の違いは、ボタン式かトリガー式かということ。
ボタンを押してスイッチオン、もう一度押してオフになるのが、ボタンタイプ。

トリガータイプは、トリガーを引いているときだけ作動するというタイプです。

なので、ボクのチョイスは、
・10.8Vのそこそこ吸引
・メンテが必要だけどランニングコスト不要なカプセルタイプ
・一度押せばずっと稼働するボタン式
CL108 カプセル式 10.8Vバッテリ充電器・サイクロンアタッチメント付 CL108FDSHWにしました。

このセットに付属するバッテリーは、標準25分稼働/充電22分というスペックのもの。

充電時間はかなり短いので、標準バッテリー1つでの運用でも良かったのですが、Amazonでは互換バッテリーもたくさん売っているので、マキタ互換バッテリー 10.8v/4.0Ahを買ってみました。

2つのバッテリーを交互に使えば、かなり長時間作動させても特に支障は無いと思います。

マキタの製品は掃除機に限らず、色々な製品でバッテリーが共通で使えるようです。
なので、互換バッテリーもたくさん発売されているのでしょうね。

まあ、掃除機といえばDysonとか日立じゃなきゃ駄目っていう人もいるかと思いますが、言葉は悪いですが掃除機ごとき、値段が高すぎるんですよね。

マキタの掃除機なら、サイクロンアタッチメントとスタンドを買っても2万円するかしないかぐらい。

Dysonなどは普通に3万~8万円ぐらいしますが、掃除機にそんなにお金をかける必要がありますか…?

ルンバのようなロボット掃除機であれば、カメラやセンサー、Wi-Fiを搭載したりして、スマホ連携、スケジュール起動、自動ゴミ捨てなど機能は山盛り。

ロボット掃除機のおかげで常にクリーンな部屋を保てて便利…というのであれば、ある程度値段が高くなっても仕方ないと思います。
しかし、コードレスクリーナーにそこまで機能やデザイン性を求めません。

うちのマキタの掃除機の吸込み仕事率はパワフル 30W / 強 20W / 標準 5Wと小さいものの、吸込口の設計がしっかりしているのか、想像以上に吸い込んでくれてゴミの取りこぼしは少なく、髪の毛やホコリもしっかり吸い込んでくれます。

なにより、重量が1.35kg(サイクロンアタッチメント装着時)と軽くて小回りが効くので、ゴミが気になる場所もどんどん掃除できるのは最高です。

スタンドはサードパーティ製の山崎実業 スティッククリーナースタンドを買いましたが、正直、我が家ではあまり不要でした。

マキタの掃除機の説明書にも記載がありますが、掃除機にはストラップが付いているので、それを壁にあるフックにひっかけたほうが楽です。

3M コマンド フック キレイにはがせる 両面テープ Mサイズ 耐荷重1.3kgがあれば、わりとどんな壁にもキレイに、かつ確実にフックが付けられるのでとても便利です。

この両面テープを使ったフックは、柱や壁などに傷などがつかないのでとても良いです。

今回どこのどんな掃除機が良いか結構悩みましたが、今のところマキタの掃除機に不満はなく、マキタの掃除機にして良かったです。

まあ、デザイン的には質実剛健というか、シンプル過ぎるかなとは思いますが、個人的には掃除機にそれほどデザイン性は求めていませんし、かと言って、マキタの掃除機がダサすぎるわけでも無いと思います。

ライフスタイルによって、掃除機に求めるスペックやデザインも異なると思いますが、マキタの掃除機はオススメです!

各規格の転送速度を調べてみたよ

各規格での転送速度を調べてみました。
こうやってみると、光通信/100BASE-TXの100Mbps(12.5MB/s)って結構遅いなぁ。

※2021/03/16 USB 3.2などのデータを整理しました。
※2020/07/12 USB 4のデータを追記しました。
※2020/07/12 Thunderbolt 4のデータを追記しました。
※2020/05/21 SD8.0のデータを追記しました。

電波の出力の比較表
アマチュア無線の周波数を調べてみたよもどうぞご覧ください。

続きを読む 各規格の転送速度を調べてみたよ

Windows10デスクトップのオススメ設定

Windows10デスクトップ&GoogleChrome オススメ設定

ときおりWindows(Windows10)のデスクトップのオススメ設定を教えて欲しいって言われることがあるので、こちらに備忘録として残します。
そろそろ春ということで、新しい学校や職場などでパソコンなども新しく使い始めるかもしれませんしね。

オススメの設定やカスタマイズと言っても、基本的にはランチャーアプリなどのインストールや複雑な設定はしません。

(1)タスクバーのカスタマイズ
タスクバーは左に設置しましょう。
最近のパソコンのほとんどは16:9のワイド画面。
縦よりも横のほうが長い…というか、縦が短すぎます。

標準ではタスクバーが下に設置されていますが、これでは元々狭い縦を余計に占領してしまいます。
なので、左側に設定したほうが使いやすいです。
最初は慣れるのに少しだけ時間がかかりますが、すぐに気にならなくなりますよ。
ちなみにUbuntu(Lunux)では標準で左側にタスクバーがあります。

設定の方法は「タスクバー」の上で右クリックし、「タスクバーの設定」を押す。
「画面上のタスクバーの位置」を「左」に設定。

あとの設定としては、
「タスクバーをロックする」(固定する)
「小さいタスクバーボタンを使う」
をオンにします。

「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」
「タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す」
は通知アイコンなどが常時見えなくなるのであまり設定をオススメしません。

「タスクバーを結合する」は「結合しない」
のほうが使いやすいです。

通知領域の「タスクバーに表示するアイコンを選択します」では、普段よく見るアイコンだけを表示しましょう。

デスクトップパソコンでは
「Bluetooth」
「エクスプローラー(ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」
「音量」
「Dropbox」等のストレージ
ぐらい、
ノートパソコンなどでは、
「Wi-Fi(ネットワーク)の通知」
「Bluetooth」
「バッテリー残量(充電ステータス)」
「エクスプローラー(ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」
「音量」
「Dropbox」等のストレージ
ぐらいがあると便利です。
Windows10デスクトップ&GoogleChrome オススメ設定

あと、よく使うアプリケーションはタスクバーにピン留めしておくと便利です。
「Google Chrome」
「エクスプローラー」
「メモ帳」
「Excel」
ぐらいあると便利です。
Windows10デスクトップ&GoogleChrome オススメ設定

(2)デスクトップ
デスクトップに作業フォルダや実ファイルを置くのは好ましくありません。
ファイルはちゃんと「ドキュメントフォルダ」や「Dropbox」や「Googleドライブ」などに保存しておきましょう。

ボクの環境でも少しアプリケーションへのショートカットアイコンが多いかなという気もしています…。

デスクトップの右側に昔のWindowsVistaやWindows7で使わえれていたようなガジェット(時計/カレンダー/CPU・メモリ使用量メーター/ストレージ容量/ネットワーク速度)を付けています。
これらのガジェットはWindows10では利用できませんし、Windows7などでもガジェット自身に脆弱性があるため現在は利用が推奨されていません。

そのためガジェットを再現するためにRainmeterというアプリを使っています。
そして、RainmeterのスキンのVista Rainbarをインストールして使っています。

基本的にシンプルな画面や操作感が好きなので、いまはこんな感じで使っています。

ちなみに、ボクが使っているWindows10はProではなくHomeです。
もちろんProのほうがビジネス系の機能は充実していますが、それ以外の性能はあまり変わりがありません。

Windows7などのときは搭載メモリ容量などがHomeが16GB、Proが192GBと差がありましたが、
Windows10では搭載メモリ容量はHomeが128GB、Proが2TBと引き上げられたので搭載メモリについては気にすることはありません。

普通の人がメモリを128GB以上積んだり、CPUを2つ積むようなことはまずないと思いますし、個人(個人や小規模ビジネス含む)で使うWindows10はHomeでもいいですね。

GoogleChromeのオススメ設定も見てみてくださいね。