「Amazonで買ったイイモノ」カテゴリーアーカイブ

JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN 〜 Amazonで買ったイイモノ

友達が仕事場で使うスピーカーを新調することになって、USB DAC内蔵バスパワードスピーカー JBL Pebblesを買いました。
しかし、JBLブランドのスピーカーをもってしても、耳の肥えた友人を満足させることができなかったようです。

まあ、JBLのスピーカーと言っても、実売価格5,000円程度のUSBスピーカーですからね。
満足できなくても当然と言えます。

いらないのなら使ってみるかな?と軽い気持ちでこのスピーカーをもらってきました。
※なので、正確にはタイトルの「Amazonで買ったイイモノ」というのはちょっと間違い

ボクのメインデスクトップではB&W LM1スピーカー+Wadia 151PowerDAC miniというまあまあ良いスピーカーシステムがあるので、5,000円で買えるぐらいのアクティブスピーカーは不要です。

そこで、プライベートで使っているノートパソコンThinkPad13 ChromebookにこのJBL Pebblesをつないでみました。
このスピーカーはWindowsにつないだ場合は自動的にドライバをセッティングしてくれて、パソコンにUSBを指すだけで設定なしで使えます。

ChromeOSだとどうかな?と思って接続してみたら、すぐに認識してくれてバッチリと使えました!
わりと素直な音質で、高音で低音も予想していたよりはいい感じです。

このThinkPad13 Chromebookの液晶画面はIPS方式の13インチ フルHDタッチパネルディスプレイで申し分ないのですが、音がショボい。
iPad Pro 12.9 2Genなどと比べると悲しくなるぐらい酷い音です。

このChromebookもJBL Pebblesと組み合わせると、そこそこ満足できる音が出せる環境になりました。

しかし、Chromebookは持ち運びがメインのマシンなので、このスピーカーだとちょっと大きいと言うか、使い勝手が悪くマッチはしないのですよね。

あと、先日AmazonのEcho Dotというスマートスピーカーを購入したのですが、これは外部スピーカーがないと音楽を聞く分にはダメダメなスマートスピーカーです。

なので、EchoDotと組み合わせる外部スピーカーとしてはJBL Pebblesは良いかもしれません。
EchoDotは外部機器とAUX端子またはBluetoothで接続ができます。
ということで、EchoDotとJBL PebblesとAUXのケーブルでつないでみました。

そうしたら、わりと良い感じです!
ちょっとまだスピーカーの置き場所が定まっていませんが、Echo DotもJBL PebblesもそれぞれUSB電源のみで駆動するので、わりと置き場所なども自由がききそうで良いですね。
やろうと思えば、モバイルバッテリーで使うこともできますからね。

それにしても、JBLのスピーカーって、プレミアムモデルのProject EVEREST DD67000 だとペアで600万円もするんですよ。
JBL Project EVEREST DD67000

1番安いJBLのスピーカーだとJBL GO Bluetoothスピーカーぐらいかなって感じですが、これだと実勢価格で3,500円程度。
これでもちゃんとアンプを内蔵しているので、プレミアムモデル Project EVEREST DD67000に適当なアンプを組み合わせた価格と比較すると、なんと2,000倍ぐらいの価格差です。

同じブランドで2,000倍の価格差のあるモノって他に何があるだろう??っと考えたりもしました(笑)。
これだけ差があるものをひとつのブランドで作るのは無理があるかなーという気もしますが、ま、プレミアムなJBLはさすがにマニアも納得なプレミアムな音質ですし、お安いJBLはそこそこで値段としてはいい音で聞かせてくれるスピーカーですね。

ま、個人的には高級スピーカーもJBLではなく、B&W(Bowers & Wilkins)のほうが好きですが、それは好みってところで…。

お手軽PCスピーカーとしては、USB DAC内蔵バスパワードスピーカー JBL Pebblesは悪く無いと思いますよ!

フィリップスNosetrimmer series 1000 鼻毛/耳毛トリマー NT1140/15 〜 Amazonで買ったイイモノ

オヤジでも若者でも最低限の身だしなみはとても大切ですが、その中でも鼻毛は結構重要な要素のひとつ。
いくらお洒落さんでも鼻毛が出ているのを見ると、百年の恋も一瞬で冷める人も居るとか居ないとか…。

そこで役に立つのが鼻毛カッターですが、昔からある電動のタイプはこんな感じ。

刃が回転するタイプで、パナソニック製のものや日立製のものが多いイメージ。
ドン・キホーテなどにもよく売っていますよね。

で、こういう刃が回転するタイプも悪くなく、鼻の穴の中の毛をまんべんなく切るのには良いのですが、鼻柱の内側のちょっと奥まった毛を切るのはちょっと苦手。

そこで、このフィリップスの鼻毛/耳毛トリマー NT1140/15は結構いいです。

わりと細めの刃が切りたい場所にピンポイントであたって、ジャリジャリと刈っていく感じ。
全然痛くないです。

いまは回転タイプとこのトリマーの両方を使っていますが、ボクの場合は週に1度だけ処理しちゃえば全然鼻毛が出ることが無くなったって感じです。

水洗いもできるし、ほとんど手入れは不要。
2年間の保証もついているし、値段も安いし、文句のない製品です。

父の日を始めとした男性へのプレゼントにも良いかなっと思いますが、逆に「アンタ、鼻毛出てるで…」と伝わると気まずいかも…笑

あと、こういうちょっと電池を使う商品にはニッケル水素充電池がぴったりですね。
昔と違って、充電式の単3乾電池も性能もコストパフォーマンスもよくなって、ほとんどランニングコストを気にせずに、電池を使い放題で使えるのは便利な世の中になりましたねぇ…。

フィリップスの鼻毛/耳毛トリマー NT1140/15はオススメです!(^^)

シワと匂いを取るティファール ハンディ衣類スチーマー 〜 Amazonで買ったイイモノ

最近のワイシャツは形状記憶のものが多いですが、とはいえ、乾燥機に入れて乾かしてしまったりするとやはり少しシワが残ったりします。
また、スーツやコートなどにつく汗や食べ物の匂いが少し気になることもあって、定期的にクリーニングには出すものの、なにか良い解決方法がないかなーと考えていました。

とある日、ヨドバシアキバに行ったらティファールのハンディスチーマーの実演機が置いてあって、ちょっと触ってみましたがなかなか良さそうな感じでした。

それからしばらく忘れていたのですが、先日スーツに焼肉の匂いがついてかなり気になることがあって、Amazonでハンディスチーマーを買いました。
最初は2,500円程度の無名なメーカーのものにしようか迷いましたが、なんかAmazonの評価が高すぎるというかステマっぽいんですよね。

電気と熱い熱湯を使う家電なので、安全性も考えて有名メーカーのティファール 衣類スチーマー アクセススチームにしました。

さっそく使ってみましたが、水を入れてコンセントにつないでスイッチをオンにすると、約45秒でスタンバイオッケーとなります。
結構な量のスチームが出て、18分も連続して使うことができます。

普通のプレスするアイロンと違ってきれいに折り目などはつきませんが、手軽にシワが伸ばせて防臭にも役立つので便利です。
難点は少し重いことぐらいですかね。

ワイシャツの匂い防止には、オスバン/塩化ベンザルコニウムが効きますが、ハンディスチーマーは洗いにくいものにも使えそうなので、わりと重宝しそうです。

水が美味しくなる浄水器 三菱レイヨン クリンスイMD201~Amazonで買ったイイモノ

ボクは東京都内のマンションに住んでいますが、以前から水道水のマズさには閉口していました。
炊飯や調理にはペットボトルのミネラルウォーターを使っているので、水道水が料理の味に左右することはありませんが、特に水のマズさが気になるのが歯を磨く時。

歯磨きで口をゆすぐとき、東京のマンションでは水道水特有の「カルキ臭」「サビ臭(鉄臭さ)」「カビ臭」がかなり気になります。
今年の正月に実家のある富山に帰省したのですが、富山の水道水ではそういった不快な匂いを感じることはありません。

富山では、歯を磨いていたら「あ、水が臭いどころか、美味しい!」と感じます。

富山の水道水が美味しい理由としては、
・源流が北アルプスの雪解け水で、真夏でも冷たい
・立山山麓のブナ等の自然林が緑のダムになっているので、清浄かつ豊潤な水が蓄えられている
・急峻な地形を流れる水は、充分な酸素と、ほどよいミネラルを含んでいる
ということですが、この水道水はペットボトルにつめて売られていたり、また、モンドセレクション最高金賞も受賞しているそうです。
出典:富山市Webサイト

ま、モンドセレクションは「金さえ出せば賞がとれる」と言われているので、最高金賞だからといって崇拝する必要はまったくないと思うのですが。

というわけで、東京での生活の水をどうするか…と思っていたら、Amazonで三菱レイヨンの浄水器クリンスイがわりとお手頃で良さそうだなと気づきました。

一口にクリンスイといってもいろいろ種類はありますが、13物質+2物質というわりと高性能なフィルターを搭載していて、それでいてお手頃プライスな「蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD201」をチョイスしました。

Amazonでのレビューも4.3点ぐらいと高評価で、本体+カートリッジの価格は3,500円程度。
これは思っていたよりも安い!

「家庭用品品質表示法」に定められた13物質と「浄水器協会」に定められた2物質をしっかり除去。
遊離残留塩素、濁り(雑菌・固形鉛など)、総トリハロメタン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、溶解性鉛、農薬(CAT)、カビ臭(2-MIB)、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン 、1,1,1-トリクロロエタン
鉄(微粒子状)、アルミニウム(中性)

これより安いモデルになると、除去物質が7+2になります。
コストは安くしたいと思いますが、除去物質は多い方が良いですね。

百聞は一見にしかずということで、さっそく台所の蛇口にクリンスイを取り付けて水を飲んでみましたが、これは普通においしい水になりました。
気になっていた、さまざまな臭みは全く感じなくなりました。

炊飯をしても、お茶などをいれても、ペットボトルのミネラルウォーターと遜色ないというか、違いがわからないぐらいです。

カートリッジは3ヶ月に1度交換しますが、これはAmazonの定期お得便で届けてもらうと、交換時期を忘れることなく、かつ安く購入ができます。

3ヶ月で1,969円と、1ヶ月650円程度でおいしい水が手に入ります。
ちなみにウォーターサーバーは、設置場所と電気代、諸手続きが気なるので一度も使おうとは思ったことがありません。

クリンスイ本体には交換時期がひと目でわかる液晶がついています。
まあ、3ヶ月でカートリッジ交換しちゃいますけど、液晶があるとどれくらいの水を処理したかわかるので便利です。

これまで2LのペットボトルのミネラルウォーターをAmazonやドラッグストアで購入していましたが、水を運ぶのが面倒で置くのが邪魔な反面、災害用の備蓄水としても使えるのがメリットでした。

災害が発生したら水道水が使えなくなる可能性が高いですよね。
そのため、常用の水は水道水をクリンスイで濾過した水を使うので良いとして、それとは別に備蓄用のペットボトル水をいくつか用意しておく必要があるのが面倒ですね。

最近の水道水はスペックが高いらしく、いくつかの匂いの問題はあったりするものの、下手なミネラルウォーターよりは味も品質も良いという話も聞きます。

それにしてもクリンスイは取り付けも簡単で、イニシャル&ランニング費用も安く、そして味も含めた性能も良くて、もっと早めに買っておけば良かったかなと思います。

これはAmazonの定期お得便と相性の良い、とても便利な商品ですね。
カートリッジを数回変えたら、本体ごと交換しちゃう人もいるそうです。
ほとんどノーメンテですが、1年〜1年半ぐらいで本体も替えたらもっと衛生的ですもんね。

もう重くて大きいペットボトルのミネラルウォーターを買う必要は(防災備蓄用以外では)なくなりました。
高性能な浄水器は、赤ちゃんや小さい子供が居る家庭、料理の味にこだわる方にもおすすめですね。

次は、クリンスイのシャワーヘッドが気になってきました。
肌がきれいになるかな…。(笑)

±0(プラスマイナスゼロ)のDCサーキュレーターB320を衝動買いしました

去年「kamomefan FKLR-231D」というDC(直流)モーター扇風機を買って、なかなか気に入って愛用していますが、先日、都内のとある家電量販店に行ったとき「±0(プラスマイナスゼロ)DCサーキュレーターB320」が在庫処分品となっていて、メチャメチャ安かったので衝動買いしました。

この製品は扇風機ではなくサーキュレーターです。
直接、人に風を当てるという用途ではなく、エアコンなどと併用して空気の撹拌に使います。

DCモーターを使ったサーキュレーターはあまり見たことが無く、通常のACモーターのサーキュレーターはだいたい普通は2,000~4,000円ぐらいで売っています。
はたして空気を撹拌するサーキュレーターに微妙な風量を制御するDCモーターが必要かどうかはちょっと微妙だとは思いますが、DCだから悪いってわけではないです。

±0(プラスマイナスゼロ)は2003年に設立されたシンプルなお洒落家電を作るメーカーで、なかなかコダワリのもった製品をいくつも出しています。

DCモーター搭載のサーキュレーターB320は、9段階の風量設定に加え、自然に近い強弱のある風で運転する「リズム風」も全ての風量で選べるなど、18種類の風を再現できる点が特徴。
風向きは、左右約80度、上向き約90度に対応して、DCモーターなので電気代も安いです。
DCモーターは超微弱の風を作るのが得意ですが、風量は最大出力にするとかなり強くて、最小から最大まで風量に不満はありません。
ON/OFFタイマーもあって、フル機能リモコンもついて、お値段は12,960円(税込)。

サーキュレーターとしてはなかなかいいお値段ですね。

しかし、これが1台限定でなんと「2,000円ポッキリ」だったので買わないわけがないですよね。

しかも2017年5月発売モデルですよ。もちろん1年保証付き。

で、家にはサーキュレーター代わりにもしているDCモーター扇風機 kamomefan FKLR-231Dがあるので、これは仕事場に持っていって使うことにしました。
羽根経が20cm程度と小さく、羽根も3枚なのですが、まあ扇風機として使っても大丈夫です。
さすがに3枚羽根なので、最大出力にすると凄い風の音がしますが、デスクではそんな風量は使わないのでOKです。
リズム風もあるので不快感も少ないです。

DC扇風機、サーキュレーターを使うのは2台目ですが、やはり低速回転で超微弱の自然っぽい風を作れるのはとても良いですね。
この夏は仕事場のデスクではUSB充電式ポータブル扇風機を使っていましたが、これからは「±0(プラスマイナスゼロ)のDCサーキュレーターB320」を活用しようと思います。

DCモーター扇風機/サーキュレーターは家庭にも仕事場にもオススメです。
それにしても、安かったな…。
Amazonやネット通販だけでなく、たまに家電量販店を見に行くのも楽しいですね。
(^^)

Amazonでリピってるもの ~ Amazonで買ったイイモノ

結構頻繁にAmazonで買い物をしていますが「常日頃買ってるものはなに?」という質問があったので一覧で載せておきます。
物によっては定期おトク便などにしておくと、値段も安いし買い忘れもないので便利です。


アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン レモン 500ml×24本
参考価格 2,052円 (86円/本) 2017年6月19日現在
レモン味の強炭酸水。
甘くなくて、サッパリします。
定期おトク便で購入はしていなくて、無くなりそうになったら冷蔵庫に設置してあるAmazon Dush Buttonを押して買ってます。


伊藤園 ウーロン茶 500ml×24本
参考価格 1,765円 (74円/本) 2017年6月19日現在
最初にウーロン茶をペットボトルにしたのは伊藤園だそうで。
常温でぬるくても、ゴクゴク飲めます。


ディアナチュラマルチビタミン 60日分 60粒
参考価格 498円 定期おトク便で15%OFF 423円 2017年6月19日現在
サプリの基本といえば、マルチビタミン!
1日1粒飲んでいます。


ディアナチュラスタイル亜鉛 60粒 (60日分)
参考価格 378円 定期おトク便で15%OFF 321円 2017年6月19日現在
活力維持に役立ちます!


ディアナチュラルテイン
参考価格 896円 定期おトク便で15%OFF 762円 2017年6月19日現在
目の疲れにどうぞ。


【精米】秋田県産 無洗米 あきたこまち 平成28年産 5kg
参考価格 2,280円 2017年6月19日現在
お手頃価格で、美味しく、そして使いやすい無洗米。


井村屋 えいようかん 5本
参考価格 412円 2017年6月19日現在
防災グッズ的な羊羮のわりには、下手なコンビニやスーパーに売っている羊羮よりも美味しい!


薬用 リステリン トータルケアゼロ マウスウォッシュ 1000mL 低刺激タイプ
参考価格 848円 定期おトク便で15%OFF 721円 2017年6月19日現在
歯医者さんもオススメなマウスウォッシュ。低刺激なのがいいです。


シック クアトロ5 チタニウム ホルダー (替刃2コ付)
参考価格 879円 定期おトク便で15%OFF 747円 2017年6月19日現在
ホテルなどにある使い捨てシェーバーって髭を剃るときあんなに痛いのに、なぜこれは痛みがないんだろうか?っていうくらいの切れ味。


ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ 245g
参考価格 303円 定期おトク便で15%OFF 258円 2017年6月19日現在
カミソリ負けを防いでバッチリ髭がそれる。


ダヴ ボディウォッシュ ピーチ & スイートピー ポンプ 500g
参考価格 459円 定期おトク便で15%OFF 390円 2017年6月19日現在
低刺激で保湿もバッチリなボディソープ。


ミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ 本体+ 詰替250ml キッチン用 (約250回分)自動ディスペンサー
参考価格 1,182円 2017年6月19日現在
電動ハンドソープがこの価格で買える。


MANDOM (マンダム) ロングキープジェル スーパーハード 225g
参考価格 364円 2017年6月19日現在
しっかり固まって、粉吹きなども少ないです。スプレーなどよりも使いやすい。


ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス<モバイル> 30mL
参考価格 225円 2017年6月19日現在
軽量コンパクトなジェル。カバンの中にいつも入れておいても気になりません。


アリエール 洗濯洗剤 ジェルボール リビングドライジェルボールS 詰め替え 352g(18個入)
参考価格 358円 2017年6月19日現在
洗剤はいろいろありますが、最近はこれがお気に入りです。簡単に使えますね。


【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 詰替用 880ml
参考価格 313円 2017年6月19日現在
どこにでも売っているものですが、ちょっと大きいので配達してもらえると楽ですね。


【第3類医薬品】塩化ベンザルコニウム 500mL
参考価格 273円 2017年5月26日現在
洋服や衣類の匂い消しにはこれ!詳しくはこちら


ブラウン オーラルB EB18-5-EL 替えブラシ ホワイトニングブラシ 5個入り 正規品
参考価格 1,882円 定期おトク便で15%OFF 1,600円 2017年6月19日現在
ブラウンオーラルBの替えブラシの中では比較的オトク。ホワイトニングもできるのでいいです。


ウェーブハンディワイパー 本体+1枚(ケ-ス付)
参考価格 296円 2017年6月19日現在
どこでも使えるハンディワイパー。一部屋にひとつ。

激安!! 1,000種対応 エアコン用ユニバーサルマルチリモコン ~ Amazonで買ったイイモノ

どこの家庭にも、1回は「妖怪リモコン隠し」が出たことがあると思う。

テレビやエアコンを使おうと思ってリモコンを探してもなかなか見つからない。

どこを見ても見つからない。
現代の神かくしですな。

特に暑い日にエアコンのリモコンが見つからなかったり、外出する間際に神かくしにあったら、イライラ度MAXですよね。(笑)

また、エアコンってつけたら寒い、消したら暑いとか、複数人で居たら、暑がりと寒がりでリモコンの奪い合いがあったりとか。

それならいっそのことエアコンの「マイリモコン」を持ってしまおうってことで、Amazonで調べてみると「1,000種対応 エアコン用ユニバーサルマルチリモコン」があった!

しかも、送料込みで95円とめちゃくちゃ激安!(2017年6月3日現在)
どうやって儲けてんだよwwww

手のひらサイズでかなり安っぽい!
でもうちのダイキンのエアコンでもちゃんと動く!

付属で電池はついてません。
単4エネループ2本が使えるそうです。
英語の簡易マニュアル付き。

動作は、電源のON/OFF、運転切り替え(自動・冷房・除湿・送風・暖房)、風量切り替え、温度調整、風向き設定、急速冷房、急速暖房、タイマーON/OFFで、だいたいの機能が使えますね。
時計もついてます。

しかもLEDライトがついているので、懐中電灯変わりになるって凄すぎない?
これは夜とか便利だわ。

使えるメーカーは、サンヨー(SANYO)、NEC、三菱電機(MITSUBISHI)、三菱重工、コロナ、富士通(Fujitsu)、シャープ(SHARP)、東芝(TOSHIBA)、日立(HITACHI)、ナショナル(National)、パナソニック(Panasonic)、ダイキン(DAIKAN)、サムスン(SAMSUNG)などの日本で使用されているエアコンの各主要メーカーに対応。

マニュアル(英語)とその他のメーカー一覧はこちらのPDFをご覧ください!

というわけで、これはかなりの絶品。
普段使いや予備にひとつ買っておくと良いですね。

オススメです。(^^)

歯がツルツルになる歯磨きセット ~ Amazonで買ったイイモノ

やっぱり歯が大事!ってことで、最近は歯医者さんへ定期検診しに行って虫歯などのチェックをしてもらっています。
一昨年ぐらいから歯ブラシはブラウン オーラルBという電動歯ブラシを使っていますが、やはりこれは秀逸ですね。

安いものでは充電式でも4,000~5,000円ぐらいで購入することができます。

こちらのBlogもご参照ください。
プラークコントロールができる電動歯ブラシ ~ Amazonで買ったイイモノ

いままではチューブ式の歯磨き粉を使っていましたが、歯医者からも薦められて「薬用 LISTERINE リステリン トータルケア」っていうのを使いはじめました。

かなり効果は高い感じがしましたが、かなりアルコールが強いというか、舌や口の中の刺激が強いです。

なので、効果はほとんど同じで、刺激の少ない「薬用 LISTERINE リステリン トータルケア ゼロ ノンアルコールタイプ」に切り替えました。

これは、
・歯石の沈着予防
・歯垢の沈着予防
・歯肉炎の予防
・口臭の予防
・ネバつきの予防
・着色の予防~自然な白い歯へ
など、みんなが気にしているお口の6つのトラブルを1本でトータルに守ることができます。

ノンアルコールタイプだと、かなり口の中への刺激も抑えられていて毎日使っても苦にはなりません。

通常、ブラウンの電動歯ブラシは2分ぐらいを目処に使うらしいのですが、ボクは時々10分ぐらいかけて1本1本丁寧にブラッシングします。
そうすると、まるで歯医者さんで歯石をとってきたばかりのような感じになります。
特に歯の裏のツルツル感が凄いです!

こう頻繁に長時間のブラッシングをするとブラシの交換タイミングも短くなるかと思いますが、この「ブラウン オーラルB EB18-5-EL 替えブラシ ホワイトニングブラシ 5個入り 正規品」だと1本あたり370円程度と安いです。

ブラウン オーラルB EB50-5-EL 替えブラシ マルチアクションブラシ 5個入り 正規品」だと1本あたり580円と相当高くなります。何故でしょうね?

あと、電動歯ブラシとスマートフォンをBluetoothで接続し、アプリでブラッシングの状態がわかる「ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラチナブラック 7000 Lite」も以前の半額程度の8,980円ぐらいになっているのでお買い得です。

あとはできればブラッシングの後は、デンタルフロス「クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本」を使えばかなり歯や口内が綺麗になると思います。

うーん、いまは会社などには普通の歯ブラシしか常備していないのですが、いい電動歯ブラシが安くなったので、会社や外出用にひとつ追加しても良さそうですね。
それにしても、電動歯ブラシは超オススメですよ!
(^^)

DCモーター扇風機を導入しました ~ Amazonで買ったイイモノ

数年前から流行っているDC(直流)モーター扇風機を買いました。
DOSHISHAd-design kamomefan FKLR-231Dというモデルです。

DCモーター扇風機は、従来のAC(交流)モーター扇風機と比べると、風量の少ない微風が送れる、ちょっと高級な扇風機。

うちはいままでエアコンのみを使っていたんですが、友人宅でエアコン+DCモーター扇風機、またはDCモーター扇風機のみを使っているのを体験して、なかなか良いなと思いました。

kamomefanは
・柔らかな羽根
・カモメの羽にヒントを得た、バイオミミクリー(生態模倣学)による羽根の設計
・DCモーターによる風量の細かな制御
などの技術で、優しい風を提供してくれます。

で、このDCモーター扇風機って、だいたい10,000円~30,000円前後とわりと高いです。
めちゃ安いものでも5,000円はします。

一方、普通の3段切替のACモーター扇風機って、家電量販店やホームセンターで2,000円前後からありますけど…ね。

DC(直流)モーター扇風機には
・ACモーター扇風機よりも弱い風が送れる
・ACモーター扇風機と同等の風量にしても、消費電力は約半分
・風量が微風から最大まで多段階に設定できる
・ゆらぎの風など多彩なリズム風が作れる
というメリットがありますね。

DCモーター扇風機の省エネのポイントは、コンピュータでモーターをきめ細かく制御していること。

簡単にいうと、ACモーター扇風機は羽根を回している間、ずっとモーターに電気を流しているけど、
DCモーター扇風機は、モーターの中の電磁石をプラスとマイナスに入れ替える一瞬だけ、コンピュータ制御で電気を流している、ということです。

こういうのがわかるとなんで省電力なのか納得できますね。

ただ、DCモーター扇風機は省エネではありますが、本体価格が下手すると10倍ぐらい違うので、単純なコストパフォーマンスだけを考えるとそう安くはありません。

それでも、自然のそよ風のような心地よい風を作れますし、エアコンと併用してサーキュレーター的にも使えます。
そして、リモコンもついていたり、風の細かな制御もでき、ものによっては縦横の首振りもできるので、これから扇風機を買うならDCモーター扇風機がいいかなって思います。

まあ、お風呂やサウナなどにある短時間だけ使う扇風機は、普通のAC扇風機で全然いいと思いますが。

というわけで、羽根のサイズが23cmと少し小さめのkamomefanを導入しましたが、なかなか使い勝手がいいです。
弱のエアコンと併用して使うと、空気が気持ちよく撹拌されて、居心地がいいですね。

個人的にはあまり寝る時に扇風機をつけるのは風邪をひきやすいので好きではありませんが、起きているときであれば扇風機兼サーキュレーターと季節を問わず使えるので便利です。

DCモーター扇風機、オススメです。
(^^)

「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと ~ Amazonで買ったイイモノ

「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

うがい薬と言えば「イソジン®」。
「イソジン®」は殺菌消毒成分であるポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とする消毒薬で、
細菌やウイルスまでを消毒するとのことで、月から戻ってきた宇宙船に付着している可能性のある未知の最近の消毒にまで使われているそうです。

1961年から2016年までは株式会社明治が「イソジン®」ブランドのうがい薬を発売してきました。
しかし「イソジン®製剤」の製造販売権をムンディファーマ株式会社へ移管したことで、株式会社明治は「イソジン®」ブランドの使用を終了しました。

そして株式会社明治は「イソジン®」と同じ成分の薬を、2016年4月1日より「明治うがい薬」およびシリーズ各製品(合計12品)として販売開始しました。

旧イソジン®には色々の種類の製品がありましたが、その中でもボクが気に入っていたのが「イソジン®泡ハンドウォッシュ」でした。
「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

これは「カラダのにおい、体臭をほぼ100%消す方法」にも書いてあるように、有効成分ポビドンヨードが手指、皮膚についたウイルスや細菌、真菌などを殺菌・消毒するもので、手術の際の傷の消毒、手術時の医者の手洗いなどにも使われているほど本格的なものです。

我が家ではこれをお風呂場に常備して、手を洗うのはもちろん、汗の匂いなどが気になる箇所を洗うときにも使っていました。

…が、一昨年ぐらいに「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が販売中止になり、どこに行っても購入できないようになりました。
明治にも問い合わせたりしましたが、諸般の事情で製造中止になり、再度売り出す計画は無いと聞きました。

「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が買えなくなったので、Amazonなどでイソジン®とほぼ同様の成分を持つ、業務用の「ポビドンヨードスクラブ液7.5%」などを買っていました。
「イソジン®泡ハンドウォッシュ」のほうが(当時はちょっと)安くてドラッグストアなどでも購入できたので、ちょっと不便になりました。

明治が「イソジン®」ブランドの取り扱いを辞めるニュースを見たとき、あまり感心というか「へー、そうなんだ」ぐらいの印象しかありませんでした。

しかし、インターネット新しい「イソジン®」及び「明治うがい薬」の製品ラインナップをみたときに驚きました。
なんと「諸般の事情で生産中止」となっていた「イソジン®泡ハンドウォッシュ」が復活しており、また明治からは「明治ハンドウォッシュ」という製品も出てきました。

もう二度と会えないと思っていた「ハンドウォッシュ」が復活したのです!
「明治うがいぐすり」vs「イソジン®」=競合の存在は良いこと

今後は明治とムンディファーマが販売を委託するシオノギヘルスケア(一般用医薬品)と塩野義製薬(医療用医薬品)で、切磋琢磨してうがい薬を作っていって、より良い製品を作っていって欲しいですね、と思っていたら、
「明治は2月9日、製薬会社2社が4月に発売を予定しているうがい薬のパッケージが自社のものと酷似しているとして、不正競争防止法に基づき、デザインの使用の差し止めを求める仮処分を裁判所に申し立てた。」
というニュースがあったようです。

ムンディファーマとシオノギが旧イソジン®で使っていたカバのイラストに告示したキャラクターを作って来たとか。
2015年には明治もカバの画像で商標を取っているみたいですね。

どちらかに味方するなら、明治のほうかなー?
「イソジン®の名前は売ったが、カバは売っていない、バカが」って言いたいところなんでしょうね。

なんかシオノギにも言い分があるのかもしれませんが、何かあんまりスマートなやり方では無いように思います。

どちらにせよ、ポピドンヨードを使ったハンドウォッシュはとてもいいので、ぜひ一度使ってみてください。
リピあり(^^)