意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.5 ~ Christina Aguilera (クリスティーナ・アギレラ)

2022年 9月 6日更新
2016年 2月10日作成

ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。


Christina Aguilera (クリスティーナ・アギレラ)

本名クリスティーナ・マリア・アギレラ。1980年12月18日、米国ニューヨーク州スターテンアイランドで生まれ。幼少期は父親の仕事の関係で、両親とともに世界各国で暮らし、そのうち3歳から6歳までは日本で過ごす。その後米国に戻り、ペンシルバニア州ウェックスフォードで育った。12歳から14歳までは、ミッキーマウスクラブに出演。後にスターとなるブリトニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイクらとも共演している。

1998年、ディズニー映画「ムーラン」の主題歌「リフレクション」のオーディションに合格しRCA レコードと契約。99年にデビュー・アルバム『クリスティーナ・アギレラ』をリリース。3枚の全米No.1シングル(1stシングル「ジニー・イン・ザ・ボトル」は5週連続1位)を生んだ本作品は78週連続全米アルバムチャート・イン、トータル・セールス1400万枚という大ヒット作となった。また、本作ではグラミー賞「最優秀新人賞」も獲得し、名実共に大ブレイクを果たした。
2001年、P!NK、Mya、Lil Kimら豪華女性アーティストの共演によって生まれた大ヒットシングル「レディ・マーマレード」でも圧倒的な存在感を見せつけ、02年にグラミー賞「ベスト・ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル」部門を受賞。破格の成功を手にし、その才能の輝きを世界に知らしめた。

 しかし本当の意味でクリスティーナ・アギレラの凄さ、素晴らしさを世界が知るのはここからになる。デビュー作の世界的成功を背景に、2 作目の制作イニシアチヴを獲得。マネージメントも変え、スタッフも自らのヴィジョンを実現させ、“自分”を貫くために吟味し、再構築を行った。そうして理解者となったリンダ・ペリーやサウンド面でのパートナーとなるスコット・ストーチなどを迎え入れ、02年に完成させた作品がセカンド・アルバム『ストリップト』。より過激で、より美しく、そしてより強靭であり、当時のクリスティーナ自身を投影した作品となった。その過激な表現は賛否両論、様々な反応を巻き起こすが、その作品からリリースされた4枚のシングルに込められた強いメッセージと、アルバム発売にともなうワールド・ツアーで魅せたパフォーマ−、そしてボーカリストとしての絶対的な実力で世界を圧倒。まさに、自らの力で世界を組み伏せていった。同作品に収録された彼女の代表曲である「ビューティフル」でも歌われているように、 “自分らしくあること”を世に問うその強く美しい姿はファンの共感を呼び、熱烈なファン・ベースを獲得。結果、作品は1000万枚のセールスを記録し、グラミー賞「最優秀ポップヴォーカル・パフォーマンス」部門を受賞。かくしてクリスティーナは“ポップ・アイドルとして作り上げられた姿”を脱ぎ捨てた“ありのままの自分の姿”を世界に認めさせ、真の意味でのシンガー、そしてアーティストとしての地位を完全に両立させた。

2006年、ワールド・ツアーで更に強固なものとなったシンガー/エンターティナーとしての実力、一段と磨きがかかったその美貌、そこにセカンド・アルバムで自ら勝ち得た自信とステイタスが加わった正に無敵のエンターティメント作品、サード・アルバム『バック・トゥ・ベーシックス』を発表。30年代~40年代の古き良きアメリカのグラマラスなイメージに現代的なクリスティーナの解釈を投影させた独自の世界観で統一された本作品は全世界15カ国でアルバム・チャート1位を記録。翌年はグラミー賞「最優秀ポップヴォーカル・パフォーマンス」部門を再び手にし、ワールド・ツアーを決行。超一流のエンターティナーへと見事に変貌を遂げたクリスティーナに世界中が感嘆の声を上げ、初の日本武道館公演会場では、あまりの感動に涙する女性の姿も多く見られた。

時に生々しいまでに世に自分の全てを曝け出し、時に世に痛烈な批判を受け、そして最終的には世に超一流のエンターティナーとして認めさせるに至ったクリスティーナ・アギレラの生き様。
2008年1月には愛息子マックスを出産したクリスティーナは、同年11月、デビューから10年分の魅力が詰まった初のべスト・アルバム『キープス・ゲッティン・ベター~グレイテスト・ヒッツ』を発表。
単なるヒット曲の寄せ集めではなく、“常に自分を開拓し、ポップスの新しい定義を作り上げてきた1人のアーティスト=クリスティーナ・アギレラの自叙伝でありアートそのもの”をベスト・アルバムで1つの形にしてその輝かしい第一章を総括したクリスティーナは、09年からニュー・アルバムの制作をスタート。1年以上の月日を費やし、完成を間近に控えたアルバム『バイオニック』。オリジナルとしては約4年振りとなる作品が2010年6月に世界中でリリースを迎える。
女性としても更なる深みを増したクリスティーナ。その魅力はいま正に頂点の輝きを放っている。

アギレラは過去7枚もアルバムを出している成功している一流アーティストだとは思うのですが、最近は音楽の活動が停滞しているような気がするので、あえてここに掲載しようと思います。

好きな曲は
1stアルバム「Christina Aguilera」の「Genie In A Bottle」「So Emotional」
2ndアルバム「Mi Reflejo」の「Genio Atrapado」「El Beso Del Final」「Pero Me Acuerdo De Ti」「Por Siempre Tu」
4thアルバム「Stripped」の「Can’t Hold Us Down」「Fighter」「Beautiful」「Cruz」「Stripped Part 2」「The Voice Within」
5thアルバム「Back to Basics」の「On Our Way」「Hurt」
6thアルバム「Bionic」の「Not Myself Tonight」「All I Need」「You Lost Me」
7thアルバム「Lotus」の「Your Body」です。

イチオシはAll I Need

続きを読む 意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.5 ~ Christina Aguilera (クリスティーナ・アギレラ)

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.4 ~ Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)

2022年 9月 6日更新
2016年 2月10日作成

ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。


Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)

ニュージャージー生まれ、メリーランド育ち。
4歳の時、スーパースターがテレビ出演しているのを観ていた時、「自分もどうしても参加したい」と、解体して中に入ろうとしたというエピソードを持つ。
10才の頃、あるミュージカルで役を得、それがディズニー・チャンネルの「ムーヴィー・サー ファーズ」への出演へと繋がる。
13才のとき、(彼女の一番のサポーターだという)母親は俳優業の可能性を求めてロサンゼルスへ引っ越す。
早速人気ティーン・ドラマ『Charmed』や『Sister Sister』への出演を決める一方、全米#1ヒットを記録した映画『バグズ・ライフ』では声優も務めた。
2000年、ジャ・ルールのUS#1ヒット「ビトゥイーン・ミー・アンド・ユー」でフィーチャーしたヴォーカルで一気に世界的な注目を浴びる。

2001年 にはブラッドシャイがプロデュースした「AM to PM」が全米シングル・チャートにて1位を記録、この大成功によってクリスティーナはアルバムのリリースに向けてレコーディングをはじめる。
同曲は日本でも大ヒット、UKを中心とするヨーロッパの国々でもTOPチャート入りを果たし、やがて彼女は夢にまで見た世界的なスターとなった。
2002年1月、アルバム『CHRISTINA MILIAN』を発表、各国でビッグ・セールスを記録する。
「幼い頃からマイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソンに憧れて育ったわ。彼らは世界を舞台にしたスーパー・スターだし、だから私にとって色んな国で活躍できるということは本当に大きな意味をもつことなの。私の音楽がこんなに多くの人に受け入れられるということで、もっと自信がついたし、誇りに思うわ」(2001年~2002年の間、世界17ヶ国を渡る)。
2002年、クリスティーナはMTVの大人気番組『Wannabes』のホスト役に抜擢され、この番組で映画監督のジョセフ・カーンに出会う。カーンはアイス・キューブ主演映画『Torque(トルク)』のオーディションを受けるように勧める。
この役を手にした彼女は、今度は『Love Don’t Cost A Thing』にニック・キャノンとの主演、また『Cheer Up』ではトミー・リー・ジョーンズとの主演のオファーを受ける。『Love Don’t Cost A Thing』がBOXチャートで初登場4位を記録して間もなく、95年のヒット映画『Get Shorty』の続編となる『Be Cool』で、ジョン・トラボルタとの主演を手に入れる。
日本にはブリトニー・スピアーズのオープニング・アクトとして、また自身の全国ツアーも含め、既に3度に渡って来日を果たしている。
大の日本好き&日本食好きで、”カルフォルニア巻きなんて寿司じゃないわよね”と語る日本通。

ヒット曲も多くて、一度は聞いたことがある、という曲も多いのでは?
しかしながら、2007年以降はアルバムを出しておらず、映画などの女優業のほうに力を注いでいるようですね

好きな曲は
2ndアルバム「It’s About Time」の「I’m Sorry」「Someday One Day」
3rdアルバム「ソー・アメイジン So Amagin’」の「Say I Feat. Young Jeezy」です。

イチオシはI’m Sorry

続きを読む 意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.4 ~ Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.3 ~ Brownstone (ブラウンストーン)

2022年 9月 6日更新
2016年 2月10日作成

ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。


Brownstone (ブラウンストーン)

ブラウンストーンは、マイケル・ジャクソンが設立したレーベルMJJ Musicからデビューした女性グループ。力強い歌声と美しいハーモニーに定評があった。

正直この曲がいい!っていうのはあまりないのですが、全体的にまったりとしたR&B感が好きでした。

好きな曲は
2ndアルバム「Still Climbing」の「Love me like you do」です。

イチオシは、Love me like you do

続きを読む 意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.3 ~ Brownstone (ブラウンストーン)

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.2 ~ Blaque/Blaque Ivory (ブラック/ブラック・アイボリー)

2022年 9月 6日更新
2016年 2月10日作成

ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。


Blaque/Blaque Ivory (ブラック/ブラック・アイボリー)

ボーカル担当のシャマーリ、ブランディとラップ担当のナティーナの3人から成るブラック・アイヴォリー。
NY、 L.A.と並んで重要な音楽都市、アトランタで結成されたこのグループの名前にあるBlaqueとは、”Believing in Life and Achieving a Quest for Unity in Everthing” から取ったもの。

人生を信じ、全てに結束を求め続ける、という意味と “Black”の発音を引っかけた造語だ。

名付け親は、彼女達を見つけだしたTLCのレフト・アイ。2nd アルバム「Crazysexycool」(1994)が世界中で大ヒット、ガールズ・グループの頂点を極め、ブラック・ミュージックの以降の流れを決定づけたTLCのメンバー、レフト・アイが設立したLefy Eye Productionからの第1弾アーティストとして1999年に輝かしいデビューを飾った。

「TLCのレフト・アイのお墨付きならそりゃいいんでしょう」って感じで期待ができたグループですが、いろいろトラブルがあって2001年に製作された2ndアルバム「Blaque Out」はリリースを見送られ、所属していたコロンビアレコードとの契約も解除されたそうです。

その後グループは解散となるのですが、2007年に再結成。
しかしながら、2012年にナティーナが事故死したとのことで、もう新しいアルバムは出ないでしょうね。

リリースが見送られたという2ndアルバム「Blaque Out」は、2016年時点ではAmazonプライムミュージックで聴くことができるようになっています!

好きな曲はファーストアルバム「Blaque Ivory」の「Bring It All To Me」。

オススメは、Bring It All To Me

続きを読む 意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.2 ~ Blaque/Blaque Ivory (ブラック/ブラック・アイボリー)

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.1 ~ Allure (アルーア)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

iTunesとiPodに7,000曲以上の曲を入れて喜んでいた時代もありました。

しかし現代では、さらに技術とサービスが進化して、Amazon Prime Musicでは100万曲、Apple Musicでは3,000万曲、Google Play musicでは3,500万曲もの楽曲をカンタンに聞くことができるような時代になりましたね。

こういうサービスを活用すれば、昔聞いていた楽曲にもすぐにアクセスして聞くことができますね。
そして、洋の東西を問わず、いつの時代もヒットを維持する歌手もいれば、一発屋で終わる歌手もいえば、なかなか伸び悩む歌手もいますね。

ここでは、ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。

読者の方の中には、「懐かしいね~」「あ~そういうアーティスト居たねぇ」と思われる方もいらっしゃるかも?


Allure (アルーア)

1997年にマライア・キャリーの設立レーベル、クレイヴ・レーベルの第1弾アーティストとしてデビューした、アリーア(Alia)、ラリーシャ(Lalisha)、アキーサ(Akissa)、ヘム・リー(Hem-Lee)の4人組女性 R&Bグループ。

1990年代初頭、ハイスクール時代の友人同士の集まりからグループを結成、その後トラック・マスターズのポークの目にとまり、当時 トラックマスターズがマライアのヒット曲を作っていたコネクションで、クレイヴ・レーベルと契約に至る。

グループ名は「魅力」「魅惑」といった意味で、この名にちなんでシャネルのフレグランス「Allure(アリュール)」がメンバーの共通の愛用品だという。
1997年4月にデビュー・シングル「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」(フィーチャーRapにはNASが参加)がビルボードR&Bチャート17位まででいくヒットとなり、その後3rdシングル「オール・クライド・アウト」はビルボードPOPチャートで4位、R&Bチャートは9位とゴールドとなる。

そしてデビュー・アルバム「アル-ア」はマライア・キャリーを始め、大物HIPHOP/R&Bアーティストが参加し、全米で約150万枚のセールスを記録。
その後はサントラ「ベストマン」「Woo」などに新曲を出している。
そして4年の沈黙の後、今年2001年MCAと契約。リード・トラック「エンジョイ・ユアセルフ」はKay Gee(元ノーティ・バイ・ネイチャーDJ)のプロデュース。

学生時代にかなりヘビロテで聴いたアーティストです。
あまり聞いていたという人を知らないので、一部の人のみ知っていたマニアックなグループだったようですね。

2010年にニューアルバムを出したとのことですが日本では発売されなかったようで、2016年2月時点ではアメリカのAmazon.comでもCDもMP3も買えないという幻のアルバムになっているようです。

好きな曲は
1stアルバム「Allure」の「All Cried Out」「The Story」「Last Chance」です。

イチオシの曲はLast Chance

続きを読む 意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.1 ~ Allure (アルーア)

音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.5 ~ SWV (エスダブリュヴイ)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

素晴らしい楽曲を世に出しながらも残念ながら消えていったアーティストがいる中、見事に復活した歌手やグループもいくつもいます。
グループだと解散、再結成して、メンバーが変わったりすることもありますが、それでも復活は嬉しいですね。

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.1~はこちら

ファンとしてはいつまでも新しい楽曲を生み出して欲しいです。

復活したアーティスト第5弾はSWV (エスダブリュヴイ)。


SWV (エスダブリュヴイ)

アメリカ・ニューヨーク出身の女性3人組R&Bグループ。1990年に結成された、90年代を代表する女性ヴォーカル・グループ。
1998年、ソロプロジェクトに専念するためとして一時解散したが、2005年に再結成した。米ウェブサイト “Rock on the Net” が選ぶ “Top 500 Pop Artists of the Past 25 Years(過去25年のトップ500アーティスト)”では100位にランクされている。

学生時代によく聞いたR&Bグループで、特に3rdアルバムの「Release Some Tension」はレコードで言うところの針が擦り切れるぐらい聞きました。
CDでしたけど。

4thアルバムはクリスマス向けのSpecial版なので、3rdアルバムが1998年に解散したときの実質的な最後のアルバムでした。

2005年SWVが再結成しニューアルバムを翌年発表する計画であると報じられたが、この時点ではボクは知らなかった。
2012年に5thアルバム「I Missed Us」が発売されるというニュースを見ると、この時まさに「生きとったんかワレ!」と嬉しい思いでした。

その後も精力的に活動しているようで、2016年2月には6thアルバム「STILL」を発売します。
今後も楽しみなアーティストですね。

好きな曲は
1stアルバム「It’s About Time」の「I’m So Into You」「Right Here」「Weak」「Right Here (Human Nature Remix)」
2ndアルバム「New Beginning」の「You’re The One」「Whatcha Need」「Use Your Heart」「Fine Time」「When This Feeling」「Don’t Waste Your Time」
3rdアルバム「Release Some Tension」の「Someone」「Release Some Tension」「Lose My Cool」「Love Like This」「Can We」「Rain」「Give It Up」「Come And Get Some」「Lose Myself」「Here For You」「Gettin’ Funky」
4thアルバム「A Special Christmas」の「This Christmas」
5thアルバム「I Missed Us」の「Co-Sign」「All About You」「Show Off Feat. A.X」「Everything I Love」「The Best Years」「I Missed Us」「Use Me」「If Only You Knew」です。

イチオシは、Rain

続きを読む 音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.5 ~ SWV (エスダブリュヴイ)

音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.4 ~ Trine Rein (トリーネ・レイン)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

素晴らしい楽曲を世に出しながらも残念ながら消えていったアーティストがいる中、見事に復活した歌手やグループもいくつもいます。
グループだと解散、再結成して、メンバーが変わったりすることもありますが、それでも復活は嬉しいですね。

ファンとしてはいつまでも新しい楽曲を生み出して欲しいです。

復活したアーティスト第4弾はTrine Rein (トリーネ・レイン)。


Trine Rein (トリーネ・レイン)

ノルウェーの歌姫と呼ばれたトリーネ・レイン。
1993年にファーストアルバム『Finders Keepers』をリリースしてソロデビュー。
ノルウェーで5週連続でチャート1位を記録し、人口400万人のノルウェーで20万枚をセールス。
時の人に。

1996年にはセカンドアルバム「Beneath My Skin」を、1998年にはサードアルバム「To Find The Truth」を発表。
その後は活動が控えめになって、もうトリーネ・レインは終わったのかなと思っていた所、
2010年に新作「Seeds of Joy」をiTunesとAmazon限定で発売!

この時まさに「生きとったんかワレ!」と嬉しい思いでした。

好きな曲は
1stアルバム「Finders Keepers」の「Just Missed The Train」「I Just Wanna Hold You」
2ndアルバム「Beneath My Skin」の「The State I’m In」「Torn」「Old Soul」「A Little More Of You」「Touch」「Slowly」「Never Far Away」
3rdアルバム「To Find The Truth」の「World Without You」「David」「Stars And Angels」「Blown Away」「My Disguise」です。

イチオシは、Just Missed The Train

続きを読む 音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.4 ~ Trine Rein (トリーネ・レイン)

音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.2 ~ Jordan Hill (ジョーダン・ヒル)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

素晴らしい楽曲を世に出しながらも残念ながら消えていったアーティストがいる中、見事に復活した歌手やグループもいくつもいます。
グループだと解散、再結成して、メンバーが変わったりすることもありますが、それでも復活は嬉しいですね。

ファンとしてはいつまでも新しい楽曲を生み出して欲しいです。

復活したアーティスト第2弾はJordan Hill (ジョーダン・ヒル)。


Jordan Hill (ジョーダン・ヒル)

1990年代に流行ったアメリカのシンガー。
ホイットニー、マライヤのデビュー時にも負けないクオリティをもっているとも言われて16歳でデビューしたのだけど、その後の消息は不明な感じ。

「Remember Me This Way」は映画キャスパーにも使われました。

1発屋で活動停止したのかと思っていましたが、2013年にアルバムを出すと発表していたようです。
ただ、このアルバムは出ていないようです。
しかしながら、オフィシャルサイトでいくつかシングルの新曲があがっているようですね。
http://www.jordanhill.net/

好きな曲は
1stアルバム「Jordan Hill」の「For The Love Of You」「How Many Times」「Make It Right」「Until The End Of Time」「Remember Me This Way」です。

イチオシは、How Many Times

続きを読む 音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.2 ~ Jordan Hill (ジョーダン・ヒル)

音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.3 ~ Meja (メイヤ)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

素晴らしい楽曲を世に出しながらも残念ながら消えていったアーティストがいる中、見事に復活した歌手やグループもいくつもいます。
グループだと解散、再結成して、メンバーが変わったりすることもありますが、それでも復活は嬉しいですね。

ファンとしてはいつまでも新しい楽曲を生み出して欲しいです。

復活したアーティスト第3弾はMeja (メイヤ)。


スウェーデンの歌姫と言われたメイヤ。
名曲「How Crazy Are You?」は、FMラジオでもヘビーローテションされていたので、聞いたことがある人も多いのでは?

2003年に出した「Mellow」から音楽活動を辞めたのかなと思っていたら、2010年には5thアルバム「Urban Gypsy」をiTunes Muisc Storeのみでアルバムを発売したりと、これまでとは違うニッチターゲットに向けたマーケティングを開始。
独自の路線で音楽を続けていますね。
(勝手に活動停止したと思っていただけかも?笑)

また、2010年にはジブリカバー集である「AniMeja Ghibli Songs」も出しました。
これも割りと良いです。

2001年5月、渋谷のSHIBUYA-AXであったライブに行って来ましたが、かなり素敵でした。

好きな曲は
1stアルバム「Meja」の「Welcome To The Fanclub Of Love」「How Crazy Are You?」「I Wanna Make Love」「I Didn’t Know」「Rainbow」「My Best Friend」「Daniellas Eyes」「April Love」「It Ain’t Over」「I’m Missing You」
2ndアルバム「Seven Sisters」の「Lay Me Down」「All ‘bout The Money」「Are You Ready?」「Beautiful Girl」「Intimacy」「Pop & Television」「Daughter Of Mornin’」「Lullaby Song」「Seven Sisters Road」「Do The Angels Have A Home?」
3rdアルバム「Realitales」の「Hippies In The 60’s」「Spirits」「Land Of Makebelieve」「Ready」「If (You Weren’t There)」
4thアルバム「Mellow」の「Kiss Me Again」
5thアルバム「Urban Gypsy」の「At The Rainbows End」「Chasing Butterflies」「Regrets (I Have None) (Album Version)」です。

イチオシは、All ‘bout The Money

続きを読む 音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.3 ~ Meja (メイヤ)

音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.1 ~ Ace of Base (エイス・オブ・ベイス)

2022年 9月 5日更新
2016年 2月10日作成

素晴らしい楽曲を世に出しながらも残念ながら消えていったアーティストがいる中、見事に復活した歌手やグループもいくつもいます。
グループだと解散、再結成して、メンバーが変わったりすることもありますが、それでも復活は嬉しいですね。

意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.1~はこちら

ファンとしてはいつまでも新しい楽曲を生み出して欲しいです。

復活したアーティスト第1弾はAce of Base (エイス・オブ・ベイス)。


Ace of Base (エイス・オブ・ベイス)

スウェーデンのヨーテボリ出身の音楽グループ。
女性2人のヴォーカルに男性2人というメンバー構成と、スウェーデン出身という共通点から、ABBAとよく比較される。
1990年代前半に「All That She Wants」が大ヒットして一躍有名になり、デビューアルバム「Happy Nation/The Sign」は全世界で2300万枚を売上げ、最も売れたデビューアルバムとしてギネスブックに載った。曲調はレゲエとテクノをミックスさせた、ポップで親しみやすいダンスミュージックである。

ブームと共に消え去るかと思われたが、2002年「ダ・カーポ」で復活を遂げ、もう終わりかなと思っていたら2010年に8年ぶりのアルバムをリリース。
2015年には未発表曲やシングルB面を集めたコンピレーションアルバム「Hidden Gems」を発売する。

…なかなか息の長いグループですね。

現在は、美人姉妹として話題を呼んだリン・バーグレンとジェニー・バーグレンはグループから脱退。
ヨーナス・バーグレンとウルフ・エクバーグのオリジナル・メンバー2人に、新しい歌姫を2人、ジュリア・ウィリアムソンとクララ・ハグマンを加えた編成となっています。

好きな曲は
1stアルバム「Happy Nation / The Sign」の「All That She Wants」「Don’t Turn Around」「The Sign」「Living In Danger」「Dancer In A Daydream」「Happy Nation」
2ndアルバム「The Bridge」の「Beautiful Life」「Never Gonna Say I’m Sorry」「Lucky Love」「Edge Of Heaven」「Angel Eyes」「My Déjà Vu」「You And I」「Experience Pearls」「Blooming 18」
3rdアルバム「Flowers / Cruel Summer」の「Life Is A Flower」「Always Have, Always Will」「Cruel Summer」「Travel To Romantis」「Dr. Sun」「Cecilia」「I Pray」「Tokyo Girl」「Don’t Go Away」「Captain Nemo」「Donnie」
4thアルバム「Singles of the 90s」の「C’est La Vie」「Always Have, Always Will」「Love In December」「Everytime It Rains」「Don’t Turn Around」
5thアルバム「Da Capo」の「Unspeakable」「Remember The Words」「Da Capo」「World Down Under」「Wonderful Life」「Hey Darling」
6thアルバム「The Golden Ratio」の「All For You (Radio Version)」「Doreen」です。

イチオシは、Never Gonna Say I’m Sorry

続きを読む 音楽活動停止?から復活した洋楽アーティスト Vol.1 ~ Ace of Base (エイス・オブ・ベイス)

デジタル系からグルメ、時事ネタまで、独断と偏見でお送りする勝手な実験サイト ひろふんじゃないよ ひろふぁんだよ