SUWADAのネイルニッパー(爪切り) ~ Amazonで買ったいいもの

知っている人は知っている、新潟県三条市にあるSUWADA(諏訪田製作所)
ここでは究極の爪切りを作っていて、指名買いする熱烈ファンも多いとか。

以前からうちにもニッパー型の爪切りがありましたが、ちょっと刃こぼれしてしまったので、値段は張りますがSUWADAのネイルニッパー(爪切り)を新調しました。

SUWADA スワダ 爪切り ネイルニッパー クラシックL *収納メタルケース付 全長120mm/刃先15mm

普通の爪切りでは爪を切ると「パチン、パチン」といった感じの音がしますが、このSUWADAのネイルニッパーはかなりの切れ味で「サクリ、サクリ」という感じで、爪を刃物で切り落とすって感じです。

かなり鋭利に切れるので、爪を切ったあとにヤスリで磨く必要も無いみたいです。

たかが爪切りに5,000円、7,000円は高い!っていう感じもしますが、メンテすればずっと使える道具なので、一家にひとつあってもいいかもしれませんね。

このSUWADAはいつCI(Corporate Identity)を変えたのかわかりませんが、以前からあるクリ剥きハサミとかのデザインは、ダサくて、田舎のメーカーっていう感じが残っています。

いまの爪切りは、シンプルでクール、モノトーンの本物の道具って感じのイメージがします。
やはりハイセンスで高級なブランドイメージがないと、高いものは売れにくいですよね…。

とうわけで、SUWADAのネイルニッパーはおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA