肩こりに効くシリコンカッピング ~ Amazonで買ったイイモノ

肩こりに効くシリコンカッピング ~ Amazonで買ったイイモノ

今年の秋、ジムで無理な負荷をかけてトレーニングをしたところ、背中から腰にかけて痛めてしまいました。

最初は背中や腰だけが痛かったのですが、次第に全身が痛くなってきてお尻や太ももやふくらはぎなども痛くてろくに歩くことも困難に…。
ズボンの後ろのポケットにサイフやスマホを入れて座っているだけでも痛くなり、本当に困りました…。

そういうわけで、数週間接骨院やマッサージに通っていましたが、一向に良くなる気配がありませんでした。

しばらくして都内のあるスポーツ選手の治療に強い鍼灸マッサージに通って骨盤矯正などしたところ、かなり痛みが緩和されて治ってきました。
カラダって全部つながっていて、一部が悪くなるとそこをかばうようにして、他に部位にも影響がでるそうですね。

そこで治療方法のひとつとして実施されたのがカッピング。

カッピングは吸い玉とも呼ばれているもので、エステでやられているのを雑誌などで見たことがありました。
調べてみると、リオデジャネイロオリンピックで21個目の金メダルを取ったアメリカの競泳のマイケル・フェルプス選手やハンマー投の室伏広治選手、マドンナなどのセレブも使っているそうです。

中国や中東などの東洋医学で、ツボや痛みのある箇所の皮膚にガラスなどの容器使って真空に近い状態にして吸引します。
真空にするために、火や機械などを使います。

マッサージなどは揉む、撫でる、押すなどと、外部からカラダに圧力をかける行為がほとんどですが、押すとは逆に吸う、引っ張る施術というのはなかなかありません。

カッピングをすると毛細血管が拡張して、内出血状態になります。
肌に丸い痕が残りますが、痕の色が濃いほど状態が悪くうっ血しているとか。

まあ、痕はだいたい3日~1週間ぐらいで消えて元に戻ります。

こういうカッピングって鍼灸院やエステなど専門店でしかできないのかなって思い込んでいましたが、どうやらシリコンでできたものが普通に売っているそうで、Amazonでみたらありましたよ。
買ってみて実際に試してみました。

ボクの場合は肩こりと、キーボードやマウスを使う腕橈骨筋などが痛いのですが、これが思ったよりも効果がありそうです。
張りが無くなって慢性的な痛みが和らいだ感じです。

シリコンでできたものですが、ちゃんとくっつけると我慢できないぐらい非常に痛く、しっかり痕が付きます。
火も電気も使わないので、どこでも誰にでも使えてノーメンテナンス。
仕事をしながらでも使うことができます。

カッピングは西洋医学的には効果が立証されておらず、プラシーボ効果ではないかとも言われていますが、個人的には痛きもち良くてなかなか好きです。

お灸もわりと好きなのですが、お灸は「火を使う」「匂いが出る」「コストが高い」とあまり手軽ではありません…。

その点、シリコンカッピングはすごく手軽ですし、手のひらサイズなので職場や旅行などにも気軽に持っていけます。

あと、女性だとサウナの中で使っている人もいるとか…。
サウナでカッピングは一度やってみたいですね。

ずっと使えるのでコスパも抜群です。
肩こりなどある人にはオススメです。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA