メインスマホをMoto Zに変更しました

メインスマホをMoto Zに変更しました

メインで使っているAndroidスマートフォンを機種変更しました。
Google(Motorola)のNexus6 から Motorola の Moto Zという機種にしました。

Nexus6は2年半ぐらい使っていて、その間に1度電池を交換しましたが、再度バッテリーの持ちが悪くなってきました。
また、買ってから一度もリセットしていないせいもあって、カクつくことが多くなってきました。

そして、ピュアAndroidであり、リファレンスAndroidでもあるNexusといえども、セキュリティパッチのアップデートが2017年10月で切れてしまうという事態…。
ということで、そろそろ新しい端末を探さないと…ということで機種変をしました。

機種変と言っても、MotoZをAmazonで買って、SIMを差し替えただけですけど。

MotoZに決めたのは、AmazonのCyber Monday サイバーマンデー 2017というセールで安かったから。笑
これが決め手というのは冗談ですが、ピュアAndroidに近いメーカー国内正規品スマホというのが良かったです。

Nexus6とMotorolaつながりっていうのはあまり重きを置いてはいませんでした。

その他の候補だったのは、
ASUS Zenfone4 Pro
ASUS Zenfone4
Google Pixel 2 XL
Google Pixel XL
です。


各端末のコメントは
ASUS Zenfone4 Pro 性能はいいけど、少し高価(92,000円程度)なのと、独自UIが少し苦手。
ASUS Zenfone4 性能はボチボチだけど、独自UIが少し苦手。値段は60,000円弱と許容範囲内。
Google Pixel 2 XL 性能は最高だけど、日本国内で使えるLTEの電波が少ない。総務省の技適に対応していない。少し高価。
Google Pixel XL 少し古いけど性能はGood。総務省の技適に対応していない。ちょっと高価。
という感じでした。

Nexusを使っていたこともあって「次はPixelでしょ」と思ったけど、日本向けのPixel 2が全然発売されない。
技適は取って無くても実質的な害は無いけど、一応違法というかグレーだし、Pixel 2 XLは 何より日本で使える電波が少ないのは致命的。

Pixelなどを買うとしたらAmazonかExpansysという海外からの輸入代行業者経由になるけど、実質的に無保証に近いのもツライところ。

そうこう見ていると、MotorolaのMoto Zはなかなか悪くない。

Nexus6は6インチ(5.96インチ)だけど、正直少しサイズが大きすぎる。
なので、もう周り小さなスマホがいいなと。

◯ポイント
・ハイクラスなQualcomm® Snapdragon™ 820 プロセッサ搭載
・次第点な4GBメモリ
・許容範囲内の64GBストレージ
・Antutuベンチマーク 130,000 Over
・薄型5.19mm厚
・軽量134g
・有機EL 5.5インチと適度なサイズ
・QHD(2,560×1,440)/535ppiと高精細
・充分なLTEバンドに対応
・DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応
・指紋認証
・素のAndroidに近い必要最低限のすっきりソフト
・フラッグシップモデルとしては比較的安価(48,764円)
・Moto Mods™というマグネットを使った着せ替えでスマートフォンが変身

×ポイント
・バッテリー容量が2,600mAhと少ない
・Motorolaブランドはいいけど、中華スマホ(Lenovo)と言われると微妙
・指紋認証とホームボタンが別
・ちょっと型落ち

という感じですが、値段も安いし、少し型落ちだけど性能はそこそこでAntutuベンチマークもかなり高め。
っということで、Amazonでポチりました。

メーカー モトローラ・
モビリティ
Google
モトローラ・
モビリティ
機種名 Moto Z Nexus6
カラー ブラック
ホワイト
ブラック/ゴールド
ダークブルー
クラウド ホワイト
発売日 2016年10月中旬 2014/12/11
標準価格 92,664円 32GB/75,170円
64GB/85,536円
実質販売価格 49,800円 32GB/75,170円
64GB/85,536円
CPUスペック Qualcomm®
Snapdragon™ 820
プロセッサ
Qualcomm® Snapdragon™ 805
プロセッサ
bit数 64bit 32bit
CPU周波数 2.2GHz 2.7 GHz
CPUコア数 クアッドコア(4コア) クアッドコア(4コア)
GPU Adreno 530 Adreno 420
内部メモリ (RAM) 4GB 3GB
内部ストレージ(ROM) 64GB 32GB/64GB
外部メモリ microSD
microSDHC
microSDXC
(最大2TB)
Antutu Score 133,248 53,159
OS Android 7.0
Nougat
Android™ 7.1.1
OSアップデート
サイズ(mm) 75.3×155×5.19 mm 82.98×159.26
×10.06 mm
重量 134g 184g
ディスプレイ
サイズ
5.5インチ 6インチ
(5.96インチ)
ディスプレイ QHD
2560 x 1440
QHD
2560 x 1440
解像度 535ppi 493ppi
ディスプレイ
種類
AMOLED
ディスプレイ
AMOLED
ディスプレイ
連続通話時間 約30時間 24時間
連続待受時間 約243時間 330時間
バッテリー容量 リチウムイオン
2,600mAh
リチウムイオン
3,220mAh
カメラ 13 メガピクセル 13 メガピクセル
カメラライト デュアル LED
リング フラッシュ
絞り値 f/1.8 f/2.0
手ぶれ補正 光学式 光学式
HDR
動画撮影 4K / 30 fps 4K / 30 fps
インカメラ 5 メガピクセル 2 メガピクセル
おサイフケータイ
テレビ放送
赤外線通信
SIMフリー SIMフリー SIMフリー
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM
LTE Band 1 2.1GHz(2GHz)
LTE Band 3 1.8GHz(1.7GHz)
LTE Band19 800MHz
LTE Band21 1.5GHz
LTE Band28 700MHz
W-CDMA Band1 2.1GHz(2GHz)
W-CDMA Band6 800MHz
W-CDMA Band9 1.7GHz
W-CDMA Band19 800MHz
対応バンド GSM / GPRS / EDGE
(850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS / HSPA+
B1/B2/B4/B5
/B8/B19 (B6を含む)
4G LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/
B8/B12/B17/B19/B20/B25
/B28/B38/B40/B41)
北米
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
CDMA バンドクラス: 0 / 1 / 10
WCDMA バンド: 1 / 2 / 4 / 5 / 8
LTE バンド: 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 12 /
13 / 17 / 25 / 26 / 29 / 41
CA DL バンド: B2-B13、B2-B17、B2-29
B4-B5、B4-B13、B4-B17、B4-B29
その他の国:
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
CDMA: 非対応
WCDMA バンド: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19
LTE バンド: 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 9 / 19 / 20 / 28 / 41
CA DL: B3-B5、B3-B8
通信速度(下り) 600Mbps 150Mbps
通信速度(上り) 150Mbps 50Mbps
VoLTE
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
10台まで
Wi-Fi
Bluetooth
USB
10台まで
海外対応 SIMフリー SIMフリー
Wi-Fi 802.11a/ b/g/n/ac
2 x 2(MIMO)
802.11 b/g/n/ac
2 x 2(MIMO)
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
NFC
センサー 指紋認証
加速度計
ジャイロスコープ
コンパス
近接センサー
ホール効果センサー
環境照明センサー
センサーHub
GPS
加速度計
ジャイロスコープ
磁力計
周囲光センサー
気圧計
コネクタ USB TypeC microUSB
防水 撥水ナノコーティング³ IPX5/7
緊急地震速報
文字入力 Google日本語入力 Google日本語入力
その他   Qi ワイヤレス充電

MotoZは薄くて、サクサク動いて、なかなか良いです。
Nexus6より一回りコンパクトになって、薄くて取り扱いしやすいです。

願わくばZenfoneのように「戻る」「ホーム」「履歴」が画面の外にあったほうが良かったのと、ホームボタンと指紋認証が同じなら良かったですが…。
つまり、ハードウェア的にはZenfoneが良かったのですが、ZenfoneオリジナルのZenUIってイマイチ好きではありません。

いつもの定番アイテムとして愛用しているASDEC/防指紋/気泡消失/映り込み防止/アンチグレアフィルムも綺麗に貼れて、Amazonで探したTPUケースも良い具合で良かったです。

満点というわけでは無いですが、80点ぐらいの端末で概ね満足しています。

と、このブログを書いていたらGoogleのPixel 2 XLが公式サイトで購入できるようになっているのを発見しました。(以前は購入できなかった)

Google Pixel 2 XLは技適問題とLTEバンドだけが残念なので、GoogleさんにはPixel3が出す時は日本向けにチューニングをお願いしたいと強く思うのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA