カーインプレッション BMW M5 (E60)

BMW-M5-E60
世界最速の4ドアセダンのひとつ。
AMGやポルシェ・パナメーラなど大馬力セダンは他にもあるが、V型10気筒自然吸気エンジンを搭載したセダンはM5のみ。

同じV10エンジンを搭載するポルシェ・カレラGTやランボルギーニ・ガヤルドなどのスーパーカーと比べれば、エキゾーストノートも比較的大人しいが、M5は実用性のある4ドアセダン。

セダン+V10は、ある意味究極の一台。
一見すると、普通のBMW。羊の皮を被った狼とはこのクルマのことを言うのだろう。

BMW5シリーズは既にフルモデルチェンジ(F10)をし、2010年9月現在、M5はラインナップされていない。
近々に発表される新M5(F10)は、550psを超えるV型8気筒4,400ccのツインターボモデルになるという。
新5シリーズはシャーシコンポーネンツを7シリーズと共有しているため、ボディが大きすぎる。
だからボクは、先代のE60のほうが好きだ。先々代のE39も好きだが。

しかし、同じ加給エンジン(ターボ)を搭載しているアルピナB5とは(エンジン面で)、どう差別化するのだろうか?
※もっともアルピナはアルピナの味があるので、差別化はできると思うが・・・。
※アルピナB5(F10)は、先代(E60)のB5S(スーパーチャージャー)からパワーも最高速度も落ちているが、どうしたものか・・・。

さて、話はM5(E60)に戻るが、やはり一番の特徴は、507psを出力するV型10気筒自然吸気の5,000ccエンジン。
重いボディをものともせずにレーシングカーのように加速する。

トランスミッションは、時代を感じさせるシングルクラッチの7速SMG-IIIセミAT。
最新のダブルクラッチトランスミッションと比べると、あまりの変速ショックに悲しくなるが、コツをつかめば多少はスムースに乗れる。

通常のBMW5シリーズで採用されているアクティブステアは装着されず、ごく自然なステアリングフィールを提供してくれる。
非常にファットなタイヤを履きながらも、その乗り心地は先代(E39)のMスポーツよりも良い。

一番のネガティブポイントはガスイーターなことだろう。
市街地走行で4km/lなどは普通。
大排気量でガソリンをまき散らして走るクルマの時代は終わるのだろう。
しかし、V型10気筒エンジンの魅力は忘れることができない。

E60 M5の最終的な価格は1,410万円と高額なものであった。
しかし、リセールバリューの悪いM5は、逆にいうと中古で買えば非常にオトクとも言える。

維持費は高いだろうが、2014年10月現在、56,000kmしか走行していない中古車が、正規ディーラーで289万円という特価で買えるとは驚きだ。

とりあえず、ボクが一番欲しいクルマのひとつである。
いつか買う。

あ、どこかにお金持ちの方がいらしたら、左ハンドル、室内アルミパネルのモデルをください。
※右ハンドルのモデルは、とりあえずハンドルだけ右につけました的で、色々と運転がし辛いのでNGです。

P.S.E39のM5のプロモーションビデオは最高です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA