意外とヒットしなかった洋楽アーティスト Vol.4 ~ Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)

ボクが好きな歌手で「結構いい曲出しているのに、意外とヒットしなかったなぁ」という復活希望の歌手、グループ、アーティストを紹介していきます。


Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)

ニュージャージー生まれ、メリーランド育ち。
4歳の時、スーパースターがテレビ出演しているのを観ていた時、「自分もどうしても参加したい」と、解体して中に入ろうとしたというエピソードを持つ。
10才の頃、あるミュージカルで役を得、それがディズニー・チャンネルの「ムーヴィー・サー ファーズ」への出演へと繋がる。
13才のとき、(彼女の一番のサポーターだという)母親は俳優業の可能性を求めてロサンゼルスへ引っ越す。
早速人気ティーン・ドラマ『Charmed』や『Sister Sister』への出演を決める一方、全米#1ヒットを記録した映画『バグズ・ライフ』では声優も務めた。
2000年、ジャ・ルールのUS#1ヒット「ビトゥイーン・ミー・アンド・ユー」でフィーチャーしたヴォーカルで一気に世界的な注目を浴びる。

2001年 にはブラッドシャイがプロデュースした「AM to PM」が全米シングル・チャートにて1位を記録、この大成功によってクリスティーナはアルバムのリリースに向けてレコーディングをはじめる。
同曲は日本でも大ヒット、UKを中心とするヨーロッパの国々でもTOPチャート入りを果たし、やがて彼女は夢にまで見た世界的なスターとなった。
2002年1月、アルバム『CHRISTINA MILIAN』を発表、各国でビッグ・セールスを記録する。
「幼い頃からマイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソンに憧れて育ったわ。彼らは世界を舞台にしたスーパー・スターだし、だから私にとって色んな国で活躍できるということは本当に大きな意味をもつことなの。私の音楽がこんなに多くの人に受け入れられるということで、もっと自信がついたし、誇りに思うわ」(2001年~2002年の間、世界17ヶ国を渡る)。
2002年、クリスティーナはMTVの大人気番組『Wannabes』のホスト役に抜擢され、この番組で映画監督のジョセフ・カーンに出会う。カーンはアイス・キューブ主演映画『Torque(トルク)』のオーディションを受けるように勧める。
この役を手にした彼女は、今度は『Love Don’t Cost A Thing』にニック・キャノンとの主演、また『Cheer Up』ではトミー・リー・ジョーンズとの主演のオファーを受ける。『Love Don’t Cost A Thing』がBOXチャートで初登場4位を記録して間もなく、95年のヒット映画『Get Shorty』の続編となる『Be Cool』で、ジョン・トラボルタとの主演を手に入れる。
日本にはブリトニー・スピアーズのオープニング・アクトとして、また自身の全国ツアーも含め、既に3度に渡って来日を果たしている。
大の日本好き&日本食好きで、”カルフォルニア巻きなんて寿司じゃないわよね”と語る日本通。

ヒット曲も多くて、一度は聞いたことがある、という曲も多いのでは?
しかしながら、2007年以降はアルバムを出しておらず、映画などの女優業のほうに力を注いでいるようですね

好きな曲は
2ndアルバム「It’s About Time」の「I’m Sorry」「Someday One Day」
3rdアルバム「ソー・アメイジン So Amagin’」の「Say I Feat. Young Jeezy」です。

イチオシはI’m Sorry


Someday One Day

Say I Feat. Young Jeezy


Allure (アルーア)
Blaque/Blaque Ivory (ブラック/ブラック・アイボリー)
Brownstone (ブラウンストーン)
Christina Milian (クリスティーナ・ミリアン)
Christina Aguilera (クリスティーナ・アギレラ)
Cleopatra (クレオパトラ)
Eternal (エターナル)
Fergie (ファーギー)
Ke$ha (ケシャ)
LeToya (ラトーヤ)
Natalie (ナタリー)
Stacie Orrico (ステイシー・オリコ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA