朝までやっている立ち食い系そば+居酒屋 ~ 御徒町 そば助 御徒町店

朝までやっている立ち食い系そば+居酒屋 御徒町 そば助 御徒町店
朝までやっている立ち食い系そば+居酒屋 御徒町 そば助 御徒町店
朝までやっている立ち食い系そば+居酒屋 御徒町 そば助 御徒町店

結構遅めの時間に御徒町に来た。
なにか麺類が食べたくなったので、御徒町ラーメン横丁で「蒙古タンメン 中本」か「なんつッ亭」にでも行こうと思ったのだけど、結構重たい気がして、他の店をさがすことに。

富士そばみたいなチェーン店系の立ち食いそばはあまり食べる気がしないのですが、ふと目についた「そば助」というのはなんだか目新しい感じ。

お店はちょっと変わった雰囲気で、座って食べられる立ち食いそばのようにも、ラーメン屋のようにも、立ち飲みっぽい居酒屋のようにも見えます。

メニューも変わっていて、メインの蕎麦は、醤油を使わない「塩出しそば」とのこと。
なので、塩だしそば+天ぷら+玉子にしました。
値段は確か合計700円ぐらいだったので、普通の立ち食いそばよりは高めというところでしょうか。

ほどなくして出てきた蕎麦は、見た目はわりと普通ですが、ダシの色がちょっと薄いですね。

まずは汁を飲んでみると「ほー」という感じです。
これまでに食べたことがない新鮮な味です。

醤油を使っていないとのことで、あまり旨味が無いかなと思ったのですがわりと味が出ています。

そばは立ち食いそばレベルですね。
結構伸びた感じというか、やわらかくてコシが無いです。

テーブルに置いてある「そば助の正しい食し方」という食べ方ガイドを見ると、途中から「激辛・ごま唐辛子(赤い壺)」を入れることが勧められています。
激辛・ごま唐辛子を入れてみると、相当辛くなって、もはや普通のそばではなくなりました。

ついで「ニンニクたれ(黒い壺)」を入れてみると、もう本当に蕎麦なのかラーメンなのかなんなのかわからなくなります。

もちろん麺はそばなのですが、新しい味の探求というよりは、ちょっとゲテモノ系orキワモノ系に思いました。
塩出しは悪くはないのですが、究極かと言われれば…ちょっと難しいかもしれないですね。

最後に「ちょい飯」(50円)というライスをもらって、そばの汁をおじやのように食べるのですが、まあ、これもかなり変わっていて「う、うーん」という感じでしょうか。(笑)

まあ、朝までやっていますし、居酒屋として使う人もいるようなので、一度ぐらいは伺ってみても良いかもしれないですね。
蕎麦(麺)がもう少し美味しくなれば、良いのですが…ね。

変わった蕎麦が食べてみたければ、リピありかもしれません。(^^;)

そば助 御徒町店

夜総合点★★★☆☆ 3.1

関連ランキング:立ち食いそば | 御徒町駅上野広小路駅仲御徒町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA