チェーンではない牛丼専門店 ~ 上野 牛の力

チェーンではない牛丼専門店 ~ 上野 牛の力

平日のやや遅い時間に上野に来た。
この辺は繁華街があるのでいろいろ食べるお店があると思いきや、21時を過ぎたりすると閉店している店が多くて、評価が高くて美味しそうなお店はラーメン屋ぐらいなんですよね。

毎回毎回ラーメンというのも飽きますから、たまにはゴハンものを探しました。
そういえば、上野の駅前に行ったことがない牛丼屋があるのを思い出しました。

ここ「牛の力(ぎゅうのちから)」は国産牛を使っているという、ちょっとこだわりのあるお店です。
まあ、国産牛であって、和牛ではないのですけどね。

こちらは初めてなので、ベーシックな「東京牛丼」の並と玉子を食べることにします。
牛丼並は600円ですから、価格は吉野家などと比べると1.5倍ぐらいでしょうか。

ボクはたまにしか味噌汁を頼まないのですが、こちらは標準でお吸い物が付属しているみたいですね。

券売機で食券を買ってお店の人に渡します。
吉野家などと比べると、料理が出てくるまでに少し時間がかかりますね。

ほどなくして出てきた牛丼は、牛肉と玉ねぎだけのシンプルなビジュアルです。
一口食べてみると、想像よりも肉がしんなりと柔らかいですね。

肉の味よりもタレの味のほうが立っていますが、そもそも600円の街の牛丼専門店に激ウマな肉を求めるのは酷ではないでしょうか。
タレは結構甘めですが、天然醸造蔵の天然醤油などを使っていたりします。

甘めでに少しクドイ感じがあるので、玉子を入れたほうが美味しく頂けますね。

お吸い物は結構チープな味がします。

変わっているなと思ったのが、生のニンニクが置いてあって、ニンニク絞り器を使って牛丼に入れます。
ラーメン屋ではニンニク絞り器が置いてあるところをたまに目にしますが、ラーメン屋以外で見るのは初めてではないでしょうか。

ラーメンにドバドバと結構な量のニンニクを入れても(絞り器で換算すると、ニンニク2片ぐらいでしょうか)、割りとスープは飲めちゃう感じですよね。
しかし、生のニンニクをダイレクトに直接食べるとかなりキます。
むせるぐらいの辛さと、臭い香りが口の中に広がりますね。

まあ、こちらの牛丼とそこそこマッチしているので味は悪くはないのですが、これは人と会う前や仕事の途中では食べられませんね。

この牛丼は特別コストパフォーマンスが良いという訳ではないのですが、数少ないチェーンでは無い牛丼専門で、全体的にわりと美味しく食べられました。

次は、白牛丼というバターなどが入ったモノを食べてみたいと思います。
リピあり。(^^)

牛の力

夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:牛丼 | 京成上野駅上野駅上野御徒町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA