綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 台湾点心料理 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店

綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店
綺麗で上品で人気のある小籠包 ~ 東京駅 鼎泰豊(ディンタイフォン) 東京八重洲口店

今日は東京駅でランチ。
久しぶりに小籠包でも食べたいなと思っていたら、鼎泰豊(ディンタイフォン)が東京駅八重洲口にあるのを思い出しました。
むかしよく汐留などにある鼎泰豊に行ってたんですよね。

鼎泰豊 東京八重洲口店は、2015年12月にできたばかりの「鉃鋼ビルディング」の地下にある「TEKKO avenue」という施設内にあります。
東京駅からだけでなく、大手町駅や日本橋駅からもアクセスが良いです。

伺ったのは休日のお昼。
厳密には東京駅から少しだけ離れているのであまり混んでいないかな?と思ってこのビルの地下に降りてみると案の定やや閑散とした雰囲気のフロアでした。
ナチュラルローソンなどは休日とはいえ真っ昼間なのにシャッターを降ろしてしまってしまっていますからね。

と、他のお店はかなり空いているのですが、鼎泰豊だけはちょっと例外でお店の前に8名ほどの行列ができていました。
「約20分待ち」と案内がされています。
なかなか人気があるんですね。

一瞬他のお店に行こうかと迷いましたが、待つことにしました。
結局25分程度待って、店内に案内されました。

「カウンターならすぐにご案内できますが…」ということなのでカウンターに座ります。

玄関近くには、小籠包などを手作りで作っているのが見えるスペースがあります。

店内は明るく、そして綺麗で清潔感があります。
その辺の街の中華料理屋とは一線を画しますね。

カウンターも席と席の間隔が広いので、窮屈感は全くなくゆっくりとくつろげます。

注文するメニューは決まっていて、以前より良く食べていた「えび入りチャーハンセット」(1,644円)をオーダーしました。

まずはポットに入ったジャスミン茶が出てきて、自分で湯のみに注ぎます。

セットの内容はえび入りチャーハンと小籠包が4つ、それに小皿とスープです。
これで1,644円は高いような気もしますが、内容を考えると、まあ絶妙な価格設置とも言えるかもしれないです。

あまり待つこと無く小籠包が登場。

たっぷりのショウガが入った小皿に酢醤油を入れます。
そして、せいろから小籠包をそっと取って、酢醤油につけ、ショウガを乗せつつ、レンゲで一口で食べます。

口の中に熱いスープがジュワっと広がりますね。
ボクは猫舌ではないので一口で一気に食べちゃいますが、人によっては火傷しちゃうかもしれませんので注意して食べましょう。

うーん、本当に久しぶりに食べましたがなかなか美味しいです。
正直に言うと「これは最高に旨い小籠包だ!」とは言えないかもしれないですが、十分に美味しいと思います。

チャーハンが出てくるタイミングがもう少し早ければ嬉しかったですが、やはり小籠包は熱々のうちに食べたほうが良いので、チャーハンが出てくる前に4つ全部たいらげてしました。

お次はえび入りチャーハンです。
これまた相変わらずプリップリの大きめのエビがゴロゴロと入ったチャーハンですね。

お米もわりとパラリとしています。
ゴハンは結構満足できる量で結構お腹いっぱいになりました。

まあ正確にいうと、エビは冷凍モノですし、全体的に化学調味料の味付けが舌に残る感じです。
が、まあ、チェーン店の点心ってこんなもんだなと思ってあまり期待せずに食べると、ソコソコのレベルに納得できるかなと思います。

ワカメスープは中華らしい感じではありますが、ややチープな感じも否めませんね。

平日はビジネスランチというメニューがあって、五目チャーハンと小籠包(4つ)のセットが1,200円で食べられます。
このえび入りチャーハンのランチのセットは平日も休日も同じ値段ですね。

と、鼎泰豊にはちょっと思い出補正が入っているのですが、なかなか満足できました。
ランチの値段としてはちょっとお高めではありますけどね。

鼎泰豊は高島屋の子会社が運営しているようですね。
東京には9店舗、あとは大阪や名古屋、横浜、仙台、福岡、京都、熊本にあります。
ということで、上記以外の地域には無いので、東京駅での食事の選択肢のひとつとして入れておいても良いかもしれません。

夜は2名以上であれば1人4,000円程度からのコースもあるので、肩に力を入れずにわりと手軽に点心を楽しめるようにも思います。

お店は思った以上に広くてゆっくりできますし、店員の対応や応対もちゃんとしていたので良かったです。

ニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」にも選ばれたということですが、まずは一度は食べてみることをオススメします。

横浜中華街などにある変な観光客向けの小籠包を推している店やレストランと比べれば全然安心できる味と品質ですね。

次は小籠包以外の餃子なども食べてみたいと思います。
リピあり。(^^)

鼎泰豊 東京八重洲口店

昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:中華料理 | 東京駅日本橋駅大手町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA