メインスマホをZenfone 5に変更しました

メインスマホをZenfone 5に変更しました

メインで使っているAndroidスマートフォンを機種変更しました。
Motorola の Moto Zから ASUS の Zenfone 5 にしました。

MotoZは1年ちょっと使っていて、その間に1度電池を交換しました。
Moto Zのバッテリーを交換してもらいました

西新井大師に厄払いに行ってきましたに書いたとおり、厄除けのパワー!?でスマホが壊れてしまったので、すぐに秋葉原に調達しました。

以前から、次に買うならZenfone 5かZenfone 5Zか、その次のZenfone 6ぐらいかなぁ…と思ってました。

GoogleのPixel3も候補にありましたが、メモリ4GBというのと値段が気にってしまい…。

スマホが壊れたのが、3/16 15:10ぐらい。
秋葉原でスマホを買ったのが、同日 17:00ぐらいです。

お店に入って1分以内に買っていました。
壊れてから2時間以内に購入とは、我ながら行動が早いwww

今回はイオシス アキバ中央通店で買いました。
国内版が新品未開封で43,800円(税込)でした。

Zenfone 5に決めたのは、スペックと値段のバランスが良かったから。
そりゃZenfone 5Zにすれば、もっとサクサクのスマホが手に入りますが、プラス16,000円の価値は無いかなっと。
ゲームはしないし…。

Zenfoneシリーズは独自のUIがちょっと苦手で、ピュアAndroidに近いPixelとかのほうが良いと言えば良いんですが、まあ、我慢できる範囲です。

◯ポイント
・ミドルクラスでもまあ満足なQualcomm® Snapdragon™ 636 オクタコアプロセッサ搭載
・十分な6GBメモリ
・許容範囲内の64GBストレージ
・Antutuベンチマーク 130,000 Over
・充分なLTEバンドに対応
・DSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)対応
・カメラが綺麗
・顔認証&指紋認証

×ポイント
・ZenfoneのUIが苦手

という感じですが、値段も安いし、性能はそこそこでAntutuベンチマークもかなり高め。

メーカー Asus モトローラ・
モビリティ
機種名 Zenfone5
ZE620KL-SL64S6
Moto Z
カラー シャイニーブラック
スペースシルバー
ブラック
ホワイト
ブラック/ゴールド
発売日 2018/5/5 2016年10月中旬
標準価格 52,800円 92,664円
実質販売価格 43,800円 49,800円
CPUスペック Qualcomm®
Snapdragon™ 636
プロセッサ
Qualcomm®
Snapdragon™ 820
プロセッサ
bit数 64bit 64bit
CPU周波数 1.8GHz 2.2GHz
CPUコア数 オクタコア クアッドコア(4コア)
GPU Adreno 509 Adreno 530
内部メモリ (RAM) 6GB 4GB
内部ストレージ(ROM) 64GB 64GB
外部メモリ microSD
microSDHC
microSDXC
(最大2TB)
microSD
microSDHC
microSDXC
(最大2TB)
Antutu Score 139,747 133,248
OS Android 8.0
Oreo
Android 7.0
Nougat
OSアップデート
サイズ(mm) 75.6×153×7.7mm 75.3×155×5.19 mm
重量 165g 134g
ディスプレイ
サイズ
6.2インチワイド 5.5インチ
ディスプレイ Full HD+
2,246×1,080
QHD
2560 x 1440
解像度 402ppi 535ppi
ディスプレイ
種類
Super IPS
Gorilla Glass3
AMOLED
ディスプレイ
連続通話時間 25時間 約30時間
連続待受時間 495時間 約243時間
バッテリー容量 リチウムイオン
3,300mAh
リチウムイオン
2,600mAh
カメラ 12メガピクセル 13 メガピクセル
カメラライト
絞り値 f/1.8 f/1.8
手ぶれ補正 光学式
HDR
動画撮影 4K / 30 fps 4K / 30 fps
インカメラ 8メガピクセル 5 メガピクセル
おサイフケータイ
テレビ放送
赤外線通信
SIMフリー SIMフリー SIMフリー
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM
LTE Band 1 2.1GHz(2GHz)
LTE Band 3 1.8GHz(1.7GHz)
LTE Band 19 800MHz
LTE Band 21 1.5GHz    
LTE Band 28 700MHz
W-CDMA Band1 2.1GHz(2GHz)
W-CDMA Band6 800MHz
W-CDMA Band9 1.7GHz    
W-CDMA Band19 800MHz
通信速度(下り) 600Mbps 600Mbps
VoLTE
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
5台まで
Wi-Fi
Bluetooth
USB
10台まで
海外対応 SIMフリー SIMフリー
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11a/ b/g/n/ac
2 x 2(MIMO)
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.1
NFC
センサー 指紋認証
加速度計
ジャイロスコープ
コンパス
近接センサー
環境照明センサー
指紋認証
加速度計
ジャイロスコープ
コンパス
近接センサー
ホール効果センサー
環境照明センサー
センサーHub
コネクタ USB TypeC USB TypeC
防水 撥水ナノコーティング³
緊急地震速報
文字入力 ATOK Google日本語入力
その他    

前のMotoZもNexus6も有機ELディスプレイですが、今回久しぶりに液晶になりました。
まあ、液晶はELと違って焼き付かないし、最近の液晶は綺麗で不満が無いから良いんですけどね。

今回、久しぶりに突然スマホが壊れてしまいましたが、紛失したデータはここ1ヶ月ぐらいのLINEのトークデータのみでした。
その他のアプリは、ほとんどはクラウドにデータがあるので大丈夫でした。

端末を交換して面倒なのは、「認証アプリ」という2段階認証のアプリがGoogle×4アカウント、Amazon、Dropbox、Microsoft、Evernote、Lastpassなどなどたくさん使っているので再設定がちょっと大変です。

あとは銀行系アプリの登録がちょっと面倒ですかね…。
それにしても、壊れてから6時間後には完全復旧させていました。

いつもの定番アイテムとして愛用しているASDEC/防指紋/気泡消失/映り込み防止/アンチグレアフィルムも注文済みで、Amazonで探したTPUケースも良い具合で良かったです。

いつものフィンガーストラップも装着しておきました。

まだ触り始めて時間が経っていませんが、Zenfone5には概ね満足しています。
スマホのバックアップとID/パスワードの管理には気をつけましょうね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA