「携帯型湿温度計」と「高精度室温度計」~ Amazonで買ったいいもの

「携帯型湿温度計」と「高精度室温度計」~ Amazonで買ったいいもの

気温は、温度が高くても湿度が低ければそれほど「暑く」は感じませんし、逆に、温度が低くても湿度が高くなれば「(蒸し)暑い」なと感じます。

サウナー(サウナ愛好家)の間ではすっかり市民権を得た「ロウリュ」も湿度を上げて体感温度を向上させ、発汗を促すものです。

一部のサウナーは、温度と湿度に対して人一倍敏感です。

そして、温度と湿度が気になるのは、何もサウナ室内に限ったことではありません。

オフィスだったり、電車の中だったり、温度と湿度が気にならないと言ったら…それは嘘になります。

そんなときWebでみつけたのが、無印良品の携帯型のタグツール温湿度計(TGF-06)

温湿度表示に加え、LEDと液晶画面に熱中症注意の表示されます。
これがわりと人気なようですね!

特に赤ちゃんや子供の熱中症対策などにも使われているらしく、カバンに取り付けて歩く人も多いとか。
「携帯型湿温度計」と「高精度室温度計」~ Amazonで買ったいいもの

ということで、無印良品の店舗に行って買おうと思いました。
しかし、人気で品薄なことが多く、店舗によっては売り切れなところも。

上野マルイ店に行ったところ品切れで、次に行った東京ドーム ラクーア店には在庫がありました。
「携帯型湿温度計」と「高精度室温度計」~ Amazonで買ったいいもの

手のひらサイズの小さなもので、タグ型のいろんなツールがあります。

・湿温度計 990円
・アラームクロック 990円
・万歩計 1,490円
・LEDライト 1,000円
・防犯ブザー 1,490円
・ホイッスル 490円
・リフレクター 500円
・方位磁石 500円
・ルーペ 490円
・メジャー 500円
・ミラー 500円
・UVチェッカー 1,990円

これらを収納するシリコーンケースはホワイト/ブラック/ネイビー/レッド/イエローの5種類あって、それぞれ290円。
カバンにつけたり、目につくところに引っ掛けたりと使い方はいろいろ。

アラームやLEDはスマホに内蔵しているし、ミラーは持っている人も多いかと思いますが、携帯型の湿温度計やUVチェッカーって少し珍しいですよね。

UVチェッカーなんかは日焼けを気にする女性にもいいかなと思います。

ただ、湿温度計の精度が信憑性があるかどうかはわかりませんでした。

温度計はネットでもいろんなメーカーのものが売っていますが、そもそも高精度の湿度計っていうのはそうあまり多くはありません。

湿度というのは計測するのがなかなか難しく、その辺の時計に付属しているような湿度計だと結構誤差があります。

そこでいろいろ調べた結果、エンペックス気象計株式会社(EMPEX)のスーパーEXセンサ搭載の温湿度計がなかなか良いらしいです。

EMPEX EX-2717のメーカー公表値は±2%RH/±1℃と、相当正確です。
これは、コンピュータルームや病院での利用も推奨されているぐらい、プロの要求にも応えられる精度なんです。

ボディはプラスティック製なんですが、わりとキレイに塗装がされているので高級感もあります。

タグツール温湿度計と、EMPEX EX-2717を比較してみると温度で0.4℃、湿度1%ちょっとぐらいしか違いませんでした。
想像以上に正確な感じ!
「携帯型湿温度計」と「高精度室温度計」~ Amazonで買ったいいもの

タグツール温湿度計の精度は、温度が±2℃、湿度は室温25℃時で±8%だそうです。
やっぱりEMPEXのスーパーEXセンサとは相当精度が違いますね。(笑)

タグツール温湿度計の精度はそこそこだけど、このサイズと携帯性ならサウナにも持っていけるから気軽に湿度が計れるかな!?

と、思ったのですが、測定範囲は温度0〜40℃、湿度20〜90%とのことで、サウナ室では使えませんね…。残念。

まあ、どちらにしても外出先で温度&湿度が気軽に測定できるのはとても便利ですね。
重さも30gしかないから、カバンにつけても重さはほとんどわかりませんし。

夏は温度を、冬は湿度を測るのに役立ちそうです!

離れた距離の水や物体の温度を計る場合は、非接触 赤外線 放射温度計が正確で便利ですよ!

室内の湿温度を正確に計るには、EMPEX EX-2717を、外で気軽に計るには無印良品のタグツール温湿度計の利用をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA