「水道橋」タグアーカイブ

文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店

文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店
文豪が愛したとんかつ? ~ 水道橋 かつ吉 水道橋店

以前にどこかで水道橋あたりにあるとんかつ屋で「冷やしかつ丼」なるものがあると聞いた。
色々調べてみたら、どうやら「かつ吉 水道橋店」で食べられるそうです。

実は昨年の今頃にも食べたくなって一度知り合いに聞いたことがあるのですが、その時はもう夏が終わってメニューの提供が終了していました。

なので今回は事前にお店に電話をして「冷やしかつ丼(夏季限定)」が食べられるか聞きました。
ボク「冷やしかつ丼ってありますか?」
店員「…あ、ありますよ。」

その店員の曖昧な返事が気にかかりましたが…食べに行くことにしました。
“I have a bad feeling about this.”
(なんだか嫌な予感がする。StarWarsシリーズでおなじみのセリフ)

伺ったのは休日の夜。
お店は東京ドームに近い白山通りに面した地下にあります。

地下まで降りて店内に入ろうとすると、予想外の行列が。
しかし、冷やしかつ丼が食べたいがために、30分の待ちを覚悟しました。

玄関には蹲踞(つくばい。茶室に入る前に、手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたもの)がありますが、水が流れていないのであまりいい雰囲気がしません。

ファミレスのように名前を書いてしばし待つと、結局30分ぐらい待って店内に案内されました。

店内は思ったよりも広い感じで、テーブルにはびっくりドンキーのように大きく立てられたメニューがあり、テーブルにはキムチなどの漬物や手拭きなどがセットされています。

オーダーは「冷やしかつ丼」のロース(1,600円)としました。

しばらくすると、店員が戻ってきて、
「すいません、もう冷やしかつ丼、無いんです」

「え?マジで?」と思い、ツレにお店を出ようと提案しました。
しかし「30分も待ってやっとお店に入ったのに、もう他の店に行くのは無いわー」と言われ、「それもそうだよな…」と思い、渋々ほかのメニューを模索します。

「普通のトンカツを食べるなら、高田馬場の「成蔵」「とん太」や蒲田の「丸一」「」に行けばいいと思うんだけど、この店はそれらのより絶対美味しくないよなー」と思いつつも、仕方なく引くに引けないので「銘柄豚ロースカツ定食 150g」(2,300円)をオーダー。
選べるゴハンは紫蘇ごはんにしました。

まずは卓上の漬物を食べますが…あまり美味くありません。
なんでとんかつにキムチなんだ?と思っていたところにキャベツが登場。

キャベツはきゅうりやワカメが入っていて、ドレッシングは4種類から選べます。
味は…普通ですね。

アルバイト?の店員は学生なのか、お茶の入れる時の気配りも対応も褒められたものではありませんでした。

しばらく経ってメインのトンカツが登場。
網ではなく、ざる蕎麦のスノコみたいのにカツが乗ってます。

カツのサイズは普通ですが、かなり厚めに切ってあるので食べやすくはありません。

ソースは甘めと辛めの2種類。
まずは甘めのソースを皿に入れて食べてみます。

カツを箸で持ち上げてみると…脂身がほとんどで、お肉の部分の70%ぐらいは脂身です。
「う、うーん…(。ŏ﹏ŏ)」と思ってパクっと食べてみたところ、肉の味が全然せずに食べれたものではありません。

頑張って1切れ食べてみましたが、これはちょっと何か間違えているんじゃないかな?ってレベル。
2切れ目の途中までチャレンジしてみましたが、箸が完全に止まりました。

肉の脂身が多すぎて食べられないだけではなく、揚げ油も臭みもあって油っぽくて…食べるのが厳しいです。

このまま食べずに出ようかと思いましたが、店員さんに「この脂身が多いってどうなの?」と聞いてみました。
「脂身がよく混じったロースで、特上に近い部分なので脂身が多くなっております…」と。

「イヤイヤこれは脂身が多いんじゃなくて、脂身しかないよ」と言うと「店長に確認してきます」ってことになり、新しく脂身が少ない部位を作りなおしてくれることになりました。

10分ほどして、作りなおしてもらったロースカツが来ました。
しかし、断面を見るとまたまた60%ぐらいは脂身です…。

赤身部分が多い1切れだけ食べましたが、残りはすべて残しました。

紫蘇ごはんは少しベタっとしていましたが味は悪くありませんでした。
赤だしのお味噌汁は美味しかったです。

最後のレジ会計は店長が対応してくれたので「脂身が多すぎて食べられませんでした」と伝えました。
しかしながら、問題は脂身だけでなく、ツレがオーダーした「ヒレ」も食べてみましたが、油の切れが悪く、また肉も豚独特の臭みがありました。

お会計は2人で4,500円。

これなら、マクドナルドで月見バーガーでも食べたほうがマシでしたね。本当に。
コスパを考えなくても…。ヽ(`Д´)ノプンプン

こちらのお店のホームページには「素材選びで8割、料理が決まると考えています。」と書いてあります。
そのとおり、こちらの料理は素材選びから間違っています。

最近は美味しいトンカツ屋ばかり行っていて、自分の舌が肥えたのかと思いましたが…この調理をみているとそうでも無いと思います。
これを読んだ関係各位は猛省してもらいたいものです。

かつては三島由紀夫氏や川端康成氏らの文豪が愛したお店とのことですが、文章の才能と味覚には関連性がありません。
まあ、これは芸能人やモデルが美味しいものを食べているっていう風潮もありますが、芸能人や有名人の味覚がいいってわけはありませんからね。

かつ吉の関係者が出したお店としては、葛飾区金町のがあり、ここは肉も美味しく脂身も爽やかで美味しかったです。
また、秋葉原のとんかつ丸五もかつ吉出身店とのことですが、丸五のほうがまだ普通に美味しく食べられますね。

この店の食べログの点数は3.58ですが、久しぶりに評価の点数から程遠いレベルのお店に遭遇しました。
普段なら「次回は今日食べられなかった「冷やしかつ丼」を食べてみたいと思います」…と言いたいところですが、まあ、無いですね。
タダでもお金を貰っても食べません。

リピは絶対・永遠にありません。(。ŏ﹏ŏ)

関連ランキング:とんかつ | 水道橋駅後楽園駅本郷三丁目駅

昔のふらんす亭ではないです ~ ふらんす亭 水道橋店

昔のふらんす亭ではないです ~ ふらんす亭 水道橋店

けっこう昔、秋葉原や確か神田駅にもあって、たまーに行っていた「ふらんす亭」。
ずいぶんとご無沙汰でしたが、懐かしくなって入ってみました。
経営が変わったと聞いていていますが、レモンステーキなどは変わらずメニューにあるようですね。

お店に入ると、外国人のスタッフが対応をします。
東京ではコンビニからレストランまで多くの外国人スタッフが活躍していますが、ここも外国人の方が働いています。
ただ、他のお店と違うのはかなり日本語がカタコトで、聞き取りにも難がありますね…。

ちょっと嫌な予感がしましたが、お腹が空いていたので、少しだけ肉の量が多い「リブロインステーキ(220g)2,030円」を頼みました。
焼き加減はレアです。

最初にスープとサラダが来て、そんなに待つこともなく、ステーキが到着しました。
が……。

思わず、ステーキ皿を見て笑ってしまいました。
適当に焼いた肉に、適当にソースをかけて、申し訳程度に付け合せを乗せただけの物体です。
これは料理では無いですよ。
しかも結構いい値段とってるんですが…。

あまり書いちゃう色々怒られてしまうので詳しくは書きませんが、ここは昔のふらんす亭ではないですね。
内容は、お察し下さい。
とはいえ、一応レビューはします。

肉はレアではなく、ウェルダンに焼きあがっていました。
スジだらけで堅い。
申し訳ないのですが、かなり残してしまいました。

一生懸命働いている外国人スタッフは仕方ありませんが、もう少しスタッフ教育をちゃんとしたほうがいいかと思います。
メニューを見てみると、至る所に「写真はイメージです」と書いてありますが、かなり実物とイメージが異なっているように思います。

ふらんす亭の名前を昔なつかしく思って入ると残念な思いをすることになります。

ふらんす亭のホームページには「ふらんす亭という名前は、味、お客様へのサービスともに、妥協したくない、という私達の強い思いの証なのです」とありますが、創業者の思いは忘れられているようですね。

リピは完全にありません。(>_<)

ふらんす亭 水道橋店

夜総合点☆☆☆☆ 1.3

関連ランキング:ハンバーグ | 水道橋駅神保町駅九段下駅

これが本場の尾道ラーメン? ~ 麺一筋 水道橋西口店

これが本場の尾道ラーメン? ~ 麺一筋 水道橋西口店

むかし門前仲町にあって、しばしば食べていた麺一筋
門前仲町店は暖簾分けの店のようだがもう閉店してしまっていて存在しないのだが、こちらが本店?のようだ。
ネットで店舗を確認していける日程を考えて、ようやく久々に麺一筋の尾道ラーメンを食べることができた。

注文したのは、定番メニューの魂のラーメンとライス。
麺の大盛りが無料だったけど、麺大盛りはあまり魅力でないので、ライスをオーダー。
ライスの量は少なく、そしてぱさついた感じだったのが残念。

麺は中太、スープは濃いめの醤油味。
わりと好きなタイプ。
ういた脂も(個人的に門前仲町のお店が)懐かしい感じ。
魚で取ったスープに、広島の調味料が使われている。
卓上にある酢やふりかけも広島産。

ただ、むかしに比べてずいぶん味が変わったように思う。
もちろん、店そのものも場所も違うし、作り手も違う。
でも全体的になにか違う感じなんだな。
旨味がもっとあったような気がする。

決してまずくはなく結構好きなタイプのラーメンなんだけど、またわざわざ食べにいくかというと微妙ですね。
思い出補正が強かったかな?

それにしても、東京で食べるご当地ラーメンって、どうしても劣化しているんですよね。
多くの九州ラーメンしかり、富山ブラックしかり…。
まあ、仕方ないんだろうね。やっぱり現地で食べろってことです。

麺一筋

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:ラーメン | 九段下駅水道橋駅神保町駅