滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

とある2017年の夏。iPadでdマガジンを読んでいたら面白そうな雑誌「大人の隠れ家」を発見。
滝行…とな。

あー、これやってみたかったやつだ…いいなぁ。
と思って調べていたら、実家のある富山にも滝行ができる寺院があるようです。

富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺
有名なんですね、ここ。

真言密宗の大本山大岩山日石寺は、1300年の歴史を有する古刹。
山岳信仰の寺として、また、加賀前田家の祈願所として栄えたお寺での修行体験ができます、とのこと。

ちょっと遅いお盆で実家に帰省した8月の末日に友達と2人で行ってきました。

富山市の中心市街地からクルマで50分強。
この日の天候は真夏日というよりは、少し涼しさが出てきていました。

大岩山 日石寺の雰囲気はこちらのYoutubeをみてもらえばよくわかります。

まずは、不動明王にお参りします。
神亀2年(725年)に行基が彫ったと伝わる「大岩日石寺磨崖仏」は国の重要文化財にも指定されているとのことで、約3.2mという大きさや美しさ、保存状態から全国屈指の磨崖仏とされています。

さてさて、今回のメインは滝行。

まずは滝行受付のおばちゃんのところに行きます。
1,000円をわたして、木の板に願い事などを書きます。

おばさん「今日は何の祈願で来られた?」
ボク「いや…(サウナの水風呂の代わりに来たとは言えない…)」
おばさん「何かお願いかお参りがあるから来たんじゃろ?」
ボク「あ…そうですね。」

と、話をそらして、マジックで願い事を書き、白色の白装束をもらい、草履を借ります。

おばさんから「最低でも3分は打たれてください」とクギを刺される。
夏だし、3分ぐらいは余裕だと思うけど。

持ち物は基本タオルだけでOK。
バスタオルとフェイスタオルがあればいいですね。
体を清めるので、綺麗な下着などの着替えがあればベターです。

滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

5.5mの高さから流れ落ちる六本滝は六欲煩悩を洗い落とすといわれています。
5.5mというとあまり大したことないようにも思いますが、なかなかの迫力。

滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

っていうか、他に滝行をしている人は誰もいませんwww

ちゃんと更衣室があって白装束に着替えて、六本滝にいきます。

プロサウナーとして気になる滝の水温は15.4℃。
滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

まあ、水風呂だったらそこそこレベルでしょうか。

ということで、いざカメラなどをセッテイングして、滝行開始。
滝行でととのいました。in 富山県中新川郡上市町 真言密宗大本山 大岩山 日石寺

サウナーでは無い友達は5秒でリタイヤ。
ボクは普通に3分打たれて終了。

動画も撮ったので、簡単にモザイクなど入れて編集してみました。

なかなか気持ちよかったですが、水風呂に慣れていない人には15℃という水温はツライかもしれません。
しかし、周りの観光客からニヤニヤ見られ、見世物のようでしたwww

白装束は少し透けるので、女性の方は気をつけたほうがいいかもしれませんね。

大岩山 日石寺はそうめんが有名なのですが、お昼ごはんを食べ過ぎたので今回は食べませんでした。

冬は水温も0℃近くなるそうです。

今年の冬か来年の夏にまた来てみたいです。
リピあり。(^^)


真言密宗大本山 大岩山 日石寺 点数:★★★★4.1
泉質:4、サービス:3、雰囲気:5、エンタテインメント:5、衛生面:3、CP:4
営業時間:10~16時
定休日:年中無休
滝行料:1,000円
TEL:076-472-2301
住所:富山県中新川郡上市町大岩163
最寄り駅:富山地方鉄道「上市駅」からクルマで15分
駐車場:あり
タオル:白装束とぞうりは入館料に含む
滝行対象=男女
滝の水温=1~15℃
休憩所=◯
お食事処=◯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA