アマチュア無線のハンディ機が欲しいけど悩み中

無線従事者の資格「第四級アマチュア無線技士」の免許は取ったものの、まだ無線機が無いので遊ぶことができません。
手っ取り早く無線機をAmazonでポチるかアキバで買ってこればよいのですが、これがなかなか悩むんですよね。

というのも、無線って無線機を買っただけではダメで「無線従事者免許証」の他に「無線局免許状」が必要なんですよね。
「無線局免許状」を取得するためには、総務省に無線局(無線機)の免許申請が必要で、取得には3週間ぐらいかかるからバンバン買い換えるわけにもいかないし。

アマチュア無線の免許を取得しました」で書いたとおり、最初欲しかったのは、質実剛健な「STANDARD FT-60」。

Amazonでもかなり評価が高く、そして値段も20,000円ぐらいと手頃。
乾電池使用時でも5Wの高出力が魅力ですが、ボディが大きく重すぎるんですよね(370g)。
あと防水じゃないのはちょっと欠点。

次にお店の人に薦められた「YAESU FT2D」ですがちょっとオーバースペックかな?

しかも、これもボディが大きくて重い(310g)。
デジタルはどうなんでしょうね?あまり使わない気もする。
そして値段が50,000円前後と高い。
IPX5相当の防水設計なのはいいけど。

別のお店で薦められたのは、YAESU FT1D

FT1XDという後継モデルが出ているので、在庫処分品で29,800円(税込)。
これは結構安い気がします。

FT1DとFT1XDとの違いは、準天頂衛星みちびきに対応しているかどうかだけ。
(66チャンネル高精度・高感度GPSにより測位時間の短縮、測位精度の向上を実現)
まあ、GPSは高精度じゃなくてもいいよ。

上のFT2Dと同じくデジタルでの通信が可能で、無線機としては悪くはないのですがやっぱり重いなぁ(265g)。
シルバーしか在庫が無いですよね。
このFT1Dのデザインだと、シルバーより黒のほうがいいな。
IPX5相当の防水設計なのはいいね。

で、いまは気になっているのが、YAESU(STANDARD) VX-3

何と言っても小さくて軽い!130g!
出力がちょっと小さいけど、アンテナと場所さえ確保できれば、出力が弱いのはあまりデメリットにならないという声も。
バッテリー駆動時で1.5W(144MHz)/1W(430MHz)、DCアダプタ接続時で3W(144MHz)/1.5W(430MHz)。

あとバッテリーが専用品ではなくて、1,000円以下で買えるデジカメ用の汎用バッテリーが使えるっていうのも良いポイント。
予備で2個ぐらいリチウムイオンバッテリーを持っていれば乾電池を使う必要はなさそう。
これは便利ですね。
値段も20,000円(税込)と比較的お手頃。

防水じゃないけど、広帯域受信機としても使えていいね。
まあVX-3に限らず、ほとんどのハンディ機は広帯域受信機として使えますけど。

手のひらにすっぽり収まって、緻密な無線機って感じがします。
この筐体の小ささは、1996年ぐらいに携帯電話がどんどん小型軽量化していったときのワクワク感に似ていますね。

1996年当時、世界最小最軽量のDoCoMoのデジタル mova P201 Hyper(97g)のスパークリングゴールドを良番と共に7万円で新規購入しました。

P201のスパークリングゴールドは発売台数が少なくてプレミア価格だったのですが、半年後ぐらいに同じ機能とサイズでマイナーバージョンのP203のシルバーが1万円ぐらいで発売されて悔しかったのは良い思い出。
DoCoMo P201 Hyper

というわけで、もう少し情報収集が必要ですね。
無線機を運用するのも楽しいでしょうが、こうやって悩むのも楽しいですね。

別に生活必需品ではないオモチャなので、慌てて手に入れる必要も無いんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA