これぞ「昭和!」な良い雰囲気の焼き鳥屋 ~ 京橋 大虎

これぞ「昭和!」な良い雰囲気の焼き鳥屋 ~ 京橋 大虎
これぞ「昭和!」な良い雰囲気の焼き鳥屋 ~ 京橋 大虎
これぞ「昭和!」な良い雰囲気の焼き鳥屋 ~ 京橋 大虎

京橋の「とり安」で焼鳥を食べていたら、「大虎」ってまだやってるの?と話題になっていた。
「大虎」は知っている人は知っている、かなり昭和な雰囲気の焼き鳥屋。

とり安でひと通り食べて飲んで「さあ帰りましょう」とお店を出て、近くにある「大虎」の前を通ったら、メンバーの1人が「まだ開いてるかな?」と大虎の玄関を覗いてみた。笑

そしたら「どうぞ~」と招かれてしまったので「焼き鳥屋のハシゴかよ?w」と言いつつも、少し飲んでいくことに。
看板に「素通りは風にもさせぬ柳かな」と書いてあったのですよね~。

こちら、すごく古いお店で、お婆さん、もとい、お母さん、もとい、お姉さん達が2人でお店を切り盛りをしています。

焼鳥のメニューは6つぐらいしか種類がなく、かなりストイックです。
・若鳥
・砂肝
・若鳥皮
・若鳥のごんぼ
・若鳥のたたき
・うづら卵子
だったかな?

全部一本ずつもらいます。

うづらの説明のところに、栄養の即効食と書いてあります。
ふむふむ、うずらの玉子って、鶏卵よりも栄養価が高いみたいですね。

お新香は裏メニューらしいです。

ドリンクは特級酒(笑)と瓶ビールのみで、お茶は大きなヤカンに入った麦茶を頂くことになりました。
写真を撮れなかったのですが、お燗は「すず」の容器で温めます。

焼鳥はちょっと濃い味で、ちょっとジャンキーな感じもしますが、店の雰囲気もあわせてかなり味があります。
付け合せの大根おろしは、お姉さんが気合をいれて擦ったものですから、ココロして食べましょう。(笑)

「大虎」はメニューも少なく、軽くひっかけていくのが良いお店だと思います。
一軒目に行くには、ちょっとお腹が空くかな…。

となると、今回のように2軒目として行くのは正解だったのかも。

それにしても、今回行った皆はすでにお腹いっぱいになっているので、一番若いボクのところに「若者はたくさんお食べ」と焼鳥が集まってきます…。

そんなに若くないし、もう食べられないんですが…。
といっても、残すのはかなり気が引ける雰囲気です…ね。

お店の中に2015年代的なものは、地デジが映る液晶テレビだけです。
たまにはこういうお店で、まったりと飲むのも良いかと思います。

あー、こういう時は日本酒が飲めないのが悔やまれますね。

お姉さん達にはいつまでも元気にお店を切り盛りしてもらいたいものです。
リピあり。(^^)

大虎

夜総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA