こだわりはある鳥料理 ~ 駒込 brochette Namioka

こだわりはある鳥料理 ~ 駒込 brochette Namioka
こだわりはある鳥料理 ~ 駒込 brochette Namioka
こだわりはある鳥料理 ~ 駒込 brochette Namioka

駒込でランチを食べようと思ったところ、食べログでわりと評価の高い鳥料理のお店があるので来てみた。

こちら「brochette Namioka」は駒込駅からは少し離れていて、六義園の近くの不忍通り沿いにあります。
目の前には、駒込警察署や日本医師会館などが建ってますね。

「brochette」という言葉を調べてみたら、フランス語で「小さい焼き串または串状のもの」らしいですね。

伺ったのは平日の13時半ぐらい。
お店は店名からもわかるように、ちょっとお洒落な感じで洋食屋さんなどと間違えそうです。

お店はそう狭くはありません。
お昼時は過ぎているので、先客は3名のみ。

カウンターとテーブル席がありますが、案内されたのはカウンター。
1人なのでカウンターに通されるのも不思議ではないのですが、テーブルがガラガラなのにカウンターだけに4名も座るのはちょっと違和感があります。

メニューは鳥の串の定食などもありますが、最近ハマっている親子丼を食べたかったので、正確には親子丼ではありませんが「名古屋コーチンたまごどんぶり」1,290円を頼みます。

焼鳥もちゃんと炭で焼いているようなので、期待が持てますね。

と思っていたら、もう一人お客が。
そしたら、またカウンターに案内されて、5名が並ぶことに。

いや、カウンターだけのお店でしたら全く問題が無いのですが、テーブルが空いているのに、カウンターだけがギュウギュウなのはちょっと気持ち悪いです。

他のレビューさんは相席について指摘してるな…。

気を取り直して料理のほうです。
漬物や赤だしが出てきて、続いてたまごどんぶりです。

たまごどんぶりと言えども、名古屋コーチンと名前がついていますから、ちゃんと鶏肉は入っています。
今回は大盛(+100円)にしましたから、結構ボリュームはあります。

一口食べてみると、ちょっと塩辛い。
そして味も濃いなぁ…。

玉子の風味はあるのだけど「これは旨い!」っていう感じではないですね。
鶏肉も少し硬いです…。

食べ終わると「デザートはいかがですか?」と勧められたので、黒糖のムース(100円)をもらいました。

味はまあ普通なんですが、量がかなり少ない…。
1.5~2倍ぐらい無いと寂しいです。

こちらは、鶏は名古屋コーチンを使い、黒糖なども沖縄のものを使うなど、素材にこだわっているそうですが、正直ちょっと空回りしてるように思います。

鳥つね自然洞」なども味は濃いほうですが、あちらはもっと江戸っぽくて、味は濃くとも深みがあります。
「brochette Namioka」は旨味のバランスをもう少し考えてもらったほうが良いかと。

そして、良い食材を使っているからでしょうが、コスパは非常に悪いです。
1,400円以上出すランチではないですね。

この味なら800円ぐらいで提供してもらいたいです。
まあ、そういうお店ではないのかもしれませんが、よりお手頃な食材を美味しく提供するのも腕の見せどころではないでしょうか。

食べログの評価も高評価な人と、低評価な人に分かれています。

六義園などに来たら、まあ訪問はアリかもしれませんが、ちょっと人を選ぶお店かもしれないですね。
少なくともボクはランチのリピはありません。(>_<)

brochette Namioka

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

関連ランキング:焼き鳥 | 千石駅駒込駅巣鴨駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA