都内最高クラスの親子丼 ~ 末広町 鳥つね自然洞

都内最高クラスの親子丼 ~ 末広町 鳥つね自然洞

秋葉原と御徒町の間にある末広町に、都内でも最上位にくるぐらい美味しい親子丼があると聞いた。
調べてみると、ここ「鳥つね自然洞」は、食べログの東京の親子丼ランクでNo.1でした。
(2015年3月8日時点では2位)

どうやら、湯島にある「鳥つね」が本店で、究極の親子丼を出すという茅場町にある「鳥ふじ」も姉妹店のようです。
鳥ふじの親子丼もかなり好きな部類なのでこれは期待が高まりますね。

伺ったのは平日のお昼。
12時20分ぐらいに到着しましたが、お店の前に行列も無く待ち時間も無くすぐにカウンターに座ることができました。
茅場町の鳥ふじはかなり並ぶことが多いのですが、この辺は茅場町などと違ってサラリーマンとか少ないのですかね?

お店は少し暗い感じです。
暗いというか、少し古いと言ったほうがいいのかな?
古いというか、歴史があると言ったほうがより良いかもしれません。

カウンターは少し狭いように感じました。
隣の人との距離が近かったですね。

今回は特上でも上でもない、普通の親子丼を頼みました。
1,000円です。

程なくして、漬物とスープが出てきます。
漬物は特別うまいってわけではなかったのですが、既成品ではないように思います。
スープは少し味が薄いかもしれないですが美味しいです。熱々なのが良いですね。

あまり待つことなく親子丼が到着。

鳥ふじの親子丼にかなり似ています。
鳥ふじでは、特上親子丼も普通の親子丼も食べましたが、名古屋コーチンなどを使った特上は確かに歯ごたえもあった美味しいのですが、コスパも考えると、普通の親子丼でも十分に美味しいのです。
なので、とりあえず、こちらも普通の親子丼で具合を見るほうが良いようにも思います。

味付けはかなり江戸っぽいと言えると思います。
どちらかというとしっかり味がついていて、人によってはしょっぱいと感じるかもしれないです。

玉子は生に近いぐらいトロトロしています。
ボクは生玉子が好きですから、こちらの親子丼も好みのタイプですが、生が苦手な人はあまり好きになれないかもしれません。

鶏肉もしっかり味わいがあって、歯ごたえもあります。

そういえば親子丼っていう料理は、そもそもあまり評価されていないようにも思います。
材料は卵と鶏肉と三つ葉ぐらいですし、定食屋や蕎麦屋などでもメニューにありますが、どちらかというとかつ丼などよりランク下になっているような…。

けど、ボクも以前自分で親子丼を作ってみましたが、これはすごい難しい料理でした。
まず、こんなに上手な火加減は無理で、卵を生っぽくすると鶏肉に火が通らないし、鶏肉のコンディションを保つと、今度は卵が固くなってしまいます。
やはりこれは、名人芸がなせる塩梅なのでしょうね…。
また、このダシやカエシの味付けも、簡単にできるものではないですからね…。

ボクは以前まであまり親子丼が好きではありませんでしたが、まともな材料を使って、ちゃんと調理した親子丼はやっぱり美味しいのでありました。

こちらの味は、茅場町の鳥ふじとそう大差ないように思いました。
なので、女性などは鳥ふじのほうが店舗が綺麗なので良いかもしれませんね。

とはいえ、かなり美味しい親子丼であることには間違いが無いと思います。
今度は、特上親子丼を食べてみようと思います。

リピあり。(^^)

鳥つね自然洞

昼総合点★★★☆☆ 3.9

関連ランキング:鳥料理 | 末広町駅上野広小路駅御徒町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA