富山で本格的な博多ラーメンを ~ 富山市 ばたやん

以前に「博多らーめん ばたやん」のBlogを書いたが、再訪したので追記。

美味しくなかった明太子ごはんについて、
たまたま?駐車場にいらしたばたやんの店長に話を聞いて、

「明太子が不味いから変えたほうがいいんじゃ」
「添加物だらけのニセモノですよ」

と言っておきました。

ちょっとBlogでは書けないこともあるのだが(笑)、
ばたやんの店長は
「明太子を変えるのを前向きに検討します」
と承諾してくれた。^^

ググってみると、完全に無添加の明太子って少ないなぁ。

頑張れ、ばたやん。
———————————————————-
富山に本格的な博多ラーメン屋ができたので行ってみた。
その名は「博多らーめん ばたやん」。

替え玉もできて、麺の硬さも「はりがね、ばりかた、かた、ふつう、やわ」の5段階に調整してくれる。
店舗もできたばかりで、割とキレイめ。
女性でも入りやすいかな?

注文したのはラーメン600円。

で、味だが、まぁそこそこ普通に食べられる「博多ラーメン」って感じ。

麺は毎日博多から直送。辛子高菜も博多から取り寄せているようだ。
餃子もまぁ普通レベル。量は少ない気がするが。

しかーし、明太ご飯を食べてみると…。
「む、何か辛すぎる。舌がしびれるぞ。ボクの知っている美味しい辛子明太子とは何かが違う!」

海原雄山登場

店内には「当店の辛子明太子は、モンドセレクション最高金賞を受賞したふくいちの明太子を使用しています」…と。
明太子ゴハンについているノリがパリっとして美味しいだけに、何か余計に残念に感じましたね。

まあ、後でネットで調べるか…ということで、モンモンとしながら店を後にした。

で、ネットで、そのモンドセレクションの最高金賞を受賞した、ふくいちの辛子明太子とやらを調べてみた。

すると、予感どおり…
「すけとうたらの卵(ロシア・アメリカ)、清酒、本みりん、食塩、醤油、唐辛子、かつお風味調味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビット)、 酸化防止剤(ビタミンC)、ナイアシン、酵素、着色料(赤色102号・ 赤色3号・黄色5号)、発色剤(亜硝酸Na)、 (原材料の一部に小麦、大豆を含む)」

何ですか?
このマガイモノは?
着色料に発色剤?

海原雄山爆笑

まあ、ラーメンはマズく無いのに、この辛子明太子は無いなぁ。
次に行くときは、普通のゴハンをオーダーしましょう。

リピあり。(^^)

関連ランキング:ラーメン | 南富山駅南富山駅前駅大町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA