元祖富山ブラック・おかず的なラーメン ~ 西町大喜 二口店

元祖富山ブラック・おかず的なラーメン ~ 西町大喜 二口店

富山生まれ、富山育ちのボクとしては、富山ブラックはソウルフードのひとつ。
幼稚園の頃から、富山ブラックの総本山である「大喜 西町店」で食べ育ってきました。

まあ、そもそも「富山ブラックとやなんぞや?」というところから紐解く必要がありますが、ボクは「西町 大喜」の歴史そのものが富山ブラックだと思うのですよ。

「半世紀以上昔、ドカ弁やおにぎりを持った労働者のために、
オヤッさんは濃い味付けでチャーシューのたっぷり入った、
「よく噛んで」食べるおかずの中華そばを考え出した。
昭和二十二年、終戦後のことである。
噂に噂を呼び、富山祭りには千人もの行列を作ったこともあった。
じいちゃんから、とうちゃん、孫へと、
今や三世代にわたり親しまれている大喜。
富山県民ならば知らない者はいない。
これも、流行に左右されないこだわりの味を
頑固に守ってきたからだと自負している。」

誤解を恐れずに言えば、ラーメン次郎などよりも歴史のある、戦後の悲しいストーリーを持ったラーメンなのです。
(´;ω;`)
まあ、その大喜西町店も、21世紀になってから店主が変わって、味も変わってしまいましたが。

ここ二口店は、西町本店の雰囲気以外は、ほぼ本店と同じ味と言っていいでしょう。
駐車場もあるし、北陸自動車道の富山ICからも近いですし、自動車があるならばアクセスは良いです。

正直、味は結構クセがあります。
普通のラーメンだと思うと、とても食べられません。

というのも、上記の歴史のとおり、これは主食ではなくあくまでも、ゴハンのおかずなのです。
なので、味が濃すぎるのも、しょっぱすぎるのも、白飯と一緒に食べればあまり気になりません。
白飯と一緒に麺をかっこむ。
これが正解。
スープは全部飲んではいけないと思います。
喉がめちゃくちゃ乾くし、カラダにも良くなさそう。

また、この店にはチャーシュー麺は無いです。
なぜなら、すべてがチャーシュー麺だからです。
肉は食べても食べてもドンブリから出てくる感じです。

生タマゴはお好みで麺に入れて食べます。
お好みで、生ニンニクも入れます。

相当血圧などに上がりそうだなと思いますが、富山に行ったら必ず食べてしまうソウルフードです。
慣れたら美味しいですよ。
もちろんリピありです。(^^)

西町大喜 二口店

夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 南富山駅南富山駅前駅堀川小泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA