富山の高級寿司屋 ~ 富山市 鮨人

遠方から大切なお客さんが来たら、この店に連れて行くのはアリかもしれない。

ただし、富山ではかなり高額(1人10,000円オーバーも覚悟)なお店なので、気さくな人とだったら近くの回転寿司のすし玉に行ったほうがいいかもしれない。

すし玉も美味しいからね。
もっとも、すし玉でも本気で食べると1人5,000円オーバーも可能です。(笑)

鮨人は富山では珍しい赤い酢?のゴハンを使っている。
醤油の皿も無くって、お店で醤油をあらかじめ塗ってくれるタイプ。

カウンターにはガラスのお魚ケースもなければ、メニューも無い。
値段は時価でもいいから、本日のお品書きぐらい欲しい。

全体的な味は、値段に見合った美味しさですね。
割りと丁寧な仕事をしてるって感じかな?

東京の寿司屋に比べると、富山のお寿司屋はネタが新鮮なのをいいことに、あまり技とか仕事(ヅケとか、酢でシメたものとか)がされてないと思う。
その点、この店はちゃんとしてるっぽい。
あら汁とかも美味しかったよ。

難点は、赤酢と醤油の味が少し濃いようなので、後半の寿司になると、魚の味はネタによってもちろん違うが、寿司としての風味はどれも同じに感じて単調になるのがちょっと残念。
いしり/いしる(石川県能登半島で有名な魚醤)は寿司に合うかどうかわからないけど、赤酢じゃないシャリと塩で食べる寿司(イカなど)も用意して欲しいかな。

カワハギと肝の刺身が出てきたけど、このクオリティはすし玉と変わらない(笑)
いや、すし玉のカワハギの握りが値段の割にうますぎるのかもしれない。

また行ってみたい店ではあります。いつかね。

関連ランキング:寿司 | 西中野駅小泉町駅広貫堂前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA