「六中観」(りくちゅうかん)~ 好きな言葉

六中観

忙中閑有り。
苦中楽有り。
死中活有り。
壺中天有り。
意中人有り。
腹中書有り。

「六中観」(りくちゅうかん)
「信頼と実行」を生み出す。

一、忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)……忙しさの中にも余裕と、心を穏やかに。
二、苦中楽あり(くちゅうらくあり)……苦しいことを耐えて乗り越えて、そこから喜びや楽しみを見出す。
三、死中活あり(しちゅうかつあり)……全身全霊をうちこんでこそ何ものかを永遠に残すこと、すなわち永生が実現するのである。
四、壷中天あり(こちゅうてんあり)……何かに没頭できる、自分だけの世界をもっておく。
五、意中人あり(いちゅうひとあり)……心から尊敬し、信頼できる師や友や愛する人を持つ。
六、腹中書あり(ふくちゅうしょあり)……自分の信念を養う大事で手放せない本を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA