猫の街でねこ焼き ~ 招き屋 谷中銀座

猫の街でねこ焼き ~ 招き屋 谷中銀座

猫の街で有名な谷中銀座。
確かに至る所に猫に関するグッズやモノが売っています。

ここ招き屋もそのひとつ。
「ネコ焼き」「にゃんこ焼き」と呼ばれるこの大判焼き的なものは、単純にネコのカタチをした「たい焼き」と言ってしまえばそれまでです。
味もごくフツーです。

でも、お店を出るときに、店員さんに「いいことありますように」と声を掛けられました。
下町の人柄っていうか、懐かしくなるような、そんな気持ちにさせてくれるお店であり、街です。
食べ物屋さんは、単純に美味しければそれで合格で無く、それ以外の要素が大きいってことですね。

谷中銀座は立ち食いの街のようなので、いか焼きやコロッケを食べたり、ネコ焼きを食べたりすると楽しいですよ。
ちょっとお祭り気分で、ビールやジュース片手に歩くのもいい感じです。
また行きたいな。(^^)

招き屋

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅

Chromecast で音楽を楽しむ

Chromecast で音楽を楽しむ

2014年5月28日、GoogleからChromecastが発売された。
アメリカではすでに去年から発売されているので、そう目新しいものではないが、日本で正式に発売されたのは嬉しい限り。
仕事でも使うので、当日買った。
うーん、Nexus7 2013 32GBに続いて、Google製品は当日購入が多いね。

Chromecastは簡単にいうと、スマフォやタブレット、パソコンでの動画や写真、音楽をテレビで再生する機械。
正確にいうと、スマフォに写っているモノをスマフォから飛ばすのではなく、スマフォをリモコンのようにして、Chromecast自身へサーバから直接映像や音楽を送信するモノ。
ここがこれまでの類似商品と大きく違うところ。
(これまでの機械はスマフォの中の映像などをミラーリングしたりするモノがほとんど)

もうひとつの大きな特徴としては値段が4,200円と安いこと。
使う頻度が高い人なら、各々のテレビのHDMI端子にひとつずつChromecastをつけてもいいかもしれないよね。

Chromecastの面白いところは、YoutubeやGooglePlayビデオのようなGoogleのサービスでなくても使えること。
NTTドコモのdビデオやauビデオパスでも使える。
近い将来にはニコニコ動画やHuluでも使えるようになるはず。

友達や仕事の仲間なども結構発売日に買っていて、主にYoutubeなどを見ているようだ。
いちおう映像はフルHD対応で、そこそこキレイに見れる。
多少遅延などはするけど、まあ、実用範囲。
パソコンのGoogleChromeブラウザ画面(タブ1つ分)をテレビに出力することもできるので、プレゼンなどに使うのも可能。
(文字変換やマウスカーソルは表示されないので、編集などの利用は無理かな?)

ボクの場合は、映像などはほどほどで良いのだけど音楽を聞くのにメインとして使いたい。
いまの寝床はCDプレイヤーなどはなく、音楽の再生装置はパソコンかスマフォ、またはタブレット。
これにUSB接続が可能なデジタルアンプ Wadia PowerDAC mini(USB DAC内蔵)を接続して音を出している。

現状で面倒なのが、必ず有線でパソコンやスマフォをアンプと繋げなくてはならない。
そして、パソコンの電源を入れておかなくてはならない。
なので、リモコンだけで音楽を聞くっていうのができない。
スマフォとアンプだけでも音楽は聞けるけど、有線になってしまうのは邪魔ですし。

しかし、Chromecastを使えば、スマフォのプレイヤーでプレイボタンを押してキャスト配信させるだけで音が出る!
HDMI-CEC(ビエラリンクやブラビアリンクなど)対応のテレビなら、自動的にテレビの電源が入って自動的にビデオ1(HDMI)に切り替わって、Chromecast経由で音楽が流れる!
アンプの電源が入っていれば、テレビのスピーカーではなくて、ちゃんとしたオーディオ用のスピーカーからも音が出る!
テレビなどのリモコンはとりあえず必要なし。
これは便利すぎる。

音の(簡単な)流れとしては、
「スマフォ」→Wi-Fi→「Chromecast」→HDMI→「液晶テレビ」→光デジタル→「アンプ」→「スピーカー」
という感じ。

ざっくりと図にすると以下のようになるかな。
ChromeCast配線図

音楽はGoogle Play Musicというサービスを使う。

これは50,000楽曲をクラウドに無料でアップできていろんなデバイスから聞けるサービスなんです。
日本ではまだ正式にはサービスしていない。日本で使う場合は自己責任でググって調べて下さい。(笑)

Google Play Musicを使えば、iTunesなどに入っている曲が全部聞けるから超便利なんだ。
音質は次第点。まあ、そもそも圧縮音楽(MP3、AAC等)などなので、そこまでピュアオーディオではないのでいいんだけど。(笑)

ベッドにいながら好きな音楽が楽しめるようになってすごく便利。
朝の外出間際にタブレットで曲を再生していて、そのままタブレットの電源を切ってカバンにしまったとしても、Chromecastは音楽を再生し続けるので便利。
タブレットからは「この曲を再生しろ!」という命令だけがChromecastに行っているから成せる技。

まあ、音楽を聴くのにBluetoothを使うのもひとつの方法なんだけど、Bluetoothはそもそもの音質が悪いことと接続が不安定という認識があるので、あまり好きじゃない。

将来的にはテレビ自身にこのChromecast機能が入るかもしれないけど、この値段で、HDMI端子に挿せばすごく簡単にテレビの大画面でコンテンツが見られるっていうのは、結構面白いと思いますね。

Androidのコンテンツをテレビで見たいのだったら、MHLケーブルかSlimPort-HDMI変換アダプタを使ってHDMI接続すれば、もっと安定して映像・音声出力できるのだけど有線で使うっていうのは少し面倒だからねぇ。

Androidを持っていなくても、iPhoneだけでも使えるので、話のネタにひとつ買っておいても損はしませんよ。

東京で本格いか焼きを ~ いか焼き やきや 西日暮里 谷中銀座

東京で本格いか焼きを ~ やきや 西日暮里 谷中銀座

大阪に行った時、大阪在住のモロ大阪人が「大阪の粉モンっちゅうたら、たこ焼きやお好み焼きやなく、いか焼きが一番や!」と言っていた「いか焼き」。
そのいか焼きを東京で食べられるのが、ここ西日暮里近くの谷中銀座にある「いか焼き やきや」。
いか焼き専門店とは、なかなかやりますね!

オーダーしたのは、いか焼きスペシャル(230円)と、いか焼き玉子スペシャル(280円)。
スペシャルとはマヨネーズがかかっているモノです。

回転は良くないです。
その理由は、オーダーしてから丁寧に焼いているからですね。
これはなかなか偉い。

ずいぶん久々にいか焼きを食べましたが、なかなか美味しいです。
アツアツだし、イカもいっぱい入ってます。

谷中銀座は初めて行きましたが、活気があって懐かしくて祭りのような雰囲気があります。
休日の夕方に行くといい感じかも。
いか焼きはB級グルメではありますが、結構オススメです。(^^)

いか焼 やきや

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:お好み焼き・たこ焼き(その他) | 千駄木駅日暮里駅西日暮里駅

東京で本格博多ラーメンを ~ 博多長浜屋台やまちゃん 銀座店

東京で本格博多ラーメンを ~ 博多長浜屋台やまちゃん 銀座店

知っている人は知っている、本場の博多長浜ラーメンが東京で食べられるお店やまちゃん
銀座といっても東銀座ですね、ここは。

福岡出身でラーメンにうるさい先輩が「やまちゃんのラーメンは本場の味に近い!」と言っていたので、本場の味を知る人が期待して行っても失敗は無いと思います。

毎日福岡から麺と新鮮なネギが送られてきます。
麺の硬さは『バリかた』『かた麺』『ふつう麺』『やわ麺』『ズンダレ』がありますが、「バリかた」推奨です。

トンコツ独特の臭みがなく、見た目よりクドくなくて美味しいです。
トンコツ嫌いな人もイケルでしょう。

一杯目は、ほとんど素のままで食べるのが良いらしく、最初から紅しょうがをドカドカ乗せるのは邪道とか。
替え玉をしてから、味の変化を楽しむそうです。
まあ、女性とかは替え玉までは食べられない人は、一口、二口は普通に食べて、味の変化は最後のほうで楽しむが良いですね。

お昼から明け方まで営業しているので、銀座で夜遅くなったら、シメはここがいいかもしれないです。
場所は東銀座ですが、銀座8丁目ぐらいからでも歩けますし、酔い覚ましにもちょうどいいですよ。
結構好きなラーメン屋さんです。

博多長浜屋台やまちゃん 銀座店

夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

豪快な立ち食いステーキを ~ いきなり!ステーキ 銀座4丁目店

豪快な立ち食いステーキを ~ いきなり!ステーキ 銀座4丁目店

グラム単位で豪快に肉が食べられる立ち食いステーキ屋さん。
銀座といっても東銀座ですね、ここは。

一番リーズナブルなお肉、リブロースは5円/g。
なので、300gで1,500円になります。

お店には300gからオーダーして下さいと書いてあるが、別に150gでも200gでもカットしてくれるから女性でも心配しなくて大丈夫。

土曜日の夜なんて、どこからこんなに人が集まったの?と思うくらい混んでる。
30mぐらい行列ができてるから、ヘタしたら1時間待ちだな。
並ばずに食べたいのであれば、閉店間際の22時45分ぐらいにいけば良いかも?

さて、味のほうは、まあ次第点ってところでしょうか。
肉は脂身も少なく、全体的に脂っぽくないので、赤身の肉の味が楽しめる。

ソースはそんなに美味しいってわけではないです。
ここはペッパーランチ系のクオリティかなぁ。
なので、塩コショウで食べていって、その後で特製のソースをかけるって食べ方が無難かも。

今回は400gにチャレンジ。(実際にカットされたのは420g)
出てきたときはこれはボリュームがあるなーと思いましたが、苦なく食べられました。
立ち食いとはいえ、一応ちゃんと炭火焼きだし、レアで頼んだけど火加減もちゃんとしています。

ニンニクライスもありますが、あまりニンニクの香りが無いですね。これは残念。
まあ、肉をガッと食べたいなぁという時にオススメですが、1時間も並ぶのはどうかなぁと思います。
一人で行くより、友達などと和気あいあいとエンタテインメント要素をもって食べに行くのがいいかもですよ。

いきなり!ステーキ 銀座4丁目店

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ステーキ | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

ドラマ版「孤独のグルメ」に出た定食屋 ~ 駒込 和食亭

ドラマ版孤独のグルメに出た定食屋 ~ 駒込 和食亭

孤独のグルメというドラマがあって、そのSeason1、第2話に出てきたお店。(原作は漫画)

ドラマでは煮魚を食べていたので、ボクも煮魚を頼む。
煮魚定食は1,800円。(結構強気な値段)
刺身はつかない模様。
おまかせコースは2,000円と3,000円があって刺身がついてくるのだが、2,000円のコースは焼き魚になってしまい、煮魚は選択できない。定食に3,000円は出せないので、煮魚定食をオーダー。

前菜は6品。おひたしとか結構いろいろ出てくる。
そして、ドラマであったような変わった前菜のロールキャベツ(キャベツは2つ)。
(ドラマではシチューだった)
うーん、単純に煮魚とゴハンと味噌汁ぐらいでいいんだけど、いろいろついてくる。
その分、値段も高くなってる。

料理を撮影しようと思うと、店主から「うちは撮影お断りしてるんですよ」と言われた。
ネットで調べたかぎり、昔は撮影禁止で、いまは解禁になったと書いてあったから「なんで?」と聞いたところ、
「お客同士でトラブルがあって、それ以来禁止にした。ひとりだけ撮影を許可するとみんなに許可しなきゃいけなくなるから断っている」
という。
テレビに出ているのに、店内撮影禁止ということなんだけど、なにか矛盾?しているようにも思うんだけど。
店のポリシーだから仕方ないし、気持よくゴハンを食べる配慮なのかもしれないけど、ちょっと腑に落ちない気もする。まあ、食べ物を写真で撮るのが良いか悪いでいうと、どっちかというと悪いかもしれないんだけど。

それにしても、店主は物腰は低く、そして「嫌いなものはございませんか?」と聞いてくるほど配慮してくれる。
また、ゴハンを大盛りでお願いしたのだけど「大盛りよりもゴハン茶碗2杯で食べられたほうが量が多くなりますから、食べ終わられましたら次のゴハンをお出しします」と、他の店ではなかなか無い気配り。

魚は毎日築地市場に買いに行くほどで、けっこう新鮮。
煮魚の味付けは関東っぽくは無く、結構あっさり目。
どちらかというと味が染みていない感じ。
味は薄くても良いので、もう少し煮たほうが良いと思う。

写真撮影を断られて、少しムっとしていると思われたのか、サービスでお刺身が少し出てきた。
隣にある寿司屋と同じ仕入れということだが、わりと新鮮で合格点が出せる。

定食屋さんには間違えないのだが、総合的にみて、値段は高く、毎日気軽にいくような感じではない。
値段はテレビに出てからずいぶん高くなったというから少し残念。

とはいえ、店主とお母さんの配慮はいいし、話の種に行ってみるのは悪くはないですね。

和食亭

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:割烹・小料理 | 駒込駅巣鴨駅

おフログ ~ おがわ温泉 花和楽の湯 埼玉県 比企郡 小川町

おがわ温泉 花和楽の湯 埼玉県 比企郡 小川町

東京からだと車でも電車でも1時間半ぐらいかかる、少し田舎にある温泉。
温泉といってもどちらかというとスーパー銭湯的な温泉。
東武東上線、JR八高線の小川町駅から徒歩8分。

源泉の温度が低いので(27℃ぐらい)加温されており、加水はされていないが、循環と消毒もされている。
温泉法によれば温泉なのだろうが、限りなく鉱泉に近い温度。

休日の夕方に行ったけど、人は多め。
特に小さな子供も多い感じの施設。
東京から来る人よりも、地元密着型の温泉のような気もする。

雰囲気は和風の結構落ち着いた感じ。
夜に行くと雰囲気はいいと思う。

露天風呂は3種類+炭酸泉、内風呂は小さめの浴槽がひとつだけで、わりとシンプル。
行った日は内風呂は酒湯になっていた。

後はサウナと水風呂。
際立った特徴は無い。
男女で入れる岩盤浴が1つで、女性専用岩盤浴がもう1つ。

標準プライスは1,380円なんだけど、入浴料、サウナ、岩盤浴(ウェア付き)、バスタオル、フェイスタオル、浴衣、和菓子サービス付きと内容盛りだくさんなので、結構お得感があるかな。

夜割、ナイト割もあって最安だと700円で入れちゃう。

エンタテインメント系のお風呂ではないのだけど、ドリンクバーもあるお食事処があったり、足湯があったり、仮眠スペースがあったり、マッサージコーナーや家族風呂もあって、家族で行ったりするのにもいいかな。

東京からここまでわざわざ時間と交通費を使って行く価値があるかどうかと言われれば、一度ぐらいは行ってもいいかなっていう感じですかね?
浴衣の貸出やオシャレなバーもあるのでデートにも悪くないかも。
わりと気軽に都会のざわめきから離れられるので、そこには価値がありますね。


おがわ温泉 花和楽の湯
点数:★★★☆☆ 3.0
泉質:4、サービス:4、雰囲気:4、エンタテインメント:3、衛生面:3、CP:5
営業時間:平日 10:00~23:00(受付最終22:00)
     土日・祝 10:00~24:00(受付最終23:00)
定休日:不定休
入浴料:1,380円(大人)、690円(子供)
割引:18時以降 夜割 1,080円、21:30以降 ナイト割 700円
TEL:0493-73-2683
住所: 埼玉県比企郡小川町角山26-2
最寄り駅:東武東上線、JR八高線の小川町駅。下車徒歩8分。
タオル:フェイスタオル付き、バスタオル付き。
温泉=◯
源泉かけ流し=×
露天風呂=◯
サウナ=◯
スチームサウナ=×
ジェットバス=×
寝湯=◯
備え付けボディソープ=◯
備え付けシャンプー=◯
岩盤浴=◯
アカスリ=◯
マッサージ=◯
休憩所=◯
リラックスルーム(仮眠シート)=◯
お食事処=◯

DigiFi 13号 特別付録のUSB DAC搭載デジタルアンプを試す

DigiFiのUSB DAC搭載デジタルパワーアンプを試す
DigiFiのUSBDAC付きデジタルアンプを試す

パソコン用の省スペースなアンプとスピーカーが欲しくて、「DigiFi(デジファイ) 第13号」(4,320円)という雑誌の特別付録としてついてくるUSB DAC搭載デジタルパワーアンプを試してみた。
付録では基板むき出し状態なので、別売りの専用アルミケース(11,800円)に入れてある。

付録の設計・生産はOlasonic(東和電子)が担当、最大出力10W×2ch(8Ω)のデジタルパワーアンプで、OlasonicのUSB接続対応卵型スピーカー「TW-S7」に搭載している技術をベースに開発された特別品。

USBバスパワーで作動するので、基本的にはパソコンとアンプをUSBで接続して、スピーカーをつけるだけ。
コンセントなども必要ないので、省エネ、省スペース!
本体に電源On/Offなどは無いが、OSの音量を調整できるハードウェアボリュームのスイッチがついている。

本来、USB2.0は最大2.5Wしか使えないが、大きなバケツに水を貯めて一気に放出するようなイメージの機能で、このサイズで10W+10Wを実現している。

Olasonic USBスピーカーバスパワー10W+10W Olasonic TW-S7

「TW-S7」は新開発「Super Charged Drive System=SCDS」回路搭載により、10W+10Wものハイパワーを実現しています。SCDSとは、例えればハイブリッドカーのようなシステムで、音楽出力の小さいところでは電源部の大容量コンデンサーに充電し、出力が大きなところではその蓄えたパワーを取り出すことで、連続して大きな実効音楽出力を可能としました。さらに、新開発の高効率デジタルアンプ、高能率スピーカー・ユニット採用で、他のUSBパワードスピーカーを凌駕する高出力を達成しています。

TW-S7はスピーカー一体型のアクティブスピーカーだが、その中身だけを取り出したようなデジタルアンプ。

接続してあるスピーカーは、ScandynaのMicropod SE Loudspeaker。
小さいわりには、なかなかのバランスで音質も相当キレイ。

この構成だと、PC←USBケーブル→付録のアンプ←スピーカーケーブル→スピーカーといった、相当コンパクトかつシンプルに使える。

このアンプ、結論からいうと「大きな音を出さないのであれば、解像度が高くてなかなか良いアンプ」。
この「大きな音を出さなければ」というのは結構キモで、ちょっと大きな音を出すと音が完全に割れてしまう。
とても聞いてられないレベル。

少し音量を上げていくと、アンプが電力不足で、息が切れてくる感じ。
ある一定の音量に達すると、完全に割れる。

USB2.0は、5V / 500mA = 2.5Wしかないので仕方ないのだが、もう少し大音量に耐えられるのであれば、コストパフォマンスも音質もサイズもなかなか良い商品になる。
それならば電力アップをはかろうと、USBを二股にするYケーブルを使用してUSBからの電源を2つ取ったり、その電源をより強力な5V / 2A = 10Wにしてみたり、USB3.0(900mA)のコネクタ&ケーブルを使ってみたり試行錯誤したけれど、やはり音割れは直らず。
特に少し大きめなスピーカーを使うと全然使い物にならない。

と言っても、この「割れる音量」というのは結構大きな音なので、オフィスや自宅で普通に使う分には大丈夫です。
大きめの音で音楽や映画を楽しみたい人は力不足ということで。

まあ、Androidケータイをつないでも音が出たりと、なかなか面白い商品。
ちなみに、Nexus7(2013)は標準ではUSBから音が出力されません…。

わりと新しいアンプを聴き比べで聞いた、ONKYO CR-N755 ネットワークCDレシーバーと比べると音量以外は付録のほうが良い。
むしろ、このONKYOはどんな酷い音だよ、って感じかな?
もっともONKYOのネットワークCDレシーバーは音質を求めるより、利便性や音楽の楽しさを求める機器だと思う。

それにしても、SHARPの10年前の1bitデジタルアンプの音の良さが際立つなぁ。

この辺にあるアンプの音質順を比べてみると、
SHARP 1bit SM-SX10 259,200円
Wadia 151 PowerDAC mini 159,840円
Olasonic NANOCOMPO NANO-UA1 75,600円
SHARP 1bit SD-VH9 65,000円程度
Olasonic DigiFi No.13 4,665円+ケース代
ONKYO CR-N755 61,560円
かな?
デジタルアンプに限っていうと、値段と音が比例しているね…。

なので、小さくて便利なアンプ+スピーカーを探していましたが、少しサイズは大きくなってしまうけど、SHARPの1bitアンプあたりを探す方向にします…。
スピーカーはB&Wかなにか適当なモノを調達しましょうか…。

無化調の創作ラーメン ~ 西日暮里 神名備(かむなび)

無化調の創作ラーメン ~ 西日暮里 神名備(かむなび)
無化調の創作ラーメン ~ 西日暮里 神名備(かむなび)

無化調(化学調味料、うま味調味料不使用)で、結構美味しいラーメン屋があると聞いてきた。
ランチに来たのだが、食べログなどでも評価が高いわりには空いている。
ベストレストラン5,000にもランクインしているので期待が膨らむ。

ベーシックな中華そば(735円)は材料高騰ゆえ提供していないらしく、一番ベーシックなのは醤油ラーメンになる。
値段は1,080円と高い。タマゴとオニギリ(混ぜご飯)を頼むと1,500円近くなる。
ラーメンとしては超高額。

最初に出てきたのは、筍のオニギリ(混ぜご飯)。
少し米がベチャっとしているが、丁寧に作られているのがよく分かる。

醤油ラーメンはしっかりとダシが出ていてコクもある。
チャーシューも脂身がほとんど無く、臭みも感じられない。
これは大したもの。

麺は恐らく自家製ではない卵麺。
個人的には卵麺は、麺の味に乏しい感じがするのであまり好きではない。
が、このスープとは、まあ合ってると思う。

すごく丁寧に作られている感じがして、好感が持てる。
恐らくダシやスープを作るのには、この価格で出さざるを得ないだけの材料費と手間がかかっているのだろう。
一般的なラーメンというよりは、ラーメンのカタチをした創作料理にも思えた。

そして、女将さんの細かな気配りがこの店の印象を高くしている。
必要以上とも思われる気配り。
これはなかなかできるものではない。

「ごまの酸辛麺」(1,836円)というのがどうもオススメらしい。
ラーメンとしては超高いし、「美人は三日で飽きる」的なところがちょっとあるけど、近くまで来たらまたきてみてもいいかな?

神名備

昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 西日暮里駅千駄木駅田端駅

チェーン店では無い豚肉めし ~ 茅場町 もつよし

チェーン店では無い豚丼 ~ 茅場町 もつよし

夜はオトクな居酒屋に変身するというもつよし。
何回か店の前を通ってるものの、なかなか入る気にならず。
特になにかがイヤだとか、入りたくはないわけではないのだけど。
いつも13時ぐらいになるともう店じまいしているような気がする。
なので、いつもタイミングがあわなくて。

結構人気店のようで、いつも気にはなっていたので、いざ意を決して入店。
あまり昼食を取る時間が無い日だったから、チェーン店の牛丼屋さん的な提供時間の早さを期待してました。

「豚めし」中盛り780円とタマゴをオーダー。
食券機でチケットを買って、お姉さんに渡す。

12時半を過ぎて入店したのだけど、なかなか豚肉めしが出てこない。
15分ぐらい待ったかな?
うーん、時間がない。

丁寧に豚肉が焼いてあって、甘めのタレと合わせる絶妙な味。
味はそれはチェーン店には無い良い感じだが、絶賛して美味いわけでもなく。
かと言って、まずいわけでもなく、普通に美味しくいただけましたよ。

今度はもっとゆっくりと味わって食べてみよう。

もつよし

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:居酒屋 | 茅場町駅八丁堀駅水天宮前駅