ゼロハリバートンがカッコ悪くなったような (>_<)

毎日使っているゼロハリバートンのパソコン収納用アタッシェケース
最近フルモデルチェンジして、デザインも大幅に変わったようだ。

まだ実物を見てないから何とも言えないのだけど、写真で見る限りカッコ悪い…なぁ。

いまのパソコンケースがこのDZ5とDZ7で、
ZERO HALLIBURTON Computer Case DZ5-SIゼロハリバートン・DZ7

新しいパソコンケース(ZR-Geo Attache / 94084-05) 59,400円がこれ。
ZR-G-AT Attache

なんか、今どきのデザインなのかもしれないけど、なんだかカッコ悪いなぁ。(´;ω;`)
しかもMade in Chinaになってるー(>_<) DZ5/7はMade in USAなのにー(>_<) 今までのパソコンケース(DZ5とDZ7)は予備も含めて3つ使っているけど、あと1つぐらい予備でClassicなデザインのケースを持っておきたいなぁ。 ZR-G-AT Attacheは、320x450x120mm Computer Case DZ5は、345×470×102mm Computer Case DZ7は、345×472×135mm うーん。(´・ω・`)

IntelのSSD 530シリーズ ~ Amazonで買ったイイモノ

Intel SSD 520 240GB

最近はSSD(Solid State Drive)も少し安くなり、購入しやすくなった。
SSDはパソコンを速くする、最も確実な方法のひとつ。

従来のハードディスクではなく、メモリカードの容量が大きくなったような感じのもの。
ハードディスクのように回転体を使わないので、寿命も長く、故障の心配も少ない。
メモリの増設などよりは値段は高いが、その効果はバツグン。

デスクトップパソコン(液晶一体型は除く)を使っているのなら、120GBぐらいのSSDをメインドライブにして、残りのデータは1TBぐらいのHDDにいれるのがいいと思う。

もしノートパソコンを使っているのなら、普通セカンドHDDは積めないので、比較的大容量のSSDが欲しくなる。
ボクの場合は、最低でも240GBは欲しいところ。
ノートパソコンをSSD化すると、省電力なので利用時間が伸び、振動や衝撃に神経質になることもなくなるので、非常に使い勝手がいい。
一度SSDを使うと、HDDなんて遅くて使ってられない。

SSDの導入・スペック比較はこちら

パソコンの中でも最も重要なパーツなので、少し高価であっても、より信頼性の高い製品を選びたい。
となると、メーカーはIntelがオススメで、中でも最も高速で、保証期間も5年と長い530シリーズのSSDがオススメ。
2.5インチサイズなので、たいていのノートパソコン、デスクトップパソコンで利用できるし、SATA3(6Gb/s)に対応。
厚みも7mmと9.5mmに対応している。
データ引越しツールも無料で使えるので、便利なことこの上なし。

特に仕事でパソコンを使うなら、必須アイテムです。
イチオシです!

P.S.Intel SSD 530シリーズより低価格で省電力なIntel SSD 335シリーズでもいいと思います。
性能が少し落ちるのと、9.5mm厚なのと、保証が3年なのが気にならないのであれば、ね。
HDDよりは335シリーズのSSDのほうが何倍も速いわけですから。

SDカードをゲットしました (^^)

SDカードをゲットしました(*´ω`*)
SDカードと言っても「SD(Secure Digital)メモリーカード」ではなく「Safe・Driverカード」のことです。

SDカード
SDカード
無事故無違反証明書

実はボクは安全運転者(Safe・Driver)で、17年間無事故・無違反、来年の春で18年目になります。(╹◡╹)

(1998年5月4日から無事故無違反、日経過しました。)

免許証もゴールドで、もちろんペーパードライバーではなく、毎日クルマやバイクを運転しています。
前回の違反(17年前)は、スピード違反でしたが…。

なので、先日帰省したときに、SDゴールドカード(10~19年無事故・無違反)を申請しました。
SDゴールドカードは見たこと無いし。
まあ、天下りの自動車安全運転センターに630円ものお金を払うのはちょっとシャクでしたが…。

ボクの無事故・無違反、安全運転の秘訣は、一旦停止では必ず止まって、ミラーではなく目視を怠らないこと。
高速などの合流でも目視を必ずすること。
交通量の流れに乗るくらいのスピードは出しますが、決して目立つ運転はしないこと。
スピードを出す時は出して、安全を確保すること。
警察官に止められても、決して動じないこと。
もちろん高速道路を走るときは、覆面パトカーにも注意しますけどね。(・∀・)アハハ

やっぱりキーワードは「譲る優しさ、待つゆとり」ですね。

次は、20年目に貰える、SDスーパーゴールドカードの取得を目指して、これからも安全運転で行きましょう。(^o^)丿