無料のWindows10「Windows10 Enterprise Evaluation」を入れてみる

無料のWindows10「Windows10 Enterprise Evaluation」を入れてみる

うちにあるWindowsパソコンはすべてWindows7なのだけど(8/8.1は無い)、ちょっとどうしてもWindows10が必要になったから導入してみました。

今回Windows10をインストールするのは、普段は全く使っていないFRONTIER ベアボーン X310
周辺機器のテストをするときだけ使うという、もったいないパソコンです。

入れるOSは、無料の「Windows10 Enterprise Evaluation」。

このWindows10はプロ向けではありますが、実はMicrosoftアカウントでサインインすれば誰でも無料で使えます。
なので、システム要件さえ満たせば基本的OK。

こちらから日本語の32bit版、64bit版のISOがダウンロードできます。

ただし、利用できる試用期間は3ヶ月。

試用期間後は、デスクトップ背景が黒に変わって、システムが正規版ではないことを示す通知が表示されるそう。
しかも、1時間おきにPCがシャットダウンするらしいので、あくまでもテスト用ですね。

しかし「Windows7 Enterprise」には試用期間を延長する裏技があったので、Wind10でも試してみる価値はありますね…。

さて、このX310はメモリ1GB、SSD32GBとわざと劣悪な環境にしてあるので、32bit版をインストールします。
(Core i5なのにもったいないな…)

<<手順>>
1. Microsoftのサイトから2.7GB程度の32bit版ISOファイルをダウンロード。

2. DVDに焼く。
 Win7ならISOファイルをクリックするだけでウイザードがでるからすぐに焼ける。
 Windows7だとUSBブートメモリを作るのがちょっと面倒なのでDVDのほうがラク。
 Win8/8.1ならUSBブートメモリ作る方がいいかもしれない。

3. Windows10にしたいPCで、DVDまたはUSBからブート。

あら簡単。あっという間に最新のWindow10パソコンの完成。
所要時間は約1時間ちょっと。

インストール後のディスク使用容量(使用領域)は10GBちょうどでした。
結構コンパクトなので、32GBぐらいのSSDにでも入っちゃいますね。

ちなみに、クリーンインストールしちゃうと、ハードディスクやSSDが初期化されますから注意してくださいね。

初心者にはハードルが高いとは思いますが、結構簡単です。
インストールとご利用は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA