自宅ノートPCのハードディスクを交換

先日、持ち運び用のノートパソコン、ThinkPad Z60tのハードディスク換装が簡単に終わったので、自宅のノートPC、ThinkPad T43のハードディスクも換装することにした。

調子に乗ったボクは、密林で前回と同じWESTERN DIGITAL WD3200BEVT (320GB 9.5mm)を買った。
相性返品保証も付かないのに・・・。

T43からリカバリDVDを作って、外付けハードディスクにデータをバックアップ。
T43にWD3200BEVTを取り付けてみた・・・。

ここからが地獄の始まり。


何回、取り付けてみても、T43にハードディスクが入らない。
なんで?
方向を変えて入れてみたりしたのだが、やはり入らない。

取り外した換装前の古いハードディスクを見て愕然とした。

なんと、T43はSATAではなく、古いIDEタイプではないか!?(‘A`)

密林の返品条件を見ると、お客様の都合で・・・は・・・10%の返金となりますと。
(‘A`)
ひどいぢぁあ。

仕方ないので、地元のPCショップでIDEのものを買うことにした。
もうね、仕方ないじゃん。

でね、古いIDEの2.5インチハードディスクって高いのさ。
250GBで8,000円ぐらいする。
ぐえ。
相性保証もつけましたわ。

余ったSATAの320GBのハードディスクは返品することもできずに、バルクの2.5インチハードディスクケースを買いましたわ。
おうちのPCのバックアップ用に。

4,000円で換装できると思っていたのに、14,000円もかかってしまったわん。自分のぢゃないのに。(´A`)

しかも、WESTERN DIGITALのハードディスクはT43ではエラーが出るらしくって、DOSのコマンドを使ってもエラー回避できず。
ま、起動時にエラーが表示されてピーピーというだけで、基本的には250GB前領域認識しているし、問題は無いんですけどー。

ちなみに、今日T43を分解掃除してやったら、キーボードの「7」のキーを壊してしまったorz
T43とはボクと相性が合わないらしい。

教訓:相性保証とかいう以前に、仕様に合うものをちゃんと調べて買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA