メインPCで使うSSDを3種類テストしてみた

SSD比較

メインで使っているノートパソコン、ThinkPad T420にSSDを入れてみた。
SSDは最近だいぶお手頃価格になったものの、まだ安くはない。
特にボクが欲しい180~256GB程度の比較的大容量のSSDはまだ高価。

デスクトップパソコンであれば、OSや主要なソフトのみを比較的小さくて安価なSSD(80GB程度?)を起動ドライブCとして使って、ドキュメントや写真、動画などは1TB~2TBのセカンド3.5インチHDDに入れることも可能だが、ノートパソコンだとそういう訳にはなかなかいかない。

(正確にはThinkPadは光学ドライブの代わりにセカンドHDDを入れるベイアダプタがあるのだが、ボクはBlu-rayドライブを入れて使っているので、セカンドHDDは使いたくない)

パソコン好きな友人の協力の元、以下3つのSSDを実際に自分でベンチマークテストをしてみた。
◆Intel 520シリーズ 180GB Read 550MB/s Write 500MB/s 約21,000円程度
◆Verbatim SSD 240GB Read 550MB/s Write 510MB/s 約27,000円程度
◆Crucial M4 256GB Read 412MB/s Write 260MB/s 約20,000円程度

まずは全部のSSDを同じ環境でテストしたかったが、日常使っているパソコンを使ってのテストなので、各々のテストの内容の方法や状況に若干の違いがあるため、誤差がある可能性があることを最初にお断りしておく。

テストは基本的にSSDをセカンドドライブではなくCドライブとし、OSをクリーンインストールして比較する。


まずは、
◆Intel 520シリーズ 180GB Read 550MB/s Write 500MB/s 約21,000円程度
◆Verbatim SSD 240GB Read 550MB/s Write 510MB/s 約27,000円程度
を、自作のデスクトップパソコンでテスト。

■デスクトップPC スペック(自作)
CPU Intel 第2世代 Core i7 2600K 3.4GHz-3.8GHz(4コア/8スレッド)
メモリ 8GB
マザーボード Asus P8 H67-M PRO
SATA III 6Gbps対応(ACHI)
グラフィック: CPU内蔵(Intel HD Graphics 3000)
OS Windows7 Professional 64bit

◆Intel 520 180GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) ランダムモード
Core i7 2600KIntel520-180GB-AHCI

◆Verbatim 240GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) ランダムモード
Core i7 2600k Verbatim 240GB AHCI

SSDは容量が大きいほうがスピードが速い傾向があるが、全般的にVerbatimのSSDのほうが性能が良かった。

◆Intel 520 180GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) 単純データモード All0x00
Core i7 2600K Intel520 180GB AHCI All0x00

◆Verbatim 240GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) 単純データモード All0x00
Core i7 2600K Verbatim240GB AHCI All0x00

IntelもVerbatimもライトの速度が上がった。4K32QDはIntel520が速く、その他全般はVerbatimが速い。
しばらくテストをしてみたが、Intel520、Verbatimともに同じSandForce 2281コントローラを使用しているためか、特に圧縮したファイルの書込は両方とも速いようだ。

次に、今後メインで使うノートPCでの比較である。
ただし、Intel520をノートPCに入れることができなかったので、
◆Crucial M4 256GB Read 412MB/s Write 260MB/s 約20,000円程度
◆Verbatim SSD 240GB Read 550MB/s Write 510MB/s 約27,000円程度
との比較をしてみた。

■テストノートPC Lenovo ThinkPad T420 4177CTO
CPU Intel Core i7-2620M 2.7GHz-3.4GHz(2コア/4スレッド)
メモリ 8GB
SATA II 3Gbps対応(ACHI)
グラフィックス: NVIDIA NVS 4200M Optimus グラフィックス (1GB)
OS Windows 7 Home Premium 64bit

◆Crucial M4 256GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) ランダムモード
T420-crucial256GB

◆Verbatim 240GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) ランダムモード
T420 Verbatim 240GB

Crucialのほうはカタログスペックよりも高いベンチマークが出た。Verbatimのほうはまずまずといったところ。

◆Crucial M4 256GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) 単純データモード All0x00
T420 Crucial256GB All0x00

◆Verbatim 240GB / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) 単純データモード All0x00
T420 Verbatim 240GB All0x00

単純データでは、Verbatimが本来のスペックに近い450MB/sの読み込み速度でCrucialを圧倒。
カタログスペックではVerbatimとCrucialではかなりの差があるので、これはCrucialが元々不利な戦いだったかも。

結論としては、Verbatimが若干良いベンチマークになったと思う。
ただ、Intel520シリーズでも240GBだったらもう少しベンチマークが良かったかもしれないし、Intel520は付属品や保証、ブランドイメージではVerbatimより上かなと思う。

一方、Crucial M4 256GBは、ちょっとランクが下のSSDになってしまうので、IntelやVerbatimと直接比較するのはちょっと可哀想とも言える。
値段相応とも言えるが。

Crucial M4と比較するのであれば、Intel330シリーズ(SATA III 6Gbps対応)ぐらいと比較したほうがよいかもしれない。
Intel520シリーズ、330シリーズは値段にお得感があるが、6月一杯のキャンペーン価格とも聞く。
だとしたら、来月以降はまた状況は少し変わってくる。

Intelは技術もこなれてきて安心感もあり、付属ツールや7mm厚でも使えるところがメリット。

VerbatimはSSDでは新参だがスペックはIntelと同等程度、DVDなどのメディアとしては一流メーカーでサポートもしっかりしているのである程度安心感はある。
あとは今は値段が高いが、Crucial+αぐらいになってくれるとしたらなかなか良い商品になるかも。

Crucialは値段は安くスペックはそこそこ。安心感もそこそこって感じですかな。

それにしても、ThinkPadはSATA II 3Gpbsにしか対応していないとレノボのサポートで聞いていたのだが、予想以上のベンチマークが出てビックリ。

とりあえず自分のT420にはVerbatimを入れておくことにします。
今回テストしたSSDはどれもプチフリなどせず、どれも快適に使えました。(使えています。)

ベンチの速度の速い遅いはありますが、やはりSSDはHDDより起動やシャットダウンが速いのも、また振動などに神経質にならなくても良いのも魅力ですね。
そういう意味ではSSDはデスクトップパソコンよりノートパソコンのほうが受けられる恩恵が多く、消費電力=バッテリー駆動時間があがったりとメリットがあり、ノートPCでは大容量SSDのほうが使い勝手と思われるので、今回の調査はなかなか良かったと思います。

ちなみに、ノートパソコン(ThinkPad)に元々入っていたメインドライブ(ハードディスク)のベンチも一応掲載しておきますが、笑ってしまうぐらい遅いです。

◆日立グローバル 320GB HDD SATA II 3Gbps 7,200rpm 7mm / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) ランダムモード
T420 HDD320GB 7200rpm

◆日立グローバル 320GB HDD SATA II 3Gbps 7,200rpm 7mm / CrystalDiskMark 3.0.1c (32bit) 単純データモード All0x00
T420 HDD320GB 7200rpm All0x00

「メインPCで使うSSDを3種類テストしてみた」への2件のフィードバック

  1. SSDのレビュー検索でおじゃまします。わかりやすく説明していただきありがとうございます。私もレノボ商品使ってますので大変参考になりました

  2. こんにちは。
    やっぱり、6Gbps対応の高速なSSDのほうがいいですね(^o^)丿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA