我が家にWadiaがやってきた

Wadia151 Power DAC miniYAMAHA YST-SW015
PCの音響がよくなりました(^-^)で書いたとおり、とりあえずPCの音響が良くなったのですが、やはりウーファーが無いと音が寂しいので、YAMAHAのウーファーを調達しました。
低音がかなり出るようになって、バランスが良くなりましたね。

それはそうと、我が家にWadiaがやってきました。
Wadiaと言っても良く知らない人が多いと思うので、簡単にいうと高級オーディオメーカーの音響機器です。
WadiaのCDプレイヤーは、一番安いモデルで「1,029,000円」からと非常にお値打ちです。(どこが?)

Wadia151 Power DAC mini(ワディア151 パワーDACミニ)と言うのがうちに来て早や4日経過しましたが、面倒でまだ電源を入れてません。(苦笑)


何をする機械かというと、パソコンなどからUSBやデジタル端子で音を入れてスピーカーから音を出す「アンプ」と「DAC(デジタルからアナログ変換器)」ですね。
このWadia151 Power DAC miniが159,840円もします。
しかも、古い機械ではなく2010年6月に発売された新作です。

某オーディオサイトには安いと書いてあり、オーディオマニアからすれば安モノなのかもしれませんが高級品ですよね。

個人的には今ここにあるスピーカーでは、このPowerDACの性能をフルに出せないような気がしていて、そしたらまた良いスピーカーが欲しくなる訳で・・・、オーディオマニアにありがちな深みにハマって行きそうで怖いですわ。
という訳で、電源を入れてないのでありまして。。。

SHARPの1bitアンプは、ミニコンとは思えない音を出してくれます。
Wadiaは暇が出来て気が向いたら、電源を入れてやることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA