「スポーツ・美容・健康・ダイエット」カテゴリーアーカイブ

Ankerの運動用のBluetoothイヤフォン ~ Amazonで買ったイイモノ

前回のブログの通り、24時間営業のジムに通うようになりました。

エニタイムフィットネスのランニングマシンやエアロバイクにはモニターがついていて、テレビやインターネット、Youtubeなども見ることができます。
Bluetoothで接続もできます。

そうなるとBluetoothで接続できるイヤフォンが欲しくなるもの…。
なので、モバイルバッテリーでお馴染みのAnkerのBluetoothイヤフォンを買いました。

Anker SoundBuds Sport NB10 スポーツ用 Bluetoothイヤホン 【防水規格IPX5 / 調整ネックバンド / 簡単&安定接続】 (ブラック)

特徴としては

  • メチャ安い!2,499円!
  • Bluetooth4.1対応で簡単&安定接続!最大で10mの範囲までであれば安定的に接続できる!
  • USB充電で、最長6時間以上音楽を楽しむことができる!
  • 音質はソコソコ
  • IPX5防水規格対応で、汗がついたり雨の中でもへっちゃら
  • もちろん、iPhoneやAndroidとも簡単につながる
  • 18ヶ月のロング保証
    ってところかね。

    ボクは人一倍音質とかにはこだわるほうですが、Bluetoothで使えるイヤフォンぐらいだったら、必要最低限レベルの品質でもいいです。
    別に音楽を聴くことが主体ではなく、あくまでも運動するためのBGMですからね。

    バンドでしっかりと頭に固定されて外れることもないので、動きの激しい運動をしても大丈夫です。

    値段もお手頃なので、ランニングなどをしている人には特にオススメです!(^^)
    まあ、屋外でランニングなどの運動をするときは、自動車などには気をつけましょうね。

  • 24時間営業ジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

    24時間営業のジムのエニタイムフィットネスに通い始めました

    東京を始めとした首都圏や大都市を中心に増えてきた24時間営業のフィットネスジム。

    ちょっと前から気になっていましたが、体重増えてきて絶賛記録更新中なので、意を決して入会することにしました。

    社会人になってから本格的にジムに行くのは初めてです。
    24時間営業のジムは一般的なジムと比較して以下のような特徴があります。

  • 24時間365日 年中無休営業
  • マシンジム特化型
  • 低価格
  • 高セキュリティ
  • 駅近の好立地
  • 土足OK
  • 他の店舗も利用可能
  •  
    メリット

  • 24時間365日 年中無休営業
    普通のジムと違って、いつでも使えます。
    夜遅くてもいつでも運動ができますね。

  • マシンジム特化型
    トレーニングをするのに必要最低限なマシンと有酸素運動、ウエイトトレーニングができます。
    プールやスタジオなどはありません。

  • 低価格
    地域差などはありますが、だいたい月額6,000~7,000円ほどです。
    これを高いと思うかもしれませんが、普通のジムは9,000~14,000円ぐらいするので、相対的には安いです。
    オプションなどもありません。
    (月額7,000円を節約するには…スマートフォンを格安SIMに変えよう!笑)

  • 高セキュリティ
    女性が深夜に使う場合は、セキュリティが気になるかもしれませんね。
    24時間ジムでは、専用のキーを使わないと入店できず、カメラでの監視もバッチリ。
    万一のときには警備会社への通報すぐにできます。
    まあ、その辺の道端や公園より全然安全ですね。

  • 駅近の好立地
    だいたいの24時間営業ジムは、駅に隣接した好立地にあります。

  • 土足OK
    だいたいの24時間ジムは土足OKなので、ランニングしてきてそのままマシントレーニングをして、そのまま帰ってもOKです。
    わざわざ室内用の運動靴に履き替えたりしなくてもいいのは楽ですね。

  • 他の店舗も利用可能
    普通のジムだと原則的にいつも行っている店舗を使わないといけませんが、24時間営業ジムだと、好きな場所にあるジムに行けます。
    なので、旅行や出張先に同じジムを見つければ、そこを利用できます。
    特にエニタイムフィットネスは日本だけではなく、アメリカが本場ですので、海外でも使えますね。

    エニタイムフィットネス マップ

    デメリット

  • 深夜早朝などには店員がいない
    従業員がいないので、なにか聞きたいことがあったり、トラブルが発生した場合はちょっと困ります。
    まあ、怪我などのトラブルのときは、遠慮なく警備会社などを呼んだほうがいいですね。

  • セキュリティー
    高セキュリティとは言うものの、マナー違反の人やトラブルが発生した場合はちょっと困りますね。
    いまのところボクが行っているジムはヤバそうな人や悪い雰囲気はありません。
    皆さんマシンの使い方も丁寧です。

  • お風呂やサウナが無くシャワーしかない
    浴室はシャワーだけです。ボディソープもなにもありません。
    ましてや浴槽やサウナもありません。
    (個人的にはサウナは専門の素敵なサウナにいろいろ入りに行くので、ジムのしょぼいサウナに入らなくてもいいです。笑)

    まあ、月額のロッカーを借りて小さなシャワーセットを入れておけば便利に使うことができますね。
    あと、どこの店舗でも、どこのシャワーでも使えるので、夏場の営業周りをしていたときに、サクっと汗を流しにいくっていうのもいいかも。

    24時間ジムで代表的なのは

  • エニタイムフィットネス
  • ジョイフィット ジム24
  • FASTGYM24
  • メガロス24
    ぐらいです。

    で、ボクは最もポピュラーで店舗数も多いエニタイムフィットネスにしました。

    で、ボクが行っている店舗の設備は…
    ウエイトトレーニングマシン×9台
    ランニングマシン×8
    エアロバイク×2
    フリーウエイトスペース
    フリースペース 6畳くらい
    シャワールーム×2
    更衣室×2
    月額ロッカー
    トイレ×2
    自販機×1
    テーブル×2
    椅子×4

    必要最低限の設備ですが、綺麗で清潔感もあってフットネスをするには十分な施設です。

    社会人になってから始めてのジム…と言いましたが、高校生の頃はかなりトレーニングをしていました。
    月曜、水曜、金曜の週3でやってましたね。

    …そして四半世紀程度の時間が流れましたが、週3のトレーニングを復活させました!

    まずは10分の有酸素運動、例えばランニング、もしくはエアロバイクなどを使います。
    それから軽くストレッチ

    そして、

  • シーテッド・レッグカール
  • レッグ・エクステンション
  • プルダウン
  • ショルダー・プレス
  • シーテッド・レッグプレス
  • ロー/ディア・デルトイド
  • アブドミナル
    をそれぞれ10回×2セット
    あとは腹筋と背筋、アブホイール(腹筋ローラー)
    気が向いたら、ベンチプレス…

    それからまた20分の有酸素運動とストレッチですね。
    これを週3回、月水金やります。

    ほとんど高校生のときのメニューとほどんど変わりませんが、いまのところ続いています。
    もっとも負荷は全然低くなってますけどね。

    そうそう、エニタイムフィットネスのランニングマシンやエアロバイクにはモニターがついていて、テレビやインターネット、Youtubeなども見ることができます。
    なかなかハイテクな感じですね。
    Bluetoothで接続もできます。

    ということで、いまは体重を公開するのも阻まれるぐらいですが、できれば夏ぐらいまでには昔のようにパックリと割れた腹筋を復活させたいですね!
    24時間ジムはオススメです。(^^)

  • 大腸内視鏡検査をしました

    大腸内視鏡検査をしました

    これはBlogに書くべき内容か迷いましたが、健診の一環で大腸内視鏡検査をしました。

    ※汚い表現があるかもなので、食事中の方は読まないで下さい。

    ケツに内視鏡を入れるアレです。
    実は初めてなんですよね、内視鏡。

    まず電話でクリニックに事前予約をします。
    検査日を決めて問診をして検査キットを貰いに行きました。

    実際の検査日は問診から1週間後ぐらい。

    まず検査日前日は、夜21時以降は食事は禁止。飲み物はOK。
    繊維が多く腸に残りやすいものは食べずに消化の良いものを食べるらしい。

    普段飲んでいる薬は、いつもどおり服薬していいそうです。
    (普段飲んでいる薬ってないけど)

    ×腸に残りやすく、避けたほうがよい食品
    海藻類(わかめ、ひじき)、細かい種のある果実(キウイ、トマト、イチゴ)、野菜類全般、きのこ、こんにゃく(しらたき)、柑橘類、リンゴ、梨、ピーナッツ、ごま、玄米、雑穀。

    ○消化が良く、食べても良い食品
    白米、うどん、そうめん、食パン、肉、魚、卵、豆腐、じゃがいも、里芋、山芋など

    まず前日の就寝前(21時~22時頃)に「ピコスルファートナトリウム」1本をコップ1杯の水(約200ml)に水で薄めて飲む。
    大腸内視鏡検査をしました
    その後、コップ2杯の水を飲む。

    翌日に使うマグコロールPを用意。
    大腸内視鏡検査をしました

    大きな容器に下剤の粉が入っています。
    これに水を500ml入れてよく振ります。
    その後、1,800mlまで水を入れます。

    説明書には水道水でもOKとありますが、東京の水道水は不味いので、ペットボトルのミネラルウォーターを入れて、前日から冷蔵庫で冷やしておきます。

    看護師さんからは「夜中から朝にかけてトイレに行きたくなるかもしれません」と言われていましたが、朝まで何も起こることなく眠りました。

    翌朝、8時からマグコロールPを服用します。
    8:00 300ml + ガスコン錠 2錠
    8:10 300ml
    8:20 300ml
    8:30 300ml
    8:40 300ml
    8:50 300ml
    マグコロールPは案外マズくなくって、ポカリスエットやアクエリアス系の味がします。
    冷たく冷やしておいたので、割と飲みやすく、何とか定刻通り飲み終えました。

    さぁ、ここから素晴らしい下剤の効果が期待できるのか!?と思っていましたが、特にお腹が痛くなることもありません。
    もちろん5~6回トイレは行きましたが、ウンチというよりはすぐに水に近いお通じがあるだけ。
    全然痛くもなんとも無いです

    だいぶ出しきったので、クリニックに行く準備をします。

    クリニックについたら、さっそく着替えです。
    ケツのところに大きな穴があいた使い捨てのパンツとシャツに着替えます。

    そして、ベッドに寝て、点滴を30分ほどします。
    この時の点滴はただの水分的なもののようです。
    なかなか点滴の針がうまく入らず、ちょっと苦労しました。

    点滴している間はスマホを見ていました。

    しばらくすると、処置室みたいなところに案内されます。
    看護師さんが4人ぐらいいて、これは恥ずかしいな!と思っていたけど、かなり事務的。

    「ちょっと横向いて寝てくださいねー」と言われますが、まだ鎮痛剤は入ってません。
    点滴していた時のようにスマホでも見てようかなと思ったら「携帯電話はあっちに持って行きますね」と取り上げられました。(笑)

    そうして、先生がやってきて「さ、頑張りましょう」と言われて、点滴に加えて鎮痛剤を流し込まれます。
    この鎮痛剤って、軽い麻酔みたいなものなのかわかりませんが、人によってはかなりフラっとくるそうです。
    ボクはまったく変化なしでした。

    看護師さんとかにお尻の穴が丸見えになるのかなぁ?と思っていましたが、あんまりそんなことは無かったです。

    で、先生がなにかお尻のあたりでモゾモゾしてるなーと思ったら、いつのまにか内視鏡がインしてました。
    そして、腸のなかへミクロの決死圏のごとく内視鏡が入っていくわけですが、不快感もなにもありません。
    あっという間に「終わりましたよー」と。

    あら?もう終わり?
    下剤を飲むところから検査に至るまで、まるで痛みもなにも無かったのでちょっと拍子抜けしました。

    唯一痛かったのは、点滴の針かなぁ。
    (検査後3日経っても内出血みたいになってます)

    30分ぐらい鎮痛剤が抜けるのを待ちます。
    あまりふらつき感はしませんが、スマホを見るとちょっと目のピントが合いづらいですね。
    やっぱり薬が効いているようです。

    しばらくして、検査室に行って先生から説明を受けます。

    ※グロ注意。クリックしないほうがいいです。
    大腸内視鏡検査をしました

    結果は、
    ・とても綺麗な腸なので問題なし
    ・ポリープもなし
    ・あと5年ぐらいは検査しなくてもいいぐらい
    と太鼓判でした。

    せっかくクリニックに行ったので「にんにく注射プラス」(1,500円)も打ってもらいました。
    このにんにく注射って「ビタミンB1、B6、B12を含むマルチビタミンにビタミンC」の注射です。
    注射を打ったあとに息がにんにくに似た匂いがするから「にんにく注射」と呼ぶらしいです。

    期待をした効果は…あまり感じませんでしたね。
    1,500円はこの手の注射の値段としてはお手頃プライスな気もしますが、効果が実感できないのなら打つ必要も無いかなっと。

    大腸内視鏡検査はあまり頻繁にするものではないと思いますが、やはり普段は目に見えない部分なので、数年に一度など見てもらったほうが安心できますね。

    滋養強壮といえば…養命酒ですが、最近ゴルゴ13の広告にも刺激されたので、ちょっと定期的に飲むようにしています。
    ボクは酒が弱いので、養命酒でも十分に酔っ払いますね。
    なんせ、アルコール度数は14度もありますからね。

    不思議なのは、Amazonで養命酒が
    1,000mlで2,161円
    なのに対し、
    700mlは1,236円
    と、700mlの小さなボトルのほうが全然割安なんですよね。

    飲み続けるとちょっと元気になったような気がします。

    と話が色々それた気がしますが、カラダには気をつけて健康第一でいきたいものですね。
    少し体重が気になるので、ランニングとコロコロローラーも頑張ろう。

    不思議と疲れが取れる魔法のたわし ~ 亀の子健康たわし

    東京の下町エリアの谷中・千駄木・根津を歩いていると見つけた「亀の子束子」の直営店。
    以前はこちらに寄った時は「亀の子スポンジ」を買いました。
    Blog記事 デザインにこだわった亀の子スポンジ

    亀の子スポンジはデザインも良くて清潔で良い製品ですが、正直なところ、実際の使い勝手としてはその辺に売っている普通のスポンジとそこまで差が無いというか、差を実感しにくい商品でもあります。

    亀の子スポンジ ~ Amazonで買ったイイモノ

    久しぶりに亀の子たわしの直営店に行って、何か面白い商品がないかなと見ていました。

    不思議と疲れが取れる魔法のたわし ~ 亀の子健康たわし
    不思議と疲れが取れる魔法のたわし ~ 亀の子健康たわし

    すると、あとから1人の女性が入ってきて、開口一番「カラダを洗うたわしはどれですか?」と聞いています。
    もう閉店間近で他にお客が居なかったので、店員さんは丁寧に「健康たわし」の説明を始めました。

    どうやらこの「健康たわし」は大人気の商品で、その日もかなりの数が売れたとのこと。

    不思議と疲れが取れる魔法のたわし ~ 亀の子健康たわし

    硬さは4種類。

    サトオさんシリーズ
    柔らかいサイザル麻の繊維だけを使用したシリーズ

    タムラさんシリーズ
    柔らかいサイザル麻の繊維と少し硬めの棕櫚繊維のコンビネーション

    ナリタくんシリーズ
    少し硬めの棕櫚繊維だけを使用したシリーズ

    ニシオくんシリーズ
    しっかりとしたかためのパーム(ヤシの実)繊維だけを使用したシリーズ

    一番人気はやや固めの「タムラさんシリーズ」とのことので直営店でも売り切れになっています。
    ただ、やはり初心者は一番柔らかい「サトオさんシリーズ」がオススメのとのこと。

    どうもカラダを洗うというよりはこすって使うようで、石鹸などはつけずに使います。
    正確には、普通通り石鹸やボディソープでカラダを洗って、最後の仕上げにこの「健康たわし」でカラダをこすると良いようです。

    ボクが買ったのは背中洗いに適したひも付きタイプ。
    健康たわしにお湯をかけてやると少し柔らかくなります。

    そして、腕や首筋、胸、背中、太もも、ふくらはぎ、をあまり力をいれずにユックリこすってみます。

    最初は少し痛みを感じましたが、優しくこすっても肌が少しだけ赤くなりますが、実際のところそこまで痛くはありません。

    そして、カラダの上から順にこすっていくと、だんだんと体全体が温かくなるのと同時にちょっとした高揚感が生まれます。
    なにかズシンと重かった肩や疲れがたまった足から不思議と疲れが取れています。

    疲れが取れているというか、疲れが感じなくなっています。

    こすった時間は各部位ごとでは、それぞれ10秒ぐらいです。

    これ、すごい不思議なんですが、ちょっとしかこすっていないのに、本当に疲れが感じなくなります。
    肩こりなども和らぎます。

    本当は湯船にお湯を張ってお風呂で使えばいいのでしょうけど、朝のシャワーで軽く使うだけでも、その後に外を歩くときには足の軽さに違いを感じます。

    コツは石鹸などをつけずに使うことでしょうか。
    多少石鹸やボディソープをつけるとすべりが良くなるとのことですが、個人的には石鹸などを使わずに多少抵抗があった状態で使うほうが合っているように思います。

    また、たわしに石鹸などをつけると洗うのが大変です。
    石鹸成分をたわしに残したままにするとカビが生える原因にもなります。

    たわしは結構長持ちするらしく、1年ぐらいは使えるそうです。
    お手入れは週に一度ぐらい太陽の下で干すこと。
    あとは、普通にバスルームに下げておけば、水が落ちてわりとすぐに乾燥します。

    年々カラダが重く、辛くなってくる…という人もいらっしゃると思いますが、これはなかなかカラダにとって良い商品です。
    一説には、乾布摩擦効果によって風邪なども引きにくくなるとか。

    いやー、これは騙されたと思ってでも、一度使ってみるもらいたいです。
    ボクとしては最近は手放せないモノのひとつになりそうです。

    亀の子たわしはハンドメイドのメイド・イン・トーキョーで、作る量もそんなに多くできないとか。
    なので、もしお店などで売っているのを見かけたら、値段もそこまで高い製品ではないので買ってみてお試ししてもらえばと思います。

    オススメです!(^^)

    ダイエットのお供にオムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-252F & 活動量計 ジョグスタイル HJA-312 ~ Amazonで買ったイイモノ

    ダイエットといえば体重計。
    それも体脂肪率も測れる高機能なヤツがいいですね。

    でも体重を測るのはいいけど管理や記録が面倒、という人は少なく無いでしょうね。

    そこでイチオシなのが、オムロンの体重体組成計 カラダスキャン HBF-252F

    自動電源ON対応なので、ただ乗るだけでOK。
    たったの4秒で、体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、体年齢、基礎代謝、BMIが測れます。

    そして、測ったあとデータはオムロンのWellnessLINKというクラウドのサービスに転送。

    やり方は、スマートフォンのアプリを立ち上げて、NFCで体脂肪計でタッチするだけで終わりです。
    自動的にグラフにしてくれます。

    また、Androidに限られますが、朝晩の体重差を測る「朝晩ダイエット」や女性の体の周期を考慮した「ゆるぴかダイエット」アプリも使えます。

    iPhoneを使っている人はこの機種では対応していないので、HBF-254Cが良いです。

    値段は少しあがってしまうのですが、こちら体重計だとNFCに加えて、Bluetoothでの通信もできるのでiPhoneにも対応しています。
    (iPhoneのNFCは使えません)

    あと、ダイエットするなら、ジョギングをする人も少なく無いですよね。
    そういう方には、活動量計 ジョグスタイル HJA-312も良いです。

    GPSなどがついた高機能なタイプではないですが、これを携帯するだけでジョギング時間、距離、消費カロリーなどを表示してくれます。
    また、減量目標体重を設定すると、1週間の活動カロリー消費目標を自動設定してくれるので、ジョギングが足りないとき週末に追い込むなどの目標設定をサポートしてくれます。
    賢いな。

    WellnessLINKは、体重計や歩数計、血圧計などこういう健康系の機器をWebと連携して調べたりできるので、結構便利です。

    ジョギングなどの運動しない人はもちろん、運動をあまりしない人も、こまめに体重や体脂肪などを記録しておくのは良いと思いますよ。
    オススメです。(^^)

    オムロン ねむり時間計 Sleep Design lite HSL-002C ~ Amazonで買ったイイモノ

    バタンキューと帰ってきて疲れてすぐに寝てしまう人がいるというのもよく聞きますが、なかなか眠りにつけなくて睡眠が浅い人も多いですよね。

    眠れないというのは非常に辛いもので、起きている時の状態や体調も左右しますからねえ。

    人間不思議なもので、眠ってはいけない時に寝てしまって、寝る時間になるとなかなか眠れないという。
    人生の1/3は睡眠とも言われていますし、あたりまえのことですが睡眠の質を上げることは大切ですね。

    そこでオムロンの「ねむり時間計 Sleep Design lite HSL-200C」の出番です。

    円盤形をした手のひらサイズの時計で、枕元に置いて寝ると睡眠時間や寝返りを測定。
    眠りが浅くていちばん目覚めやすい時間に起こしてくれます。

    スマートフォンにデータを転送して(AndroidはNFC、iPhoneはBluetooth)、専用アプリで管理することで、月間や週間の睡眠グラフも確認できます。

    OMRONのWellnessLINKというサービスは、体重計や歩数計、血圧計などこういう健康系の機器をWebと連携して調べたりできるので、結構便利です。

    といっても、スマートフォン単体で使う睡眠アプリも色々出ていて、それはそれで思ったよりも使えたりするんですよね。
    スマートフォンには加速度センサーや傾きセンサーが標準で入っていますから、やろうと思えばいろんな色んな機能を実現できますからね。

    では、こんな専用の睡眠時計は必要ないんじゃ…と思うかもしれませんが、こいつの一番のメリットは「ベッドにスマートフォンを持ち込まなくても良い」ということでしょうかね。

    寝室にスマートフォンを持ち込むのは、ブルーライトの問題もあれば、心理的にも良くないと言われていますからね。
    (スマートフォンを目覚ましアラームにしている人は多いと思いますが)

    使ってみた感想としては、目覚めやすいタイミングで起こす「スッキリアラーム」の機能が良いと思います。
    眠り時間計に入っているデータは14日分保存されるので、毎日スマートフォンと同期させなくても良いです。

    睡眠の質を高めたい人や不眠に悩んでいる人にはいい商品だと思います。

    オススメです。(^^)

    深い睡眠を得ることができるグッズ Vol.2 ネムリエール ~ Amazonで買ったイイモノ

    深い睡眠を得ることができるグッズ Vol.2 ネムリエール ~ Amazonで買ったイイモノ

    眠れないときって本当に困りますよね。
    ベッドの中でスマートフォンなどを見てブルーライトで目が冴えてしまうというのもありますが、暗闇の中で目をつぶっていてもなかなか寝付けないというのは、これは結構辛いものがあります。

    温かいミルクを飲んだら良い、足を冷やしたほうが良い、という入眠へのコツはいろいろとありますが、このネムリエールというタマゴは結構効きます。

    手のひらサイズの小さなタマゴ型のグッズで、鼓動のような振動と音で入眠を手伝ってくれます。

    中のタマゴ型の振動機は1種類ですが、カバーには結構種類があって、成人男性でも使いやすい球タイプや女性向けのぬいぐるみタイプもあります。
    (全10種類)

    まず本体に電池を入れてぬいぐるみなどのカバーの中にセットします。
    あとは、寝るときにスイッチを入れて、手に軽く握ったり心臓の近くに置くだけ。

    「トク、トク……トク、トク」という心地良い鼓動を感じて、いつのまにかあっという間に眠りについています。
    (まあ、人によって効果や感じ方は違うでしょうが)

    人の鼓動のような優しい振動がプログラミングされていて、約20分間振動します。
    気のせいか、目覚めも良かった気がします。

    医療用具ではありませんが、日本睡眠学会の認定医師との共同開発とのことですよ。

    定価は3,500円ぐらいですが、いまは安売りされているので600円ぐらいから買うことができます。

    バタンキューとしか眠らない人以外は、一度試してみても良いと思います。
    オススメです。(^^)

    深い睡眠を得ることができるグッズ Vol.1 アイリスオーヤマ センサーLEDライト ~ Amazonで買ったイイモノ

    夜寝るときは、できれば真っ暗なところで寝るほうが睡眠の質が良くなり、深い睡眠を得ることができるそうです。

    とはいえ、常夜灯を消してしまうと起きた時に真っ暗で危ないですし、日常的に普段からアイマスクなどは使うのはイヤですよね。

    ということで、行き着いたのが、アイリスオーヤマのセンサーライト「乾電池式屋内センサーライト スタンドタイプ BSL40SL-W」です。
    電球色・昼白色から選べ、本体カラーはホワイト、ベージュ、ダークブラウンの3色から選べます。

    深い睡眠を得ることができるグッズ Vol.1 アイリスオーヤマ センサーLEDライト ~ Amazonで買ったイイモノ

    寝室で使うので、やはりできるだけ優しい光が好ましいと判断して、電球色のホワイトボディを選択しました。

    単3電池を3本使いますが最大2年の長寿命(Lo設定時)ですし、エネループなどを使えば電池代は気にしなくても良いレベルですね。

    センサーの感度と精度が良く、絶妙な反応で人が動いた時だけちゃんと点灯します。

    とはいえ、寝返りをうったり、少し腕を動かしたりしたときに点灯するのは嫌ですので、本体の側面についている人感センサーをやや壁側に向けてやると、なかなか良いコントロールができます。

    そのため、夜中にベッドから起き上がった時だけ、優しい光が点く感じです。
    電池で動きますから、万一の停電や地震などの災害のときにも、初期の光が確保できて安全ですね。

    もちろん光センサーもついているので、明るい時には点灯せずに、暗くなって、かつ動きを感知したときのみ点灯します。

    1,300円程度とお求めやすいですし、ぜひこれを使ってより良い睡眠環境を手に入れてください。
    オススメです。(^^)

    プラークコントロールができる電動歯ブラシ ~ Amazonで買ったイイモノ

    3ヶ月ぶりに歯科医院に行ってきました。
    今回は定期健診でしたが、治療すべき虫歯はありませんでした。(^^)

    以前は結構虫歯が多かったのですが、完治してからは改心し、今はほぼ完璧なプラークコントロールができています。
    美味しいものを美味しく食べるためにも、虫歯や歯周病があってはいけませんからねぇ。

    電動歯ブラシは中学生の頃から使っていましたが、いつからか普通の歯ブラシに戻りました。
    そして虫歯になりました。

    いや、普通の歯ブラシでもちゃんと磨けばプラークコントロールもできると思うのですが、ボクはちょっと無理でしたねぇ。
    磨き方が下手なんでしょうね。

    使い始めたのは、結構有名なブラウンのオーラルB の電動歯ブラシプラックコントロール DB4510NEです。

    これは乾電池で動く1,000円ちょっとのかなり廉価バージョンなのですが、実はヘッドの替えブラシの部分は15,000円~20,000円する最上位のプレミアムモデルと同じなのですね。

    で、初めて使ったら、かなり歯がツルツルするのに驚きました。
    特に、歯の裏側の歯石が付きやすい部分が相当綺麗になります。

    ブラウン オーラルBは替えブラシにも種類があって「歯間ブラシ付き」「ホワイトニング用」などもあります。
    廉価版のエントリーモデルでもこれらの替えブラシが使えるのはいいですね。

    しかし、このエントリーモデルと上位モデルはヘッドの動きが違います。

    エントリーモデルは1分間に約9,000回転の左右回転するだけです。
    上位モデルは、1分間に約40,000回の超高速上下運動で歯垢をたたいて浮かし、1分間に約8,800回の左右回転で浮いた歯垢をかき出します。

    ただ、最上位のブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラチナブラック7000 D365356XはBluetoothでスマートフォンと接続できるなど、あまり普段から使わない機能などが充実していますので、最上位モデルと同じ基本性能の安価なモデルがいいかなと思います。

    となると、ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プロフェッショナルケア 1000 1モードタイプ ブラック D205131Xがいいですね。

    これだと6,000円ぐらいで買えます。

    プロフェッショナルケア 1000は最上位のプレミアムモデルと同じモーターとバッテリー(ニッケル水素充電池)を使っているようです。
    なので、磨き心地は基本的に同じです。

    まあ、プラチナ・ブラック7000は舌を磨くモードなどもあるので、欲しい人にはいいかもしれないですね。

    そうそう、オーラルBは歯全体を2分で磨ける、ということなのですが、個人的には5分ぐらいかけて磨いたほうが綺麗になると思います。

    オーラルBはどのモデルも良いとは思いますが、とりあえず電動歯ブラシをという方はエントリーモデルを、これから使い始めようという方は、プロフェッショナルケア 1000ぐらいがよいかなと。

    ちなみに、エントリーモデルのプラックコントロオールとプロフェッショナルケア1000の磨いた感じの違いは、プロフェッショナルケア1000のほうがモーターのトルク感が強いです。
    上下運動もあるので、やはりこちらのほうが綺麗に磨けると思います。

    エントリーモデルは乾電池(エネループなどの充電池も可)で動くので、旅や職場など持ち運びにも便利なのも特色なんですけどね。

    あと歯医者さんから言われたことは
    「歯磨きよりもフロスのほうが大事なぐらい!フロスを疎かにするのは先進国では日本ぐらいですよ」と。

    フロスというのは、糸ようじですね。

    このデンタルフロスは、Yの字になっていて使いやすいのと、使い捨てではないのが良いです。
    切れるまで洗って繰り返し使えます。

    いずれにせよ、オーラルBはオススメです。
    よい口内環境を!(^^)

    美人の湯が作れる入浴剤 ~ Amazonで買ったイイモノ

    美人の湯が作れる入浴剤 ~ Amazonで買ったイイモノ

    美人の湯と呼ばれるアルカリ性の温泉。
    このアルカリ性の温泉のような湯ざわりが楽しめる入浴剤が、アース製薬から発売されている「温素」シリーズ。
    「温素」という名前はあまり聞き慣れないですが、「バスロマン」なら聞いたことありますよね。
    これはバスロマンのラインナップのひとつのようです。

    まろやかな湯ざわりの温浴効果でお肌を柔らかくし、なめらかにして、お肌にヌルヌル感を与えます。
    「温素」はこの湯質を化学し、本格感のある湯ざわりを目指したそうで、pH9.6を実現したアルカリ性の本格入浴剤です。

    「温素」には箱に入ったタイプとボトルタイプがあるのだけど、箱のタイプは中国産でボトルタイプは日本産です。
    であれば、ボトルタイプのほうが良いかなと思ったのですが、pHの表示がありません。

    箱のタイプには大きくpH9.6と書いてあるのに、ボトルタイプはホームページにもニュースリリースにも一切記載がありません。
    箱タイプは無色なんですが、ボトルタイプは去年出たばかりで香りや色がついていて「アルカリ湯質はそのまま」と書いてあります。

    ボクの独自調査によると、ボトルタイプは、水道水200Lに40gの入浴剤を利用して「9.2pH」を実現するそうです。
    箱タイプよりはやや弱いですが、十分にアルカリの湯になるようですね。

    pHというのは皆さんご存じだとは思いますが水素イオン濃度指数、物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す物理量ですよね。
    pH値が小さいほど酸性(最小0)で、中央値の7前後が中性、値が大きくなるほどアルカリ性(最大14)になりますね。

    強酸性 pH2未満
    酸性  pH 2以上3未満
    弱酸性 pH 3以上6未満
    中性  pH 6以上7.5未満
    弱アルカリ性 pH7.5以上8.5未満
    アルカリ性  pH 8.5以上
    強アルカリ性 pH 10以上

    例としては
    胃液  pH 1.5~2
    レモン pH 2.5付近
    皮膚  pH 4.5~6
    水道水 pH 6.5
    汗   pH 7~8
    血液  pH 7.4付近
    海水  pH 8~8.5
    石けん pH 7~10
    のようになるようです。

    温泉では、pH値が高いほど肌の角質を取る働きが強く、弱アルカリ性程度が適度な刺激で美肌効果が高いといわれています。

    ちなみに、以前に栃木県にある那須塩原温泉に行ったのですが、ここはアルカリ性温泉でかなりお肌も床もツルツルしてるなぁと思いました。
    しかし、この温泉でさえpHは8.9でした。

    となると、pH値が9.1~9.6程度の「温素」は相当本格的な美人の湯といえそうですね。

    参考までに、東京都心部の新宿や銀座、上野あたりの水道水の平均pHは、7.4~7.6pH程度です。
    水道法第4条の規定に基いた「水質基準に関する省令」で規定する水道水の水質基準のpH値は5.8以上8.6以下です。

    まあ、難しいことはよくわかりませんが、「温素」はお肌もツルツルになって、普通の入浴剤よりもこだわった感じであることがわかりました。
    お値段はやや高めですが、温泉に行くことを考えると相当お値打ちです。

    温泉好きなら一度は試してみる価値はありますよ。(^^)