「Movie」カテゴリーアーカイブ

日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

最高の映画は、最高のシアターで観たいもの。
最高の映画体験ができるシアターのひとつに「IMAX」(アイマックス)という高画質・高音質を追求したシステムがあります。

また「DOLBY」(ドルビー)というキーワードも、映画好きなら誰もが一度は聞いたことがありますよね?

ここではIMAX(アイマックス)とDOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)について調べてみました。
また日本全国にある対応シアターについても紹介してみようと思います。
※専門的にではなく、なるべく誰にでもわかりやすい表現と記載にしています。

続きを読む 日本全国版 IMAX & DOLBY ATMOS シアター情報

【IMAX&DOLBY ATMOS】スター・ウォーズ/フォースの覚醒は、どの映画館で観るのがいいか調べてみた

【IMAX&DOLBY ATMOS】スター・ウォーズ/フォースの覚醒は、どの映画館で観るのがいいか調べてみた

※2016年7月11日更新
最新のIMAXとDOLBY ATMOS映画館情報はこちらに移動しました。

スター・ウォーズ シリーズ 第7作目となる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(Star Wars/The Force Awakens)が2015年12月18日、18時30分に全国一斉公開されました。
ずっと前から楽しみにしていた人も多いでしょうね。

【IMAX&DOLBY ATMOS】スター・ウォーズ/フォースの覚醒はどの映画館で観るのがいいか調べてみた
(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

最高の映画は、できれば最高のシアターで観たいもの。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の一部はIMAXカメラで撮影されているので、ほとんどのシアターでは映像を上下カットして上映されます。

IMAXカメラとは
カナダのIMAX社が開発したカメラで、今回のスター・ウォーズの一部のシーン(10~20分程度?)には、IMAXの70mmフィルムで撮影されたものがあります。
70mmフィルムは35mmフィルムの10倍以上の解像度になるとのことで、上映時には8K相当の高画質になります。

しかしながら、その70mmの高画質な映像はすべての映画館で楽しめるわけではありません。

【IMAX&DOLBY ATMOS】スター・ウォーズ/フォースの覚醒は、どの映画館で観るのがいいか調べてみた

続きを読む 【IMAX&DOLBY ATMOS】スター・ウォーズ/フォースの覚醒は、どの映画館で観るのがいいか調べてみた

終わりよければ全てよし

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」で、「ランド・カルリシアン」が「ハン・ソロ」から「ミレニアム・ファルコン」という宇宙船を借りるときに、「傷ひとつなくソロにファルコン号を返す」と約束したのに、デス・スター突入の際に狭いダクトの壁にぶつけてレーダーをぶっ壊した。

だけど、ハン・ソロは何もお咎めしなかった。(はず)
帝国軍をやっつけてしまえば、そんな小さなことはどうでもいいのだ。(多分)
終わりよければ全てよしってことなのだ。

スター・ウォーズ展に行ってきました

スター・ウォーズ展に行ってきました
スター・ウォーズ展に行ってきました
スター・ウォーズ展に行ってきました
スター・ウォーズ展に行ってきました
スター・ウォーズ展に行ってきました

もっとも好きな映画のひとつであるSTAR WARS。

六本木ヒルズでやっているスター・ウォーズ展に行ってきました。

事前の下調べを疎かにしていたのですが、普通のスター・ウォーズの展示物があるのではなくて、「ジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストに依頼し、「スター・ウォーズ」からインスピレーションを得て、彼らそれぞれの独自の解釈で描いた「スター・ウォーズ」のアート作品を一堂に展示しながら、「スター・ウォーズ」の魅力を「ビジョン」というテーマで紹介する企画展」でした。

場内はカメラ禁止で写真は撮れなかったのですが、結構美術展チックなアート作品がいっぱいありましたよ。
もちろん、実物大のR2-D2やC-3POもいました。

入場の際の注意書きに「ライトセーバー持ち込み禁止」とあるのが茶目っ気があって面白いです。

六本木ヒルズの屋上スカイデッキでベイダーと写真が撮れたりするのもいいですね。
(撮るために2時間近く並びそうだったので辞めましたが…)
ちょっと雰囲気はEP5の帝国の逆襲っぽかったですよ。

全体的に結構新鮮で楽しめました。
今年の冬公開のエピソード7も楽しみです。(^^)

96時間&96時間/リベンジを観ましたよっと

(注)この感想は、犯罪や殺人を推奨・助長するものではありません。
(注)ネタバレが含まれる可能性があります。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスクワイ=ガン・ジン役だった、リーアム・ニーソンが主役です。
パッと見は冴えないダメオヤジですが、元CIAの凄腕の父親。

あのカッコ良かったクワイ=ガン・ジンがずいぶんオッサンの役……。
とはいえ、もう60歳になられたのですね。

ストーリーは誘拐されてから96時間以内に娘を助けないと二度と再開できないという設定で、それで父親が助けに行くというありきたりなものですが、CGを使っていないアクションと、愛する娘を取り戻す、敵への「憎しみ」と「思い切り」が凄い!

ネットとか口の悪い人はたまに「ぶっ殺すぞ!」とか使いますが、このオヤジはかなり激しく「ぶっ殺して」います。

拷問のシーンでも笑ってしまうぐらいに容赦しないし、
敵が「あんたには恨みはない。ビジネスなんだ!」っていうと、
「こっちは100%私念だ!」と、そこまで撃たなくてもいいんじゃないの!?
っていうぐらいに皆殺しにしてしまいます。

まあ、悪いヤツはやられて当然ですが……ね。

で、96時間/リベンジは、殺された悪者一家のボス(父親)が復讐にきます。

一度は主人公と元奥さんは捕らえられてしまいますが、これまた、うまく逃げ出して、ぶっ殺します。

最後にボスは見逃してやるものの、やはり結末は……。

ちなみに、リベンジのほうは96時間という時間はあまり本編とは関係無いようですね。

リベンジには「もうひとつのエンディング」があって、こっちも良い感じです。

まあ、この2本の映画を観て感じたのは、
「これくらい愛することができる者がいたら幸せだなぁ」
というのと
「怒るならここまで本気にしたほうがいいなぁ」
ということ。

もっとも、殺人はダメ絶対ですけどね。
言わずもがな。

ちなみに、この映画はR15+指定ぐらいにしておいたほうがいいと思いました。(^_^;)
特に1作目は面白かったですね。

Something interesting movie.

Director, be advised.
Mr. Director, you have a very serious problem.
I want to know who I’m talking to.
You’ve probably got no fucking idea what I’m talking about.
The situation is unacceptable.
We are dealing with one smart son of a bitch.
An act of God.
Don’t argue.
I want a net put on this son of a bitch, you hear me?
Holy shit.
Wait a minute, wait a minute.
What do you say we cut the chitchat, a-hole?
I got a bad feeling about this.
Don’t tempt me.
What the fack is going on?
We’re not gutless, we’re incompetent. That right?
I don’t think I like your tone.

Huluを試してみた

Hulu

知っている人は知っている、知らない人は知らないHulu。
簡単にいうと、ネットを使って月々980円の定額で映画や海外ドラマが見放題の便利なサービス。

いつでも好きな映画が見られて、借りに行く手間も返しに行く必要も延滞料も無い。
こちらのページを見てもらうとわかるが、Huluの特徴のひとつが、いろんなデバイスで見ることができること。
夜パソコンで映画をみて、途中からは外出先のiPhoneなどで見るなどもできる。
ちなみにボクはPlayStation3のみでHuluを見ている。

まずソフトのラインナップだが、TSUTAYAやGEOなどのレンタルDVDのように最新の映画はほとんど無い。
今だったら「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」などはまず無いね。
ただ、他のオンデマンドサービスよりは、まともな映画が揃っているような気はする。

次に画質。
うちのネットはそんなに速くなく、Wi-Fi接続ということもあって3MbpsがMAX Speedだ。
まぁ普段の仕事などは3Mbpsもあれば必要十分だと思っている。

Huluは画質を通信速度に合わせて自動変更してくれるらしいが、3Mbpsでも720pのハイビジョン(最高画質)に設定しても何とか見ることができる。
Huluはダウンロード型ではなくストリーミング配信なので、20分に一度ぐらいちょっと遅延してカクつく程度。
画質自体は、ハイビジョンとはいえ720pなので、1080pフルハイビジョンのBlu-rayの画質には及ばない。
DVDよりは幾分マシかという感じ。
ただ、字幕はDVDのようにカクカクでなくBlu-rayのように滑らかなので全体的な印象として、まあ綺麗には見える。
全体的な画質の印象は、ちょうどBlu-rayとDVDの中間ぐらいだろうか。

惜しいのが音質。
なんと、このご時世に2chステレオ音声しか対応していないのだ。
せめて5.1ch Dolby DigitalまたはDTSに対応して欲しかった。
(PS3からAVアンプにはDolby Digitalで出力されていると表示されているが。。。??)

さて、いまはまだ2週間の無料お試し期間なのだけど、恐らく解約することにすると思う。
借りに行くのは面倒だけど、ゲオだとBlu-rayの旧作1週間100円だからねー。

ソフトのラインナップはさておき、せめて画質と音質がBlu-ray並だったら使い続けたいんだけどね。

まあ、シーズン8ぐらいある海外ドラマを見るのならHuluもいいかもしれないね。
ちょっと続けるかどうかは保留します。