「Coca-Cola」カテゴリーアーカイブ

コーラの砂糖の量、トクホと機能性表示食品の違いなどを調べてみた

最近トクホなどの健康志向のお茶やソフトドリンクが各社から発売されていますが、2017年3月にはコカ・コーラからもトクホに対応した「コカ・コーラ プラス」が発売されましたね。

「コカ・コーラ プラス」は、日本市場に向けた新製品で、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする関与成分(特定の保健の目的に資する栄養成分)の難消化性デキストリン(食物繊維)を配合した特定保健用食品だそうです。

「コカ・コーラ プラス」を食事と一緒に飲むことで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、飲食後の血中中性脂肪の上昇を約7%ほど抑制するそうです。

現代の日本の飲料の売上では、ペットボトルのお茶などの売上も多いそうで、世界のコカ・コーラ販売数から比較すると日本のコカ・コーラの販売比率が低いそうです。
コーラは、砂糖が多いとか、カロリーが高いとか、歯が解けるとか、いろいろ言われていますし、こういうトクホのコーラのような健康志向コーラも発売されるのもやむなしなご時世なんでしょうね。

普通のコーラとダイエット系コーラ、そしてトクホ系コーラの比較をすると以下のようになります。

プロダクト コカ・コーラ
コカ・コーラZERO
コカ・コーラ ゼロカフェイン
コカ・コーラ プラス
エネルギー 45Kcal 0Kcal 0Kcal 0Kcal
砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 11.3g 0g 0g 0g
タンパク質 0g 0g 0g 0g
脂質 0g 0g 0g 0g
炭水化物 11.3g 0g 0g 5.2g
糖質       0g
食物繊維       5.2g
糖類   0g 0g 0g
食塩相当量 0g 0.01g 0.01g 0.08g
難消化性デキストリン       5g
カフェイン     0mg 45mg
エネルギー 500ml 225Kcal 0Kcal 0Kcal 0Kcal
砂糖 500ml 56.5g 0g 0g 0g

コカ・コーラからだけでなく、ペプシからもトクホのコーラが出ていますね。

プロダクト ペプシコーラ
ペプシストロング5.0GV
ペプシ リフレッシュショット
ペプシスペシャル
エネルギー 48Kcal 46Kcal 57Kcal 0Kcal
砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 11.9g 11.5g 13.9g 0g
タンパク質 0g 0g 0g 0g
脂質 0g 0g 0g 0g
炭水化物 11.9g 11.5g 13.9g 0g
ナトリウム 0mg 3mg 3mg 13-46mg
糖質       0g
食物繊維       5.4g
糖類     0g 0g
食塩相当量 0g 0g 0.01g 0.08g
難消化性デキストリン       5g
カフェイン 10mg 19mg 19mg 25mg
カリウム 1mg 10mg 10mg 20mg
リン 20mg 20mg 20mg 90mg
エネルギー 500ml 240Kcal 230Kcal 285Kcal 0Kcal
砂糖 500ml 59.5g 57.5g 69.5g 0g

こうやって表にしてみると、各製品でちょっとずつチューニングされているのがわかります。
そして、やっぱり、普通のコーラのカロリーや砂糖の量が多いのもちょっと気になります。

ところで、2017年3月には、日本コカ・コーラから機能性表示食品「カナダ ドライ ジンジャーエール プラス」も発売されています。
これの面白いところが、トクホでは無く「機能性表示食品」というところ。

保健機能食品の特徴比較

保健機能食品の分類 表示の対象食品 国の審査 届出/承認 その他特徴
特定保健用食品(トクホ) 健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、表示が許可された食品
効果や安全性の審査が必須

消費者庁長官が許可
トクホだけが表示できるマークがある
栄養機能食品 ビタミン、ミネラルなど指定の栄養成分を基準量含む食品 × × 国が定めた表現で表示
機能性表示食品 生鮮食品を含む全ての食品(一部対象除外あり) ×
企業が科学的根拠を提出する届出制
企業の責任で機能性を表示

トクホと機能性表示食品の違いはこんな感じですが…トクホのコカ・コーラと機能性表示食品のジンジャエールを比べるとこんな感じ。

プロダクト コカ・コーラ プラス
カナダドライ ジンジャーエール プラス
ペプシスペシャル
エネルギー 0Kcal 0Kcal 0Kcal
砂糖 (炭水化物(糖質+食物繊維)) 0g 0g 0g
タンパク質 0g 0g 0g
脂質 0g 0g 0g
炭水化物 5.2g 5g 0g
ナトリウム     13-46mg
糖質 0g 0g 0g
食物繊維 5.2g 5g 5.4g
糖類 0g 0g 0g
食塩相当量 0.08g 0.05g 0.08g
難消化性デキストリン 5g 5g 5g
カフェイン 45mg   25mg
カリウム     20mg
リン     90mg
エネルギー 500ml 0Kcal 0Kcal 0Kcal
砂糖 500ml 0g 0g 0g

と、こうしてみると、成分表だけでみるとコカ・コーラ プラスとカナダドライ ジンジャーエール プラスの差がほとんど無いような気がします。
やっぱり申請などの「制度」の違いだけなような気がしますね。

日本医師会のサイトには「この3つの保健機能食品は「食品」に分類されるものであり、予防や治療を目的とした有効成分の効果と安全性が国に認められている「医薬品」や、育毛剤や入浴剤などの「医薬部外品」とは異なります。
機能性表示食品は、疾病の診断、治療、予防を目的にしたものではないことを留意してください。」と書いてあります。

日本コカ・コーラの「トクホ・機能性表示食品 飲料ガイド」も参考になりますね。

まあ、これらのトクホ、機能性表示食品に入っている「難消化性デキストリン」っていうのは、小麦が原料らしく、Amazonなどでは粉末でパックに入って売っています。

ボクもこの「難消化性デキストリン」を紅茶などに入れて飲んでみましたが、無味無臭で飲みにくくはありませんでした。
まあ、ちょっとお茶などに入れる習慣をつくるのが面倒ですが、値段もそう高くないので、自作トクホ飲料として、食物繊維を日常的に取るようにしたほうがダイエットのためにもいいかもしれませんね。

まとめると、
・コカ・コーラを飲むなら、まあトクホなどのほうが多少体にいいかもしれない
・とはいえ、トクホコーラや0カロリー製品に使われている人工甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)は体に悪いという話もある
・「難消化性デキストリン」の機能が欲しいなら、粉で買ったほうがいいような気がする
ということから、コーラを飲みたかったら、普通のコーラを少しだけ飲んで、あとはお茶に「難消化性デキストリン」の粉を溶かして飲む、こうしたほうが、コスト的にも健康的にもいいような気がしましたね。

ちょっとまとまりの無い文章になりましたが、まあトクホや機能性表示食品だからってあんまり期待しちゃいけず、健康を維持するためには、適切な食事と適度な運動、睡眠、休養が大事ですねっというところです。

それにしても、赤いコカ・コーラとピザとかって、相性抜群で旨いんだよなー。(´・ω・`)

コカ・コーラの味をアップさせる初めて?のグッズ ~ The COCA-COLA + RIEDEL

コカ・コーラの味をアップさせる初めて?のグッズ ~ The COCA-COLA + RIEDEL

ボクはコカ・コーラが好きだ。
コカ・コーラと合わない食事は寿司や純和食、カレーぐらいで、その他の概ねどんな料理でも一緒に食べても何も苦が無いぐらいの好物で、無類のコカ・コーラ好きなのは自他ともに認めるところだ。

昔は1日2リットルぐらいコカ・コーラを飲んでも気にしなかったのだが、さすがに最近は健康や体型のことなども考えて少し控えめにしている。
で、コカ・コーラ自身は好きだが、バッチや帽子などのグッズを集めるのはあまり好きではない。
コカ・コーラが好きな理由はその味が美味しいことと、いつでもどこでも同じ味を安心して飲めるというところだから、グッズにはあまり価値を見出さないのである。

しかしこの度、コカ・コーラの味がアップするという嘘のようなグッズが発売された。
RIEDEL(リーデル)という16世紀に創業したオーストリアのワイングラスメーカーとザ コカ・コーラカンパニーが共同開発したコカ・コーラ専用グラスである。
http://cocacola.riedel.co.jp/

幸いなことにこれを手に入れたので紹介したい。

このグラスでコカ・コーラが本当に美味しくなるかどうか?
結論から言うとイエス。

コカ・コーラの微妙に感じられるフレーバーがより強く感じられる。
炭酸の泡が細かくなり、喉越しも良い。
グラスが非常に薄く、グラスが唇に触れたときの感触が心地良い。

絶対的に味が良いというのは、半分はプラシーボだと思うけどそれでも良い。
1脚3,000円、2脚で4,000円というお値段だけど、良い。
良いものは良い、のだ。

これまで最高峰と思っていた瓶のコカ・コーラを上回る味を実現!?
cocacola_riedel20150103

まるで最高級のお酒のような味わいを実現!?
cocacola_riedel20150103

普通のコップだと泡が大きく間抜けな味です…
cocacola_riedel20150103

ただ、指紋や匂いがつきやすく、ちょっと手入れが大変でコンディションを保つのは少し面倒かもしれない。
なので、コカ・コーラとの相性が良いハンバーガーやピザを食べるときに使うのには向いていなく、少し落ち着いてコカ・コーラを味わって飲むときに使うのがいいかもしれない。

まあ、コカ・コーラ好きじゃないとあまり価値は見出せないと思うけど、コカ・コーラ好きなら持っていても損はしないグラスではあります。
オススメです。(^^)

Youtubeでみた実験を実際にやってみる Vol.3

よくYoutubeやテレビなどでやっている簡単な化学の実験みたいなものがあるけど、本当にできるのかどうか実証実験をやっていきます。
第3回目は「コカ・コーラとC.C.レモンを混ぜると?ファイナル」です。
第2回目は「コカ・コーラZEROとC.C.レモンを混ぜると?」と第1回目の「コカ・コーラとC.C.レモンを混ぜると?」は見事に失敗しました。

Youtubeでみた実験を実際にやってみる Vol.2

よくYoutubeやテレビなどでやっている簡単な化学の実験みたいなものがあるけど、本当にできるのかどうか実証実験をやっていきます。
第2回目は「コカ・コーラZEROとC.C.レモンを混ぜると?」です。
第1回目の「コカ・コーラとC.C.レモンを混ぜると?」は見事に失敗しました。

コーラ販売量比較

日刊経済通信社調査のコーラ飲料販売数(2010年版)

どちらのダイエット系コーラが美味しいかっていう広告が話題だけど、シェアはやっぱりコカ・コーラが54.7%で一番じゃないか。
(コカ・コーラ ゼロは22.7%、ペプシネックスは16%)

コーラ・グラフ

まあ、各人好きなのを飲めばいいよね。
個人的には、ダイエット系はアスパルテームとか入っていてカラダに悪そうなので却下。
個人的には、普通のコカ・コーラ一択です。

都市伝説 ~ 日本のコカ・コーラが戦争用の水に変わる!?

MRRキバヤシ

※これはフィクションかもしれないし、ノンフィクションかもしれない都市伝説です。

いまボクの大好きなコカ・コーラが日本の市場で次第に生産量を減らしていくそうです。
元々、お茶や缶コーヒーといったソフトドリンクが多い日本では、日本コカ・コーラ内のコーラ販売率は低くてアメリカからもっと売れと指示が来ていたそうですが、どうもコーラよりも「い・ろ・は・す」をもっと生産するようになるとのこと。

世界的にみても水不足が原因で戦争しているところもありますし、中東などでのアメリカ米軍の活動や戦闘には、綺麗で美味しい水は必要不可欠でしょう。
「い・ろ・は・す」には、みかん味やりんご味がありますが、これもアメリカ人が飲みやすくするようにしただとか。

うーん、確かに世界的には水は不足しているし、日本はまだ場所によっては水の生産量には余裕がありますからね。
ホントかどうかわからないけど、そう言われればそんな気もする。
まあ、GPSもデジタル携帯電話も全部軍事技術の応用ですし、あまり深く考えなくても良いかも。
ただ、コカ・コーラが無くなるのは困るなぁ。

信じるか信じないかは、あなた次第。(^^)/

コカ・コーラ指数

コカ・コーラ 190ml 瓶

世の中には、ビックマック指数やiPod指数など、モノの値段や各国の経済力や賃金水準を推計を測るための、仮想的な通貨レートがある。
また、コカ・コーラマップというのもあるらしい。

ここで言うコカ・コーラ指数というのは、各飲食店のソフトドリンクでのボッタクリ具合を測るものである。
コカ・コーラ 190ml 瓶は業務用スーパーや酒屋で85円(税抜)=約90円(税込)である。
つまり仕入れは1本90円。
ま、他の料理と違って冷蔵庫で冷やして氷を入れて出すだけなので単純原価を100円とし、コカ・コーラ指数としては「1コーク」と呼ぶ。
ちなみにボクは瓶のコカ・コーラの場合、ちゃんと冷えているのであれば氷・グラス無しでラッパ飲みをする。
コロナビールでラッパ飲みが推奨されているのであれば、コカ・コーラをラッパ飲みして下品と言われる筋合いは無い。

ただし、これはあくまでも、一番美味しいとされる190mlの瓶のコカ・コーラの話であって、ファミレスのドリンクバーやマクドナルドのような原液と炭酸水を混ぜたものとは比較できない。

良心的な飲食店だと、1~2コーク。
普通の喫茶店やレストランだと、だいたい3.5~4コークぐらい。
生意気なレストランや喫茶店だと5~7コーク。
クラブ(踊る方)だと5コークぐらい。
銀座のクラブだと30コークぐらいになるんですかね?
飲みに行かないからわからないけど。

てなわけで、今度から外食するときはちょっと注意して見てみます。

コカ・コーラ Coca-Cola

Coca Cola

コカ・コーラ Coca-Cola 日本コカ・コーラ 350ml 価格100円 (1991年当時の価格)

【 繁栄と自由の味に憧れた日本は、常にコカ・コーラとともに歩んできた 】
 1886年、自由の女神がマンハッタンに誕生した年に、ジョージア州アトランタで、薬剤師のジョン・S・ペンパートン博士によって生み出された「コカ・コーラ」のヒストリーは、たびたび語られる有名な物語だが、そのコカ・コーラが日本でも愛される物語はあまり知られていない。
 コカ・コーラが初めて日本に登場したのは意外と古く、大正時代には国内で販売されていた。詩人・高村光太郎は1914年(大正3年)の処女詩集の中で「コカコオラもう一杯」と歌い、芥川龍之介も手紙の一節にコカ・コーラを登場させている。しかし日本が第二次世界大戦へ向かうにつれ次第に姿を消していく。
 そのコカ・コーラは戦後進駐軍のアメリカ兵士と共に再び日本に上陸する。1946年からは北は札幌から南は小倉まで、全国6ヶ所にコカ・コーラの工場も建設された。しかし、これはあくまでも米軍に供給するためで、一般に販売されることはなかった。コカ・コーラの味の魅力に気づいた日本人も多く、国内での販売を求める動きもあったが、国内経済を立て直すための外貨獲得が目標であった時代に、大事な外貨を消費するコカ・コーラの原液輸入は許可されなかった。
 ようやく憧れのコカ・コーラが自由化されたのは日本が高度経済成長に突入した1961年(昭和36年)のことだった。

今井今朝春、「世界の傑作品」、モノ・マガジン、第10巻第20号(通巻200号)、1992年10月2日、57ページ

続きを読む コカ・コーラ Coca-Cola